大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

最小限の被リンク数でSEOを実施

最小限の被リンク数

弊社のこれまでの経験から言えばですが、SEOにおいて被リンクは、もっとも短期間で成果を出せる対策になっております。

さらには、多くの方がSEOと言えば被リンク数と思われるくらい有名な対策になっているのですが、この被リンク対策に頼ったSEOは、弊社ではあまり推奨しておりません。

その理由は、被リンクに頼ったSEOは、年々難しくなっていることや、検索順位が安定しないという点があります。

被リンクは年々難しくなっている

現在のグーグルはどんどん被リンクの扱いが厳しくなっております。

10年ほど前のSEOであれば、とにかく被リンク本数が多ければ良かったのですが、現在ではそのようなことはなく、被リンク元のページと被リンク先のページの関連性を見ております。

そしてさらには、グーグルのアップデートに合わせて被リンク対策が必要な場合もあり、例えば現在行っている被リンク対策がスパム的な行動であるとグーグルに判断されてしまうと、次のアップデートでその被リンクが無駄になるということも実際にあるのです。

このように基本的には被リンク対策は年々その対策法が難しくなっており、その時は検索順位が上がっても、次のアップデートで検索順位が落ちてしまう可能性もあるのです。

被リンクに頼ると検索順位が安定しない

このように非常に難しい被リンク対策になっているのですが、実際に被リンクに依存したホームページであったとしても、上位表示を実現しているホームページもあります。

そしてこれらのホームページで共通していることは、そのホームページの検索順位を計測していると、今日は1ページ目だけれども明日は圏外というようにまったく検索順位が安定していない傾向があるのです。

そしてさらには例えば弊社のホームページで言うと、【Web制作 大阪】と【Web作成 大阪】はどちらも上位表示を狙う同義語になるのですが、一般的にはWeb制作とWeb作成は大体似たような検索順位になることが一般的です。

そして、被リンクに頼っているホームページは【Web制作 大阪】では1ページ目だけれども、【Web作成 大阪】は3ページ目などのように大きく検索順位が異なっているように思います。

もちろん、10数件調査しただけなので、調査数がまったく足りておらず、必ずそうだとは言いづらいものになっておりますが、弊社が把握しているところでお話をすると、このように同義語であっても検索順位がばらついてくるため、あまり企業サイトとして被リンクに依存することはオススメの対策にはならないのです。

ただし被リンクは必要

上記のように被リンクは、年々難易度が高まっていることや、検索順位が安定しないことなどから、あまり力を入れて行う必要はないと思います。

だからと言ってい、被リンクがまったく不要かというとそういうことはなく、この被リンクはグーグルが「被リンクが無くても検索順位は上がるが、ライバルがいる以上は被リンクが必要である」と発言をしております。

そのため、基本的には被リンクが0でもキーワードの難易度によっては上位表示ができるものになっておりますが、しかしライバルがいる以上は最低限の被リンク本数が必要になっていると理解することが大切です。

弊社の被リンク対策

ライバルがいない需要のある検索キーワードは年々その数が減少しているように思います。

そのため、どのようなホームページであっても最低限の被リンク本数が必要になっているのですが、この被リンク本数を増やすための対策として、弊社では以下のような提案を行っております。

  • 弊社が把握している企業情報登録サイトへの登録
  • 弊社のホームページにある制作実績から
  • 弊社が運営している無料ブログから
  • 加盟している協会・組合のホームページから

基本的には被リンク作業は、外部にホームページを制作して頂いて、そこから被リンクを行うことが必要になっているのですが、しかしこの作業は予算も手間もかかるものになっているので、一般的にお客さまがこの作業を行ってくれることはありません。

そのため、弊社では、弊社がこれまでに調べた結果、企業情報を登録することができるホームページのURLを40ほどメモしておりますので、ホームページを公開したらまず初めにこの企業情報が登録できるホームページに登録作業をお願いしております。

そしてさらには弊社のWeb制作実績として公開させていただくことで、被リンクを獲得することが可能になっております。

もちろんこれだけで上がってくれれば良いのですが、上がるホームページもあれば上がらないホームページもあるので、さらには弊社では無料ブログを運営しておりますので、定期的にその無料ブログから弊社のWeb制作実績のお客さまのホームページに被リンクを行っております。

実際に弊社が行っている被リンク対策はこれくらいになっており、後はお客さまが加盟している協会や組合などのホームページからの被リンクで多くのホームページが上位表示に成功しているのです。

このように、確かに検索キーワードによっては上位表示しているホームページの被リンク数が膨大なこともありますが、数にこだわるのではなく、基本的には被リンク対策はSEOのサブ的な扱いとしていただくことで、安定した訪問者数を獲得できるSEOとなるのです。

念のために、もちろん被リンク本数は最小限でも良いのですが、SEO作業を行わなくても良いということはなく、ホームページの更新作業をしっかりと行っていただく必要があります。

最小限の被リンク数で成果を出す

被リンク対策は、通常のホームページと変わらないくらいの質のページ作成を継続することが求められる、あるいは2サイト目のWeb制作費が必要になるので、できれば最小限で行った方が良いです。

また、被リンクに頼ったSEOは検索順位が安定しないというデメリットもあり、これは企業サイトとして良いSEO状況であるとは言えないのです。

そのため、被リンクについては、基本的には最小限の本数で対策を行うことが重要であり、もちろん必要であれば増やす努力が必要になるのですが、被リンク本数を増やすための対策に時間を使うくらいであれば、ホームページ内の更新をしっかりと行い続けることの方が、中長期的に見たときには非常に効果的な対策となるのです。

現在SEOを行われている方は、被リンク本数は最小限で良いと理解をして対策を行っていただくことで、中長期的な上位表示が可能になるSEOとなっております。

ただし、被リンク本数を抑えたSEOにおいては、上位表示までにそれなりのページ数が必要になるので、短期間で飛躍的に成果を出すことは難しくなっております。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績