HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

検索順位と表示回数、訪問者数がSEOの評価軸

SEO評価は検索順位と表示回数、訪問者数

現在のWeb制作では、ホームページを公開したらSEOを行うことが一般的だと思います。

このSEOにおいては、基本的には多くの会社さまでは、GRCなどのツールを利用してSEO評価を日々行っているのですが、実はこのSEO評価は単純に検索順位だけではありません。

この検索順位に捕らわれたSEOの効果測定を行っていると、実は検索順位の変動は、±5程度であれば日々変動するものになっているので、検索順位だけを見ていると日々、一喜一憂してしまうのです。

そのため、もちろん検索順位を計測すること自体は推奨するのですが、その他の検索結果での表示回数や検索からの訪問者数なども含めてSEO評価を行うことで御社のSEOは本当に安定するものになるのです。

そのため、弊社ではWeb制作中にしっかりとお客さまにSEOとは何なのかをお伝えしており、そしてWeb制作が完了した後、しっかりと検索順位だけではなく、表示回数と訪問者数も計測して頂いて、お客さまのSEOの安定化を図っているのです。

SEOの評価

SEO評価

SEOの評価軸として、検索順位だけを見ているホームページは失敗してしまいます。

現在、Web制作が終わった後弊社が必ずお客さまに導入して頂いているのがGRCと呼ばれる検索順位チェックツールになっているのですが、このGRCでは無料版を利用しても、10キーワードまで検索順位を1クリックで計測することが可能です。

そしてこのGRCでは、10キーワードの過去の検索順位の計測も蓄積されているので、検索順位の計測には非常に優れたツールになっているのですが、しかし検索順位は±5位くらいであれば、日常的に変動するものになっているのです。

そしてこのGRCだけの計測結果をSEOの評価軸としている場合に、例えば、計測している検索キーワードの順位がマイナス5位になってしまい、そして1週間ほどマイナス5位の検索順位で固定されていると、次第にSEO作業をやる気がなくなってしまい、SEO作業を辞めてしまうことがあるのです。

このように検索順位においては、±5位くらいであれば変動すると理解をしていないと、正しくSEO評価を行うことができず、SEO作業のモチベーションをキープすることが難しくなってしまうので、できれば検索順位以外の確認も行うことが重要なのです。

そして検索順位以外の評価として、検索結果ページの表示回数と検索結果ページからの訪問者数が重要になっていて、これらのデータも合わせて確認することで正しいSEOの評価を行うことが可能になるのです。

検索順位

検索順位の計測

まず、Web制作を行った後に、多くの方がSEO評価のために行われているのは、検索順位のチェックになると思います。

この検索順位の評価方法としては、GRCで10キーワード以上の検索順位を毎日計測することと、グーグルサーチコンソールの検索パフォーマンスから検索順位の確認を行うことが一般的だと思います。

ただし、それぞれの検索順位の計測には微妙に問題点があり、この問題点を理解して検索順位の計測を行うことが重要なのです。

GRCの問題点

GRCでの検索順位の計測の問題点としては、有料版であれば無制限でキーワードを設定できるのですが、無料版の場合は10キーワードまでしか計測することができません。

そして現在のSEOにおいては、基本的には狙ったキーワードよりも、実は狙っていないキーワードの訪問者数の方が多くなっているので、単純に設定したキーワードで上位表示を行えば、お問い合わせなどの成果の数が増えるとは言い切れないのです。

もちろんWeb制作が終わったらしっかりと無料版でも良いのでGRCを導入することは重要になっているのですが、しかししっかりと狙っていないキーワードの検索順位も重要になっていると理解をすることが大切です。

グーグルサーチコンソールの問題点

Web制作が終わったら必ず導入するグーグルサーチコンソールの検索パフォーマンスから検索順位を計測することが可能です。

このグーグルサーチコンソールの検索パフォーマンスにある検索順位については、基本的には平均で見たときにそれほど検索順位が高まることはなく、実際に弊社では平均で見れば40位くらいになっているのですが、それなりのお問い合わせ数の獲得を実現しております。

そしてさらに言えば、2021年5月の段階では、この平均検索順位が39位くらいだったのですが、39位のときよりも現在の方が検索からの訪問者数が多いものになっているので、検索順位と検索からの訪問者数は、直接的な集客力には影響がないように思います。

そのため、もちろん、データを見ることは否定するものではなく、グーグルサーチコンソールの平均検索順位を見るときには、それほど頻繁に向上することはない、そして平均検索順位だけを上げていても検索からの訪問者数は増えないと理解をして確認することが重要になるのです。

検索結果ページでの表示回数

表示回数

SEOの評価は単純に検索順位だけを追いかけるのではなく、検索結果ページでの表示回数も合わせて確認するのが良いでしょう。

実は弊社では、弊社のお客さまにWeb制作中に、この検索結果での表示回数を閲覧してもらうことを推奨しており、この検索結果ページでの表示回数を伸ばし続けることが、SEOにおいて重要であると考えております。

そして実際に、御社がメインで集客したいキーワードがあるときに、この検索結果ページでの表示回数を向上させ続けることで、次第に御社がメインで上位表示したいキーワードの検索順位も高まるようになっているので、しっかりとこの数値データを見て、SEO評価を行うことで、御社のホームページは本当にSEOに強いホームページへと成長するのです。

検索からの訪問者数

グーグルアナリティクスのオーガニック検索キーワード

検索からの訪問者数もしっかりと閲覧することが大切です。

この検索からの訪問者数は、グーグルアナリティクスの「集客>キャンペーン>オーガニック検索キーワード」から確認することができるため、この数値がしっかりと伸びているかを確認することでSEOの評価軸となるのです。

現在のSEOにおいては、トップページで上位表示を狙うような比較的難易度が高いキーワードでは、下層ページの評価を高めることが本当に重要になっているので、しっかりと下層ページを作成し続け、その下層ページの検索からの訪問者数を増やすことで、トップページで狙ったキーワードで上位表示が可能になるのです。

そのため、Web制作が終わったらグーグルアナリティクスを必ず導入し、オーガニック検索キーワードから検索からの訪問者数を増やし続けることがSEOの成功法であると理解をしてSEOを継続することが重要になるのです。

正しいSEO評価を行おう

正しいSEO評価の実施

上記がSEOの評価軸になっております。

基本的には弊社でWeb制作を行ったお客さまには上記の3つのSEO評価軸をご紹介しているのですが、中には検索順位の計測だけを行われている会社さまもいらっしゃります。

そしてそのような会社さまでは、基本的には毎朝GRCで検索順位を計測して、少し検索順位が下がったら、お問い合わせをいただくことがあるのですが、しかし検索結果ページでの表示回数や検索からの訪問者数を見てもしっかりと伸び続けているため、それほど大きな問題ではないとご紹介をしております。

もちろん普段は検索順位だけでも問題がないのですが、このように計測しているキーワードで検索順位が落ちてしまった場合でも、しっかりと検索結果ページでの表示回数や検索からの訪問者数を確認することで、慌てないSEO作業が可能になり、本当に期待以上の成果の出るホームぺージとなるのです。

現在SEOを行われており、そして検索順位の計測を行われている方は、ぜひこの機会に検索結果ページでの表示回数と検索からの訪問者数の確認を行うようにしてみてはいかがでしょうか。

そして実際にこの検索結果ページでの表示回数や検索からの訪問者数の確認は、弊社では毎日行っておりますが、基本的には1日の作業量としては1分程度の作業になっております。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP