大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

リスティング広告とSEOを併用する重要性

SEOとリスティング広告

SEOは上位表示ができている間は良いのですが、しっかりと正しい対策を継続しなければ、グーグルコアアルゴリズムアップデートなどによって、ある日突然検索順位が落ちることがあります。

そのため、基本的にはSEOに依存したホームページの集客対策はオススメではなく、SEOと並行してその他の対策を行うことを推奨しております。

そして、その他の対策の中で、弊社が力を入れてお客さまに提案している対策の一つがリスティング広告になり、リスティング広告をSEOと併用していただくことで、本当に多くの見込み顧客を安定して集客することが可能になるのです。

SEOは水物

SEOは水物になる

基本的にSEOは水物として考えておく必要があります。

狙ったキーワードで上位表示を行うためには、もちろんその狙っているキーワードの難易度にもよりますが、本当に多くの作業量を必要としております。

そして仮に検索順位が5位以内にラインクインしたとしても、実はSEO作業を辞めるとその検索順位は落ちてしまう可能性があるので、上がった後もしっかりと正しい方法論でホームぺージを運営し続けなくてはならないのです。

そしてさらにはグーグルには、コアアルゴリズムアップデートと呼ばれる検索順位を決定するプログラムの改定があるのですが、現在のコアアルゴリズムアップデートはしっかりとホームページを運営していても突然検索順位が落ちる可能性があるのです。

このようにSEOは、検索順位が上がったからと言って安心できるものではないため、基本的にはSEOに依存するのではなく、その他の対策も並行して行うことを推奨しております。

はじめはSEOだけでも良い

最初はSEOだけ

ホームページ開設当初については、SEOだけの集客対策を行っても良いと考えております。

その理由はまったくSEO経験がない会社さまがリスティング広告を始めると、その作業量の少なさから、リスティング広告に完全に依存してしまう恐れがあるので、基本的にはSEO作業にはどのような作業が必要で、SEO時間はどれくらい必要になるのかを把握することも大切であると考えております。

そのため、ホームページ開設当初はまずはSEO作業を3ヶ月程度行っていただくようにしており、この期間にSEO作業を効率よく行うために自社の作業スケジュールを立てれるくらいまでSEO作業に対しての知識を付けていただいております。

そしてSEO作業が把握できれば、次の対策を行っていただいており、この次の対策ではもちろんご予算にもよりますがリスティング広告かソーシャルメディアの運用をオススメしております。

そしてソーシャルメディアについては、ソーシャルメディアを活用した集客対策のページでご紹介しておりますので、当ページではリスティング広告についてご紹介をいたします。

リスティング広告は本当に楽

楽なリスティング広告

ホームページの集客対策は数えるほどしかなく、弊社がよく提案するのが「SEO」と「ソーシャルメディア」、「リスティング広告」、「外部サイトの利用」、「リアルでの活動」の5つになっております。

そしてこの集客対策はリスティング広告を除き、どの対策であったとしてもかなりの作業量を求められているものになっており、ホームページの集客対策を行ったことがない方であれば、まずはリスティング広告から始めるもの良いと考えております。

このリスティング広告においては、広告予算が必要になり、月の広告予算として20万円以上の場合はリスティング広告運用代行をWeb制作会社やリスティング広告運用代行会社に委託されたほうが良いと思いますが、20万円未満の場合においては、自社でも十分に対応することが可能になっており、1回出稿をして最初の2ヵ月くらいは出稿文言の変更や説明文の変更を行う必要があるのですが、しかし最初の2ヶ月で広告文言などを最適化し、期待通りの成果を得ることができれば、その後は多少放置をしていても、成果を出し続けることが可能になるのです。

このように広告予算を出しても問題がない会社さまであれば必ずリスティング広告を開始していただきたいものになっており、リスティング広告を始めていただくことで、本当に成果の出るホームページの集客対策となるのです。

広告予算を抑えるために

広告予算の削減

弊社のWeb制作実績の中で、現在もっともSEOで成果を出している会社さまはANA・JAL株主優待即納サービスになり、現在ANA・JAL株主優待即納サービスに対してリスティング広告の提案を実施しております。

このリスティング広告の提案では、集客したい検索キーワードをリストアップさせていただき、そのリストアップされた検索キーワードの中で、5位以内にランクインしていないキーワードのみリスティング広告の出稿を提案しております。

と言うのが、基本的には上がっているキーワードでリスティング広告を行うことは、もちろん予算が多ければ良いのですが、少ない予算の場合は、確かにリスティング広告に出稿することでさらにアクセス数を増やすことが可能ですが、しかし広告出稿を行わなくてもそれなりの数の集客が可能になっているので、まずは5位以下のキーワードに限定をしたリスティング広告を行っていただくようにしております。

そしてANA・JAL株主優待即納サービスにおいては、実はかなり狙ったキーワードでもっとも難易度の高いキーワードは、すでに1位表示ができておりますので、5位以下のキーワードは大体がニッチなキーワードすなわち広告費が安いキーワードのみになっているのです。

これはSEOで成功をしているホームページの強みになっており、これであれば例えば広告予算を月に50,000円であったとしても非常に高い成果を出すことができるリスティング広告運用を実施することが可能なのです。

そのため、もちろんホームページの状況次第になっているとは思われますが、基本的には現在SEOで成果を出している会社さまにおいては、SEOで成功しているときこそリスティング広告がオススメになっており、ここで行っておかないと、高い広告費が必要になってしまいますので、弊社ではSEOで成功しているお客さまほどそのタイミングでリスティング広告を行うことを推奨しております。

また、SEOで成功しているということは、それなりにSEO作業も多く行っていただいていると思いますが、このリスティング広告を運用することで、SEO成果を焦る必要がなくなるので、作業量を少し落としたWeb運営が可能になっております。

SEO作業量を減らせることができる

SEO作業量を減らす

リスティング広告に出稿することは、先ほど少しお話したように、SEO作業量を激減させることが可能になる点も大きなメリットだと思います。

基本的には、リスティング広告に出稿して、訪問者数を集客できていれば、急いでSEO効果を出す必要がなくなるのです。

そのため、例えば、リスティング広告を行っていないときの計画では1日に1ページの作成とリライトを1ページと定めていたとしても、リスティング広告を行うことで、2日をかけてこの作業を行ったとしても、それほどホームページの成果に影響が出ないものになっております。

SEOは本当に大変な作業を伴うものになっており、単純にSEOに依存することは、膨大な作業量を伴うことやSEOは成果が出るまでそれなりに時間がかかるものになっているので、しっかりとリスティング広告を行うことで、無理のないSEO作業になり、継続してSEOを行い続けることが可能になるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績