大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

検索順位が決定する仕組みと対策法

検索順位の決定法と対策法

検索順位が決定する仕組みは、ある程度はグーグルが公表しているのですが、しかしその仕組みに対しての対策法はそこまで多くの情報は公開されておりません。

その理由は、基本的にはグーグル自体も複数の部署で検索順位が決定するアルゴリズムを管理しているため、仕組みは分かっても、検索順位を上げる方法をすべて知っている方はいないと思われ、当然弊社も検索順位が決定する仕組みや対策法をすべて理解しているわけではありません。

ただ、実際にこれまでさまざまなWeb制作を行い、そのホームページに対してSEOを行ってきた結果、このように考え、このように対策を取ることが大切だと思われる方法がいくつかございますので、今回はあくまで弊社が考えるSEOになりますが、この検索順位が決定する仕組みと考え方、そして具体的な対策法をご紹介したいと思います。

検索順位が決定する仕組み

検索順が決定する方法

検索順位が決定する仕組みを理解することはWeb制作時のSEOにおいて非常に重要です。

検索順位がどのようにして決定されているかを知ることで、SEOについて書かれている記事の情報が本当に正しいかどうかを判断することが可能になります。

では、実際にどのようにして検索順位が決定しているのかをご紹介いたします。

クローラーがホームページを発見

Web制作や公開後に、ホームページに新規ページを作成しても、クローラーと呼ばれる検索エンジンの情報収集プログラムがそのページに訪れてくれなければ、そのページが検索結果ページに表示されることはありません。

このクローラーの集客においては、外部あるいは内部のリンクを辿ってその新規ページに訪れるか、グーグルサーチコンソールからURL検査の実施、あるいはXMLサイトマップやfeedなどにそのページのURLを記載されているかのどれかを行うことで、クローラーを集客することが可能になります。

そして上記は新規ページの場合であり、既存ページにおいては、基本的には1度クローラーが認識してくれたページは定期的に訪問してくれるようになるため、既存ページにおいては勝手にクローラーが訪問してくれるようになります。

ページの情報をデータベースに登録

そしてページの存在を知ったら、そのページのソースコードを検索エンジンのデータベースに格納してくれます。

この検索エンジンのデータベースへの格納は、1度の訪問ですべての情報をデータベースに格納してくれることはなく、リンクがあればそのリンクに飛び込んでしまうため、リンクまでの情報を格納してくれているのです。

そしてリンクがあればとは言いましたが、しかし実際にリンクが無い状態でも、途中でデータベースへの登録を辞めることもあるようなので、クローラーの訪問頻度を増やして、できる限り多くの情報を検索エンジンのデータベースに格納していく必要があります。

Web制作でSEOを考えるのであれば、このデータベースへの登録が非常に重要になっており、これらをしっかりと対策を立ててデータベースに格納していくことが本当にSEOに強いWeb制作の基本になるのです。

検索順位決定用のデータベースに一部を移行

そして検索エンジンのデータベースにページのソースコードが格納されると、実はそのデータベースで検索エンジンはランキングを決定しているのではなく、そのデーターベースに格納されたページの情報の一部を別のデーターベースに格納しており、そこで検索順位を決定しているそうです。

この考え方はWeb制作会社であっても、ご存知がない会社も多いのですが、具体的に、ページのどこを検索順位が決定するデータベースに格納しているかについては、ランダムになっているようで、例えば当ページであれば【検索順位 決定】が上位表示したいキーワードになるのですが、この【検索順位 決定】がまったく利用されていない箇所を検索順位が決定するデータベースに格納されてしまうと、当たり前ですが【検索順位 決定】で上位表示が行えなくなってしまいます。

そのため、そのページで上位表示を行いたいキーワードはバランス良く利用することが大切になっており、主に上部がよく見られているように思われますが、万が一ページの下部が検索順位が決定する要因になった場合に、一切重要なキーワードをページの下部に利用していなかったら、重要なキーワードの検索順位が上がることはないので、しっかりと全体で利用していくようにしましょう。

また、ページの文章を太字にするstrongタグは、この検索順位を決定するデータベースへの格納に大きな影響を与えており、strongタグ付近が検索順位を決定するデータベースに格納される可能性が高いという情報もあります。

検索順位が決定する

そして検索順位が決定するデータベースに入ることで、御社が作成したページの検索順位が決定いたします。

この検索順位が決定するアルゴリズムについては、基本的にはほぼ非公開になっており、200以上のアルゴリズムがあると言うことですので、Web制作や運営者さまが行える対策としては、多少のテクニックはございますが、そのテクニックよりも、ユーザーと検索エンジンに対して親切なホームページにすることだけであると思われます。

正しいSEOの考え方

SEOの考え

上記が検索順位が決定する仕組みになっております。

そして、これらの情報を仕入れた後、具体的に対策を行うと思いますが、対策前はもちろん、Web制作前に必ず理解しておきたいのが、正しいSEOの考え方になっております。

SEOは基本的にはユーザーのための対策を行うことが重要で、例えば新規ページの作成がSEOにおいて重要だという情報を仕入れた場合においても、闇雲に新規ページを作成しても実は効果が出ないことの方が多く、しっかりとユーザーのために原稿作成を行うことが重要になります。

そしてさらには、原稿作成において、スタッフブログであれば文字数が関係していると考える方が多いと思いますが、弊社のこれまでの経験では、文字数はあまり関係が無い場合が多く、文字数で関係させる場合には、10,000文字を超えるページを作成することが重要になっております。

そのため、弊社のSEOでは、基本的には文字数は考える必要ないと提案しており、実際に現在弊社ではスタッフブログの更新においては、文字数はほとんど気にしておらず、記事によっては1,000文字程度の記事も多くあり、逆に当記事のように10,000文字近い記事もございます。

このように基本的にはSEOを行う場合は、ホームページ全体がどれくらいユーザーのために制作できているかをチェックし、そしてホームページ全体をユーザーのために改定することで、自然と検索順位が高まるものになっており、基本的にはテクニックについては以下でご紹介する内容を頭に入れておけば、SEOテクニックばかりを考える必要はないと思われます。

SEOテクニック

SEOのテクニック

検索順位が決定する仕組みと正しいSEOの考え方を理解した上で、Web制作中や公開後に行うSEOテクニックをご紹介いたします。

新規ページの作成

新規ページを作成する際には、基本的にはそのページタイトルに対しての検索意図を満たすことが重要になっております。

ただし、ここで言う検索意図を満たすというのは、弊社では調査の実施などは不要ではないかと考えており、あくまでページタイトルに対して最も詳しいページであることが重要で、弊社のWeb制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスでは、タイトル自体は自由に作成しており、タイトルを決定するのにわざわざ検索されているキーワードを調査したり、ライバルが作成しているページのテーマを調査したりするなどは一切行っておりません。

弊社が考える検索意図とは、基本的には「そのページタイトルに対して詳しい情報であること」と、「御社しか知り得ない具体例を含んだ情報であること」、さらには「常識の範囲で検討した内容であること」が大切で、細かくキーワードを調査する必要はないと思います。

補足として、「御社しか知り得ない具体例を含んだ情報」というのは、基本的には一次情報の記載が大事だと多くのブログで書かれておりますが、しかし一時情報を記載できるのは基本的には中小企業では本当に難しいものになっております。

そして弊社では「御社しか知り得ない具体例を含んだ情報」と言うのは、例えば弊社であれば、弊社のホームページのグーグルアナリティクスやグーグルサーチコンソールのデータをページに張り付けることや、実際にお客さまのホームページを制作する際に気が付いた点などをしっかりと打ち出す程度で良いものになっております。

この一次情報と言うのは、他のホームページが真似ができないような情報であることが大切なポイントになっており、ページで公開する内容にしっかりと御社自身の経験を含めていくことで、本当にWeb制作後のSEO効果を高めることが可能です。

そして、「常識の範囲で検討した内容」についても補足でご説明しておくと、例えば【梅田 ラーメン】で検索した人を集客するページを作成する際には、「梅田のラーメン屋の情報」のページを作成することであり、「梅田でラーメン屋を開業する手順」ではないと言うことです。

おそらく「梅田でラーメン屋を開業する手順」を知りたい方は、別の検索方法を行うものになっていると思われるため、それぞれのページの集客キーワードを定めて、そしてなぜその人たちがそのキーワードで検索を行うのかを考え、その後そのキーワードを使ってタイトルを定め、最後に本文を他のホームページよりも詳しく役立つ情報で作成することで、本当に成果を出せるようになっております。

このように、なぜそのキーワードで検索を行うのかを考えることは必要で、弊社のSEOサービスの提供の範囲で言えば、この検討さえ行っていれば、検索意図の複雑な調査を実施する必要はないと思っております。

また、こちらはそこまで多くのデータを分析したわけではないのですが、この新規ページの作成はクロールバジェットと呼ばれるグーグルのクローラーが一回の訪問で巡回できるデータ量を増やす役割があると思われ、しっかりと新規ページの作成を継続することで、多少ですがクロールバジェットを増やすことが可能になっております。

リライト

Web制作後に作成したページのリライトは現在のSEOにおいてかなり重要になっております。

この作成したページのリライトは、基本的には2つのポイントがあり、1つ目がグーグルサーチコンソールに表示される「検出 - インデックス未登録」と「クロール済み - インデックス未登録」にリストアップされたページのリライト作業になっております。

これらのページは基本的にはインデックスされていない、すなわちグーグルのデータベースに登録されていないページになっているので、検索結果に表示されないページになっております。

そしてもう一点のリライトについては、基本的には最終更新日からどれくらい日にちが経過したかで、リライト作業を行うようにします。

実はこのリライト作業を行うことで、グーグルのクローラーの訪問頻度が高まる役割があり、このクローラーの訪問頻度を増やすことで、ホームぺージのSEO効果は飛躍的に高まるのです。

ただし、新規ページの作成と並行して行っていないと、クロールバジェットによる上限が発生してしまうため注意が必要になっております。

内部リンク

最近のSEO情報を調べていると、SEOで成功している方の多くが、「内部リンクはほとんどSEO効果がなく、内部リンクはSEOを考えるのではなく、本当にユーザーにとって便利な内部リンクだけを設置している」と発言されております。

しかし、弊社の考え方では、SEOで成功している方の内部リンクの設置こそSEOで効果を発揮していると考えており、基本的には闇雲に内部リンクを張るのではなく、しっかりとユーザーのために設置された内部リンクであればSEOに効果があると思われます。

そのため、弊社では基本的には弊社のWeb制作サービスでは、内部リンクの設置を推奨しており、もちろん闇雲に設置された内部リンクはSEO価値が0になるのですが、本当にユーザーのためになる内部リンクだけに限定していくことで、ホームページのSEO効果は向上すると思われます。

一点補足として、例えば弊社では【Web制作】というキーワードでトップページの上位表示を行いたいと考えておりますが、例えば当ブログでWeb制作というキーワードが出てくるたびに内部リンクを設置しても絶対に効果が出ることはありませんので、内部リンクを設置する際には、ユーザーのためになる内部リンクだけに限定していくことが重要になります。

被リンク

被リンクと言うと、被リンク先のページの検索順位が上がると思われている方は非常に多いと思います。

事実として、確かに被リンクを増やすことで、検索順位は向上するのですが、しかしこの被リンクによる検索順位の向上だけを考えていると、被リンクを増やしても検索順位が上がらなかったり、仮に上がったとしても、検索順位が安定しないというデメリットがあるのです。

そのため、被リンクはあくまでクローラーを集客するための手段であると考えることが重要で、自分で対策を行う際にはクローラーを集客するために同じテーマのページからの被リンクの方がテーマがはっきりと分かるため、被リンクの効果が最大化されたり、自然に被リンクを集める際には、質の高いページを作成して少しでも御社の業界について詳しいホームページすなわちクローラーが良く訪問しているホームページからの被リンクを獲得していく必要があります。

現在のSEOでは被リンクはあまり必要が無いと言われることが多くなっておりますが、しかしそれは被リンク対策の必要が無いだけであり、自然に集まる被リンクはまだまだ重要な要素になっているので、しっかりと自然に集まる被リンクを獲得するために質の高いページを作成するようにしなくてはなりません。

このクローラーの訪問とSEOは密接に関わっておりますので、しっかりとクローラーを集客ができる被リンクを獲得できるような質の高いページを作成することが重要です。

現在の被リンクはWeb制作後のSEOの中でもかなり難易度が高いものになっておりますが、しっかりと対策を行うことで御社のSEOは必ず成功するようになっております。

システムバージョンアップ

クローラーの統計情報

上記は弊社のグーグルサーチコンソールのクローラーの統計情報のページです。

9月4日に弊社のホームページは、PHPとワードプレスのバージョンアップを行ったのですが、9月5日以降弊社のホームページは少しずつクローラーの訪問頻度が増えており、2021年9月8日には150回クローラーが訪問してくれております。

そして、このクローラーの訪問頻度が増えたことにより、検索での露出回数は飛躍的ではないにしても着実に向上しており、当然検索からの訪問者数も向上しております。

そしてこのクローラーの訪問頻度の向上は、基本的には新規ページ作成やリライトの効果もあるとは思いますが、しかしもっとも大きかったのが2021年9月4日に行ったPHPとワードプレスのバージョンアップであると思われます。

この最新のPHPとワードプレスのバージョンアップは、後述するグーグルが提供するPageSpeed Insightsには影響がないのですが、しかし実際に最新のphpやワードプレスの方がクローラーは巡回しやすくなるので、このバージョンアップの効果により弊社はクローラーの訪問頻度を高めることができております。

ちなみにですが、7月15日から8月10日の向上においては、恐らくですが、ワードプレスのプラグインの一斉バージョンアップを行った影響によるものになっており、確かにこの期間も検索からの訪問者数が少し増えておりました。

現在のWeb制作の大半がワードプレスで制作されることが多いので、しっかりとワードプレスのバージョンアップをスケジュールに含めることが大切になっております。

表示速度

ページの表示速度は、実際にブラウザを利用してホームページを見て表示速度が速いか遅いかを判断するのではなく、PageSpeed Insightsの点数を高めることが大切です。

Web制作を行ってSEOを意識されている方の多くがご存知だと思いますが、こちらのPageSpeed Insightsは、ホームページにあるそれぞれのページの表示速度を点数化してくれるのですが、点数化してくれるとしても100点を取る必要はありません。

もちろん100点を狙うことは悪いことではなく、良いことになるのですが、しかしグーグルはページの表示速度を高めること自体は、実は同じSEOの点数のページが2つあった場合に、ページの表示速度が速いほうが上位表示されるというものになっているので、基本的には飛躍的に検索順位が高まる対策ではありませんので、50点以上であれば問題がないと思います。

ただし、50点未満の場合はしっかりと対策を取る必要があり、PageSpeed Insightsでマイナスポイントとして表示される「次世代フォーマットでの画像の配信」以外の対策をしっかりと行い、ページの表示速度を高めるようにしなくてはなりません。

なぜ「次世代フォーマットでの画像の配信」以外になるかと言うと、この「次世代フォーマットでの画像の配信」は、通常画像の拡張子はjpgやpngになるのですが、「次世代フォーマットでの画像の配信」ではwebpと呼ばれるグーグルが開発した拡張子を利用する必要があり、実はこのwebpはアイパッドで見たときに正しく表示されないので、2021年9月11日現在では行わない方が良いものになっております。

XMLサイトマップの作成と送信

XMLサイトマップを作成してグーグルサーチコンソールから送信することで、グーグルに対してすべてのページのURLを伝えることが可能になるので、すべてのページを認識してもらえるようになります。

このXMLサイトマップは、これまでSEOについてのお問い合わせをいただいたお客さまで言うと、SEOを意識してWeb制作を行った、ほぼすべての会社さまが作成しているものになるのですが、ホームページによってはXMLサイトマップに現在は存在していないページのURLも記述していることがあるので、存在していないページはしっかりとXMLサイトマップから削除しなくてはなりません。

存在していないページのURLをXMLサイトマップに記述していると、グーグルのクローラーは何度もその存在していないページ、すなわち404 NOT FOUNDのページを確認しに訪問することになるので、無駄にグーグルのクローラーの訪問回数が増えることになり、1ページそのようなページがあるだけでは問題は無いと思いますが、しかしそういったページ数が多いと、クロールバジェットに引っかかりやすいホームページとなってしまいます。

robots.txtの作成

SEOについてのお問い合わせをいただいた会社さまで半分くらいの会社さまが作成していないのがrobots.txtになっております。

このrobots.txtは、もちろん複雑なことをしていないホームページや、特別な何かしらの施策を含んでないWeb制作であれば、特に何も記述しなくていいのですが、しかし実はこのrobots.txtは検索エンジンがホームページに訪問する度に確認してくれるものになっており、このrobots.txtにXMLサイトマップの設置場所を記載することが可能になっております。

そのためSEOとしては非常に大切な要素になっており、robots.txtをしっかりと作成することで、御社のXMLサイトマップはよりグーグルに閲覧してもらえるようになり、ページのURLをしっかりとグーグルのデータベースに登録できるようになるのです。

URL検査

グーグルサーチコンソールにはURL検査という機能があります。

このURL検査はWeb制作後には定期的に行うことが大切で、このURL検索を利用することで、すぐに送信したページをグーグルに見て貰うことができるため、多くのSEOを行っている会社さまで利用されていると思いますが、弊社ではある程度ルールを設けてこのURL検査を利用して頂いております。

まずこのURL検査については、基本的には新規ページを作成した際には必要がなく、リライトを行った際に利用することを推奨しております。

なぜ新規ページの作成時は不要かと言うと、新規ページを作成すれば大体2,3営業日もすればグーグルがそのページを認識してくれるものになっているのです。

そして、すでに公開しているページについては、リライトを行っても、数ヶ月経っても検索結果ページの情報が最新の情報に切り替わらないということがありますので、基本的にはリライト後にのみ利用を推奨しております。

そしてこのURL検査については、検査をできる回数に制限がついていること、さらには弊社のこれまでの経験では、制限が来ていなくても、毎日送っていると実は効果がなくなっているように思われますので、送信回数を減らすためにも、リライトのみに利用をしたほうが効果を発揮できるように思います。

正しいSEOは訪問者を倍増させる

SEOで訪問者増

上記が検索順位が決定する仕組みと、その仕組みを知った上での対策法になっております。

Web制作時に集客について考えるとSEOは切っても切れないものになっているので、上記を理解してWeb制作や運営を行うことで、御社のホームページは本当にSEOに強いWeb制作へと成長するのです。

もちろん上記のSEOテクニックがすべてかと言われると、そうではないのですが、基本的にはホームページ全体を検索エンジンユーザーのためと、検索エンジンのクローラーのための対策を行わなければ成果が出ないと理解しながら上記のテクニックを駆使することで、少しずつホームページのSEO効果は高まってまいります。

ただし、単発でこれらを行うことは簡単だとしても、実は現在のグーグルは継続も求めているものになっているので、これらを継続するとなると本当に多くの労力が必要になっております。

しかし、SEOは訪問者とクローラーのために行うことで、必ず成果を出せるものになっておりますので、しっかりと2年計画を立てて継続して正しいSEOを行い続けることで御社のSEOは成功するのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績