大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

HP制作・運営
2015/4/06

ホームページ運営で行うべきこと

ホームページから成果を出すためには、webサイトを定期的に更新・運営することが重要であると言われています。

しかし、HPの運営を間違った方法で行っても、まったく成果が向上することは無く、正しいウェブサイトの運営を行って初めて、期待通りの成果の出るwebサイトへと成長いたします。

今回は、webサイトの運営を行っているけれども、なかなか成果が出ないとお悩みの企業様向けに、成果が向上する正しいウェブサイトの運営法をご紹介いたします。

HP運営に必要なツールの導入

HPの運営は闇雲に行っても成果が出ることは無いため、必ず数値データを用いて運営していくことが重要です。

そのため、まずはホームページの現状を数値データとして知ることができるウェブサイト運営ツールをご紹介いたします。

グーグルウェブマスターツール

グーグルウェブマスターツールとは、グーグルが提供するウェブサイト運営者向けの支援ツールで、グーグルSEOに必要な数値データが提供されています。

グーグルウェブマスターツールを導入することで、webサイトの集客対策に必要な「検索での露出回数」やグーグルが認識しているページ数である「インデックスページ数」など、SEOにおいて非常に重要な数値データを得ることができます。

グーグルウェブマスターツールについて詳しく見る

ビングウェブマスターツール

ビングウェブマスターツールとは、検索エンジンのビングが提供するHP運営者向けのサポートツールで、ビングSEOに必要な数値データが提供されています。

しかし、ビングはグーグルやヤフーと比べ、検索ユーザ数が少ないため、まずはグーグルウェブマスターツールの数値データを生かした改善を優先させ、ある程度ウェブサイトが改善された段階で、ビングウェブマスターツールの数値データを確認するようにしましょう。

ビングウェブマスターツールについて詳しくはこちら

グーグルアナリティクス

グーグルアナリティクスとは、グーグルが提供するアクセス解析ツールで、ホームページの現状分析やウェブサイトが抱える問題点の発見を行うことが可能です。

ホームページ運営は、ウェブマスター様やwebサイト制作会社の勘や経験から行っても成果が出ることはなく、アクセス解析が示す数値データを基にして、webサイトの改善を行って初めて、期待通りの成果が出るようになります。

そのため、HPを制作したら、必ずグーグルアナリティクスを導入し、コンテンツを追加する場合や、ページの更新を行う際には、グーグルアナリティクスが示す数値データを見ながら行わなくてはなりません。

グーグルアナリティクスについて詳しく見る

集客力の向上

ウェブサイトを制作するだけで自然と多くの訪問者が訪れてくれるのではなく、HP運営の中で集客対策を実施して、初めて多くの見込み客が訪れてくれるようになります。

検索エンジン対策

検索エンジンから訪問者を集客する手法をSEOと言い、ホームページを公開したら必ずSEO対策を実施しなくてはなりません。

メインワードでの上位表示対策

HP全体で重要なキーワードでの上位表示対策を行います。

例えば、弊社のウェブサイトであれば、【ホームページ制作大阪】や【ホームページ作成大阪】がメインワードとなるのですが、これらの検索ワードの検索結果ページで上位に表示されるように対策を実施いたします。

但し、これらのキーワードについては、しっかりとwebサイト運営を行っていくことで、少しずつですが上位表示が実現されるため、あまり意識し過ぎず、定期的に順位を確認する程度で問題ありません。

ニッチワードでの集客対策

現在のSEOにおいて最も重要で効果的なのが、ニッチなキーワードでのSEOになります。

ウェブサイトは単にメインワードでの集客を考えるのではなく、多くのニッチな検索ワードで集客することが重要で、メインワードは非常に様々なニーズがあるのに対し、ニッチなキーワードはニーズが絞り込まれているため、非常にコンバージョンレート(お問い合わせ率)が高い傾向にあります。

そのため、1つ1つのキーワードの検索回数は少ないけれども、多くの検索ワードで集客できるホームページへと育てていくことで、webサイト全体のコンバージョンレートが飛躍的に向上し、御社の期待以上の成果の出るウェブサイトへと成長させることが可能です。

もちろん、このニッチな検索ワードでのSEOを継続して行うことで、自然とメインワードでの上位表示を実現することが可能です。

ニッチワードによるSEOについて詳しく見る

ソーシャルメディアからの集客

現在、SEOと並び重要な集客対策が、ソーシャルメディアからの集客です。

ソーシャルメディアからの集客対策を実施することで、検索エンジンだけでは集客できなかった見込み客の集客を実現することができるようになり、ホームページの訪問者数を飛躍的に向上させることが可能です。

その他の集客対策

その他、業界に関するポータルサイトへの登録や、無料ブログを活用することなども効果的な集客対策です。

ポータルサイト登録の注意点

ポータルサイトに登録する際には、必ずしっかりと運営されているポータルサイトに厳選しなくてはなりません。

闇雲にポータルサイトへの登録を行ってしまうと、検索エンジンペナルティーの対象になり、集客対策を実施しているつもりが、逆に検索からの訪問者が激減してしまいますので、登録するポータルサイトは、そのポータルサイトのリンクを辿り、本当に訪問者が訪れてくれるようなポータルサイトに限定して登録することが重要です。

無料ブログ活用の注意点

無料ブログを活用することで、検索エンジンやソーシャルメディア以外からの集客が可能です。

無料ブログで集客対策を実施する際には、被リンク目的のブログとしないことが重要で、無料ブログを被リンク目的で運営していると必ず検索エンジンペナルティーの対象となってしまうため、無料ブログに訪問者を集客し、そこから本体のウェブサイトへと訪問者を誘導する目的で作成するようにしましょう。

また、見込み客の集客が目的の場合であれば、無料ブログであっても必ずビジネスに関係する内容で更新しなくてはなりません。

新規コンテンツを作成

webサイトを作成し、集客対策だけを行っていても、期待通りに成果が向上することはなく、定期的に新規ページやコンテンツを作成し続けることが重要です。

新規コンテンツを作成することで、グーグルなどの検索エンジンが情報鮮度の高いウェブサイトであると認識してくれるようになりSEO効果の向上はもちろんですが、話題性のあるコンテンツを作成することで、非常に多くの見込み客を検索エンジンやソーシャルメディアから集客できるようになります。

ウェブサイトの問題点の改善

HPは、見込み客を集客することが目的ではなく、お問い合わせをして貰うことや商品を販売することが目的です。

そのため、HPのコンバージョンレートを高める対策を定期的に行わなくてはならず、ウェブサイトのどこが原因で成果が出ないのかを数値データを用いて検討しなくてはなりません。

数値データを用いてウェブサイトの改善を行うことで、成果を妨げている問題のページをピンポイントで改善することが可能となるため、勘や経験でウェブサイトの運営を行うのと比べ、ウェブサイトの成果は飛躍的に向上いたします。

ホームページ運営のまとめ

成果の出るHP運営を行うためには、数値データを用いながら、集客力の向上と成約率の改善を行い続けることが重要です。

集客力の向上と成約率の改善を目的としたホームページ運営を継続して行うことで、安定した見込み客の集客はもちろんですが、御社の期待以上の成果の出るHPへと成長させることが可能です。

ホームページ運営サービスはこちら
このページのトップへ