大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

【業種名 地域名】でのSEO

【業種名 地域名】でSEO

【Web制作 大阪】などの【業種名 地域名】でのSEOを希望される方は非常に多いです。

しかし、この【業種名 地域名】でのSEOは本当に難しいものになっており、実際にお打ち合わせの際に希望されたとしても、必ず結果を出すことができると言うことはできないのです。

その理由は、ホームページを制作しただけでは、【業種名 地域名】でのSEOで成功することはできないものになっており、実は相当なWeb運営の努力を行っていただく必要があるのです。

【業種名 地域名】でのSEO

【業種名 地域名】のSEO

【業種名 地域名】でのSEOを希望される方は非常に多くいらっしゃいます。

実際に、Web制作の提案のためにお客さまとのお打ち合わせを行い、集客について確認をすると、多くの会社さまが【業種名 地域名】でのSEOを希望されます。

そしてこの【業種名 地域名】のSEOは、Web制作会社として必須になっていると考えられ、どのようにすれば【業種名 地域名】での上位表示が実現できるのかを明確にお客さまに説明する義務があると考えております。

そして弊社ではこの【業種名 地域名】でのSEOの仕方については、対策法は明確なのですが、しかし、その作業量は本当に多いため、【業種名 地域名】でのSEOは狙って検索順位を上げるよりも、Web運営を行っていれば自然と上がることの方が重要であると考えております。

では、どのようにして【業種名 地域名】でのSEOを行うかについてご紹介をいたします。

Web制作段階で地域名を

地域SEOで成功するWeb制作

まず【業種名 地域名】でのSEOを行うためには、地域名をどのように利用すれば、グーグルに重要であると伝えることができるのかを検討する必要があります。

例えば弊社のホームページでは、【Web制作 大阪】が重要になるのですが、大阪が大事だからと言って、本文に大阪を何度も利用することはほぼ不可能ではないかと思っております。

そのため、この地域名を利用できる箇所はかなり限定されており、Web制作前からどこに地域名を入れていけば自然な地域名の利用法になるのかを考えることが重要です。

この地域名を利用できる箇所については、例えばフッタなどに会社の住所を入れることや、会社案内に入れるなど、入れても不自然ではない箇所にしっかりと導入していくようにしましょう。

また、Web制作とはあまり関係がありませんが、グーグルマイビジネスへの登録作業なども地域名が重要であることをグーグルに伝える手段になっていますので、Web制作を行ったら必ずグーグルマイビジネスへの登録を行うようにしましょう。

この地域名は、基本的には都道府県名や市の名前を意味しており、区などの難易度の低い地域名のキーワードは該当しておらず、キーワードにもよりますが、区レベルであれば、しっかりとホームページ運営を行っていれば、意識をしていなくても自然と上げることが可能になります。

業種名に関する記事を公開

業種名でSEO

そして次に、弊社であれば【Web制作】などの業種名についてグーグルに重要であると認識してもらう必要があります。

この業種名については、基本的には弊社では、スタッフブログなどを制作して、業種名に関する記事を書いていただきます。

もちろん記事を書くときにはグーグルに良質なホームページであると認めてもらう必要があるので、必ず質を意識して原稿を書いていただくようにお願いをしております。

では、この質の高いページを何ページ作成すれば良いのかについてですが、御社が狙う【業種名 地域名】で検索したときに上位表示をされているホームページよりも多くというのが基本になっており、SEOにはさまざまなアルゴリズムが存在はしているのですが、もっとも重要なのは「SEOキーワードに対してもっとも詳しいホームページであること」になります。

そのため、ライバルよりも業種名で良質なページが多ければ多いほど、御社の検索順位は向上する可能性が高まり、ホームページを制作したら、しっかりと業種名に関連する記事を公開していただくようにお願いをしております。

最低限の被リンクは必要

最低限の被リンク

そして実はこの【業種名 地域名】のSEOでは、新規ページを作成するだけでも上がることはありますが、上がらなかった場合には、SEOのもう一つの指針になる「最も人気のあるホームページ」とするために被リンクを獲得していただきます。

この被リンクは、基本的にはなんでもいいから被リンクを集めるのではなく、被リンクの基礎知識をしっかりと理解したうえで対策を行うことが重要になっており、正しい被リンクを行って初めて被リンク効果を得ることができ、検索順位を高めることが可能になるのです。

そしてこの被リンク対策は、最低限の被リンクを行うことが重要になっており、基本的なSEOは、新規ページ作成が中心になり、検索順位を見ながら被リンク対策を行うことが重要になります。

なぜ最低限の被リンク数にするかと言うと、弊社が実際にSEO調査を行うと、確かに被リンク数で上がっているホームページも多いのですが、それらのホームページの検索順位は非常に不安定なものになっております。

そのため、あくまで弊社の意見ですが、「被リンクとは新規ページ作成よりも検索順位を上げる要素としては効果的になりますが、ページ数が少ないと検索順位が安定しない」と思っており、企業サイトとしては、安定して検索からの訪問者を集め続けることが重要になるので、被リンクに頼らないためにも必ず最小限の被リンク数に抑えることが重要です。

そして被リンク対策を最小限行い、基本は新規ページ作成であると認識することで、御社のホームページは、検索順位が変動しない安定した検索からの訪問者を集客できるホームページとなるのです。

現在の被リンク対策は本当に難しくそして効果的になるので、しっかりとWeb制作段階から被リンクについて検討するようにしましょう。

これらを行ってもグーグル次第

グーグル次第

このようにSEOは基本的にはグーグルの言う「検索キーワードに対して最も詳しいホームページ」と「検索キーワードに対してもっとも人気のあるホームページ」を目指すことで成功いたしますが、しかしこの最も詳しいや最も人気があるという判断はグーグルが行うものになるので、調査を行った結果何ページあれば良いや、いくつの被リンクがあれば良いと算出していたとしても、最後の判断はグーグルになっております。

そのため、これらのページ数と被リンク数が目標値に達したとしても、実は検索順位が上がるかどうかはグーグル次第になっております。

ただし、このページ数を増やすことと被リンク数を増やすことは、非常に大切になっているので、仮に目標値に到達して上がらなかったとしても、しっかりと継続して作業を行うことで、どこかのタイミングでグーグルから高い評価を得ることが可能になり、少しずつSEO効果を高めることが可能になるのです。

SEOはあくまでグーグル次第になるので、Web制作段階での数値データはあくまで参考値として把握することが重要になるのです。

グーグルサーチコンソールから改善

グーグルサーチコンソールで改善

基本的には新規ページ作成と最小限の被リンク対策で順位を上げていくのですが、しかし実は現在のグーグルは、ホームページにあるすべてのページをインデックス(評価)してくれるものではないので、作成したページをリライトしたり、内部リンクと外部リンクを増やすことでインデックスページ数を増やしていく必要があります。

そしてこのインデックスしていないページは、グーグルサーチコンソールの「クロール済み-インデックス未登録」になっております

あくまで2021年7月21日の弊社の見解ですが、このグーグルサーチコンソールのインデックス未登録には、「検出-インデックス未登録」と「クロール済み-インデックス未登録」があり、「検出-インデックス未登録」については公開して間もないページなどがリストアップされることが多いので、基本的には時間が解決をしてくれます。

ただし、急いでインデックスして欲しい場合の対策としては、「内部リンクを行う」と「外部リンクを行う」、「グーグルにURLを送信する」の3つの対策があり、これらを行うことで、「検出-インデックス未登録」は改善されると思います。

そのため、基本的には、「クロール済み-インデックス未登録」の改善を行うことが重要になっていて、「クロール済み-インデックス未登録」のページをリライトしたり、内部リンクや外部リンクを行うことで、グーグルから該当のページが重要であると認識されるようになり、御社のSEO効果は飛躍的に高まるのです。

少しでもSEOで見込み顧客を集客するのであれば、Web制作後にしっかりとSEO効果を高めるために、グーグルサーチコンソールを導入するようにしましょう。

グーグルアナリティクスから改善

グーグルアナリティクスで改善

【業種名 地域名】でのSEOで検索順位を高めるには、Web制作後に導入したグーグルアナリティクスを使った改善はリスクがあるのですが、条件を満たせるようであれば、必ず行うようにしましょう。

このグーグルアナリティクスを使った改善は、SEOのと言うよりもユーザの足跡を見ながら問題ページを改善することで、SEOの成約率を高めるための対策になっております。

そのため、検索順位とは別のデータになっており、例えばグーグルアナリティクスを見て、検索結果ページからまったくユーザが訪れていないページを改善したとしても、仮にそのページが検索順位としては高い評価を得ていた場合に、改善したために検索順位での評価が下がると、御社の検索順位はさまざまなキーワードで下がってしまいます。

ただし、これらを改善することは、かなり重要になっており、どんなに検索順位が上がっていても、そのページ自体がユーザのためのページになっていなければ、お問い合わせなどの目標を達成することができないのです。

そのため、余力がある場合はできれば行った方が良い対策になっているのですが、その際の条件として「リライト前のページよりもリライト後のページの方がユーザにとって有益であること」と「文字数が減らないこと」、「画像枚数が減らないこと」、「URLを変更する場合は302リダイレクトを行うこと」という注意点があります。

これらを守っていれば、検索順位が落ちるという可能性はかなり低くなっており、逆に上がる可能性も高まるため、グーグルアナリティクスを使った改善を行う際には、上記4点は必ず守るようにしなくてはなりません。

SEO前に難易度を理解しよう

難易度を理解

上記が弊社が提案する【業種名 地域名】でのSEOになっております。

そしてこのSEO作業を行う際には、必ずそのキーワードの難易度を把握していくようにしましょう。

このSEOの難易度については、【業種名 地域名】で検索を行い、検索結果ページの表示件数の確認と、1位から10位のホームページがどれくらいSEOを行っているのかで算出するものになっており、単純に検索結果ページの表示件数が多ければ難易度が高いということはありません。

そのため、この2点をしっかりと確認して、そして大まかなSEOの難易度を理解することで、御社のSEOにかかる時間をおおよそ把握することが可能になり、スケジュールを立てたSEOが可能になるのです。

実際にこのスケジュールを立てたSEOを行うことは、SEOの成功のためには必ず必要になっているので、どのようなキーワードであったとしても【業種名 地域名】は難しいものになってくるため、しっかりとスケジュールを立てたSEOを行うようにしましょう。

そしてこのSEOスケジュールにおいては、Web制作段階で立てることが大切になっており、しっかりとSEOスケジュールを立てた計画的なWeb運営を行うことが重要なのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績