大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOの質

SEOのための質

SEOを実施している、あるいはこれから実施される方は、「SEOは質を高めることが大切」という言葉を聞いたことがないでしょうか。

このSEOの質は非常にあいまいなものになっていて、グーグルなどの検索エンジンが判断する質は検索エンジンでなければ分からないものになっており、どのWeb制作会社やSEO会社も質を意識したページを公開して、そのページが本当に質が高いと判断してくれているかを検索エンジンが提供するツールなどを見て判断しております。

そのため、当記事では「SEOの質とは」というタイトルですが、実際にどのようなページであれば質が高まるかは、検索エンジンでないと知ることができないので、このSEOのための質を高めるために弊社が行っていることや、意識していることのご紹介となります。

SEOの質とホームページの質は違う

まず、3年ほど前から、「SEOをするならすべてのページの質が大切である」と言われるようになったのですが、このときは弊社は「質って何?ユーザが分かりやすく見やすいページを作成すればいいの?」と考えておりました。

しかし、実際にユーザが見やすく分かりやすいというのは、ホームページの成約率の対策においては非常に大切な要素になるのですが、しかしそれがSEOと関連しているかというと実は関係性はあまりありません。

そして色々なホームページに対してアドバイスをしてきたところ、最も効果的な対策としては、「ページはユーザのために制作すること」、そしてその記事が完成した後、「SEOのための情報の追加と削除」を行うことであり、これらを達成して更新しているホームページは多くがSEOで成功しているのです。

ただし、そこで問題があり、この記事作成後に行う情報の追加と削除をSEOを意識しすぎてしまうと、ユーザのためにという部分が弱くなってくるので、あまり過剰にせずに、そのページを見たユーザが本当に読みやすく分かりやすいこと、さらには情報量に満足することを意識してSEOのための最終調整を行うといいでしょう。

このユーザのためのホームページの質と、SEOのための質は異なるという点は、英語記事ですが、Search Engine Journalにも記載されているので、もしご興味がございましたら、合わせてご覧ください。

検索エンジンが好む質とは

では、本題ですが、SEOの質とはどうすれば高まるのでしょうか。

これについてははっきりとしたことは分かりませんが、しかし概要としては、一つの情報を掲載するときにその情報が網羅されていることになります。

どういうことかというと、例えば富士山に関する知識があったときに、富士山に関する記事を作成したとします。

そしてこの富士山についての記事には、富士山の標高やアクセス法、登山ルート、富士山内外のアクセスしやすい飲食店などの情報が網羅されているホームページを制作することが検索エンジンが好む質の高いページになっており、そのページを見れば富士山の専門家までは行かないまでも、かなり富士山に詳しくなることができるのです。

そしてこのような情報が網羅されたページであれば、そのページを見たユーザは、他のホームページに移動することがなく、例えば別ページに阿曽山のページを作成して、そこにも同様に情報を網羅していくことで、御社のホームページだけを見ればかなり山や登山に詳しくなることができるということができるのです。

これが検索エンジンが好む質の高いページになっており、ホームページにあるすべてのページで、そのページの集客キーワードを定め、そしてそれぞれのページで情報を網羅していくことで、本当に検索エンジンが好むホームページとなるのです。

文字数を増やしても質は上がらない

情報が網羅しているページであれば検索エンジンに好まれるということは、「文字数が多ければいいのか?」と考えられる方も中にはいると思います。

これについては半分が正解で半分が間違いになっており、検索エンジンは文字数だけでホームページの評価を行っておりません。

例えば以下のようなページは文字数が多いと検索エンジンから評価されやすいと思います。

  • スタッフブログ
  • ノウハウ系のコンテンツ
  • よくあるご質問

もちろんこれですべてかどうかは分かりませんが、一般的にはユーザがテキストを求めている、すなわち検索したキーワードに対してより深く知りたいと思っている検索キーワードで上位表示を狙うページは文字数が必要になってきます。

逆に文字数を増やしても意味がないのは以下となります。

  • トップページ
  • 多くの写真を張っている実績紹介
  • 新着情報

上記3ページについては、基本的には文字数を増やしてもそれほど効果を出すことができず、仮に実績ページを現在すでに制作していて、当ページを見て、文字数がいらないのかと思い、次の実績から文字数を減らすというのはあまりお薦めいたしません。

文字数が少なく画像を多くするのであれば、実績コンテンツすべてで変更していくことが重要で、御社のホームページで実績コンテンツ自体は画像が多めでテキストが少な目と検索エンジンが認識できるようにしなくてはならないのです。

最も問題があるのが、例えば実績を3,000文字は書くと定めて、過去の実績は3,000文字なのに、ある日を境に文字数が減ると、検索エンジンは「実績ページって文字数はどっちなの?」と迷ってしまい、結果、そのページだけではなくホームページ全体の評価を落としてしまう可能性があるので注意しなくてはなりません。

そしてホームページの更新で考えると、実績ページなどは文章も書きづらいと思いますので、なるべくすべてのページで少ない文字数であることが重要になるのです。

ただし、文字数が少ないのであれば、画像をしっかりと利用したり、youtubeを埋め込んだりすることで、グーグルがそのページを高く評価してくれる可能性が高まるのです。

SEOの質は最後の文章調整

そして上記でも少しご紹介をしておりますが、まず弊社が考えるにですが、それぞれのコンテンツごとに、適切な文字数を算出してから更新するとい良いと思います。

例えば。弊社のホームページであれば、最初にスタッフブログは2,000文字以上で作成するとだけ定め、それから以下の作業を行っております。

以下は当ページで行ったことをご紹介いたします。

  • SEOキーワードの策定
    SEO 質
  • タイトル
    SEOの質とは
  • 見出し
    「SEOの質とホームページの質は違う」、「検索エンジンが好む質とは」、「文字数を増やしても質は上がらない」、「SEOの質は最後の文章調整」、「内部リンク・被リンクでも質は高まる」、「質はページ単位とホームページ単位がある」

そしてここまでが決まれば、後はそれぞれの見出しに対して文章を作成することになっており、とにかくユーザ目線で2,000文字以上になるように記事作成を行っております。

そして、最後の作業として、SEOにはキーワード、すなわち【SEO】【質】がこのページでしっかりと使われていることが重要になるので、最後の調整で【SEO】と【質】を意識して文章の調整を行います。

これが弊社の記事作成法となっており、文字数については一応2,000文字と定めておりますが、情報をしっかりと打ち出すと決めているので、2,000文字を下回るというのは基本的にはありません。

内部リンクと被リンクでも質は高まる

そして最後に、このSEOのための質においては、実はリンクも非常に効果的なものになっております。

基本的にはグーグルはまったくどこからも内部リンクがされていないページを嫌う傾向があるので、作成したページに過去の記事から被リンクを行っていきます。

そしてさらには、外部にホームページをお持ちの方は、その外部のホームページから作成した記事ページへとリンクを行うことで、グーグルがそのページを質が高いページだからリンクされていると認識してくれるようになるのです。

ただ、基本的にはコンテンツに注力することが重要になるので、まずは記事を作成してみて、関連するページがあれば、そこからの内部リンクを行う程度にしておき、被リンクを行うのは本当に最後の手段で良いと思います。

質はページ単位とホームページ単位がある

最後に、この検索エンジンが好む質というのは、ページ単位とホームページ単位の2つがあり、ページ単位で質の高いページを作り続けていれば自然とホームページ単位でも質が高くなるのです。

そしてこのホームページ単位で質が高くなることで、御社のすべてのページの検索順位が飛躍的に高まるものになっているので、必ずページを作成する際には、この作業がホームページ全体の質に関わってくると理解をして行うといいでしょう。

基本的にはユーザの考える質とSEOの質は異なり、今回はSEOの質についてご紹介をいたしましたが、別ページになりますが弊社のホームページ内にユーザのためのホームページの質ページもございますので、もしご興味がございましたら、合わせてご覧いただけましたら幸いです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績