大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

弊社のツイッター活用法

弊社のツイッター活用法

現在、弊社ではツイッター(Twitter)を活用して、ホームページの集客対策を実施しております。

弊社のツイッターの成果としては、ツイッターからの訪問者数やお問い合わせ数が飛躍的に増えたということはありませんが、「流行る投稿は1日に80人くらいを集客」できており、「流行らない投稿では1日に10人未満の集客」になっております。

また、ツイッターでの1投稿での消費期限は大体ですが、1週間程度であることが多く、80人の訪問者を集客できる投稿でも、大体1週間で560人前後の訪問者数を獲得できた後、少しずつ訪問者数を落としております。

弊社のツイッターの活用法では、安定して多くの見込み顧客を集客し続けることは難しいですが、しかし、現状で言えば十分満足できる効果になっておりますので、現在弊社ではWeb制作時に必ずお客さまにツイッターの活用をご提案しております。

ツイッター(Twitter)とは

ツイッターって何?

ツイッター(Twitter)とは、ソーシャルメディアの一つになっております。

このツイッターは、1回の投稿につき140文字が上限になっているため、非常にシンプルな仕様で提供されているソーシャルメディアになっております。

実際に弊社がツイッターを利用してみたところ、大体ですが、1ツイート当たりにかかる時間は、ツイートの投稿内容の検討も含め、5分前後になっているため、弊社と同じ活用法を行う方には、かなりオススメのソーシャルメディアになっております。

そのため、現在弊社では、Web制作を行ったお客さまに、必ずツイッターの活用をオススメしており、弊社と同様の活用法であれば、ツイッター以外の労力が必要ですが、その労力さえかければ、どの会社さまであっても、必ずそれなりの成果を得ることが可能になっております。

弊社の活用法

弊社の活用法

弊社が、どのようにツイッターを活用しているかについてご紹介をいたします。

弊社は大阪のWeb制作会社になりますが、恐らくその他の業種の方であっても、この活用法は有効であると思われますので、ホームページの集客力向上をご検討の方は、ぜひ以下を参考にツイッターを活用されることをオススメいたします。

1. トップページやサービスページの告知は意味がない

弊社では、ツイッターを活用すると決めた後、弊社の業種はもちろん、その他の業種においても、流行っているツイッターアカウントでは、どのようなツイッターの活用法を行っているかを調査いたしました。

そして、このツイッターの活用法においては、もっとも弊社が集客したいページは、トップページやサービスページになるのですが、しかし、トップページやサービスページのアドレスをツイッターに張り付けて、その投稿自体に「いいね!」や「リツイート」を多く獲得している会社さまは、ほとんどいらっしゃいませんでした。

逆に、スタッフブログなどにノウハウ系の記事を書かれている方であれば、その記事ページ自体をツイッターで告知することで、非常に多くの「いいね!」や「リツイート」を獲得されておりましたので、弊社ではトップページやサービスページではなく、スタッフブログに記事を書き、そしてその記事ページのURLをツイッターで告知することを選択いたしました。

この活用法では、トップページの入口回数は増えませんが、しかしニーズの絞り込まれた見込み顧客を集客することが可能になるので、お問い合わせ数の向上には非常に効果を発揮すると判断をいたしました。

そのため、最近はあまり見られなくなりましたが、Web制作時にトップページやサービスページにソーシャルボタンを設置してもおそらく意味がないと思います。

2. スタッフブログに新規ページの作成

スタッフブログがツイッターからの流入先になると定めた弊社では、ツイッターで告知するために、スタッフブログの更新をしっかりと行うことを定めました。

このスタッフブログで作成するページは、大きく分けて2つの種類があり、「ツイッターで話題になっている内容のページ」と「ツイッターを無視して打ち出したい内容のページ」の2点になっております。

そして、「ツイッターで話題になっている内容のページ」については、SEOをまったく意識せずに原稿作成を行っており、基本的にはツイッターユーザーが十分に満足できる内容で記事作成を行っております。

ツイッターで話題になっている内容を探す方法は、実際に御社のビジネスに関連する内容でツイッター検索を行い、投稿数が多い内容や、「いいね!」や「リツイート」が多くされているキーワードを発見して、そのキーワードでページ作成を行っております。

また、「ツイッターを無視して打ち出したい内容のページ」については、SEOを意識して記事作成を行っており、「ツイッターを無視して打ち出したい内容のページ」では、ツイッターでURLの告知は行わないことの方が多いので、基本的な流入経路はSEOがメインとなっております。

そしてツイッターに合わせてスタッフブログのレイアウトを変更しており、基本的にはSEOは不要になるので、スタッフブログの一覧ページなどの原稿を削除することにより、スタッフブログをより見やすく操作性の高いものへといたしました。

現在の弊社のWeb制作では、これまではすべてのページである程度SEOを考えておりましたが、現在のWeb制作ではこのようにツイッターなどのソーシャルメディア経由かSEO経由かを結構明確に定めるようにしております。

3. ツイッターでの告知

そしてページを作成したら、そのページのURLをツイッター上で告知いたします。

その際に1点注意点があり、なんでも良いから原稿を書いてツイッターに投稿したり、URLだけを張り付けて投稿することは、ほとんど意味がありません

ツイッター投稿時の原稿は、ツイッター上での検索を意識することが大切になっており、しっかりとツイッター検索で引っかかる文言を含んで投稿することで、たとえフォローワーがいない状態であっても、訪問者数の獲得や「いいね!」、「リツイート」を獲得することが可能になります。

この告知は、基本的には検索を意識するという点が本当に重要になっており、実際に弊社のWeb制作においてもこれらのソーシャルメディア検索を意識してもらうようにしてソーシャルメディアの運用を行っております。

4. 改善を繰り返し行う

上記は、「ツイッターで話題になっている内容のページ」を新規作成したら実施する内容になっております。

そして、実際にツイッターからの訪問者の動きを見て、弊社では改善作業を行っております。

  • ツイッターからのアクセスがない場合はツイッター側の問題
  • 告知したページの直帰率が高い場合はページ側の問題

このように、ツイッターを活用しても成果が出ない場合に、ツイッター側の問題なのか、あるいはページ側の問題なのかを明確にして、それぞれに対して適切な改善作業を行っております。

ただし、ツイッター側に問題がある場合、ツイッターには編集機能がなく、さらには弊社ではツイッターでの投稿の消費期限を1週間であると考えておりますので、1週間以上たってから同じページをツイッター上で告知しております。

その再投稿の際には、ニーズの合致するより多くのツイッターユーザーに、弊社の投稿を見ていただくために、ツイッター検索を意識して、投稿内容を変更することを心がけております。

ここで同じ内容で投稿をしても、同じ結果にしかなりませんので、必ず再投稿の際には、投稿内容を変更することが重要になっています。

また、もし、告知したページのアクセス数が爆発的に増えたにも関わらず、ほとんどの方が直帰している場合には、ページ側の問題になっているので、ページの内容を一新することで、ホームページの成果は飛躍的に高まります。

現在のWeb制作提案においては、この改善を予め想定していくことが本当に重要になっておりますので、必ず改善作業を御社のスケジュールに含めることが大切になっているのです。

ツイッターの効果

ツイッターの成果

上記が弊社のツイッターの利用法になっております。

実際にその効果は非常に高く、弊社ではツイッターを活用するようになってから、Web制作の仕事にならない質問のお問い合わせ数も増えましたが、Web制作の依頼のお問い合わせも増やすことに成功しております。

そして、データを取っていないので、はっきりとは言えませんが、感覚的には検索エンジンを利用しているよりも、予算感や行いたいことが明確な方からのお問い合わせが多いように思われます。

実際に訪問者数としては、弊社がツイッターでもっとも成果を出したページ「検出 - インデックス未登録」の改善法では、大体1週間程度ですが、ツイッターから1日80人程度の訪問者の集客に成功をしており、さらには単に集客だけではなく、検出インデックス未登録についてのお問い合わせなども多くいただくことができております。

また、逆にまったく駄目なページは、ツイッターで投稿をしてもアクセス数が0であったり、さらには訪問者数は増えたけれども、直帰率が100%になっているなど、本当に多くの問題を抱えていることもあります。

しかし、弊社ではツイッターを真剣に利用し始めたから1週間程度しかたっておりおりませんので、今後ツイッター上の投稿内容やページ自体の質を最適化することで、少しずつツイッターの効果を高めようと考えております。

弊社の活用法は効率的

弊社の利用法は効率的

ツイッターの活用法としては、一般的に、人気のあるツイッターアカウントに成長させることで、投稿した内容が多くの方に拡散され、その結果ホームページに多くの見込み顧客を集客する方法になっております。

実際に弊社も昔は、Web制作の段階で「人気のあるアカウントに育てましょう」と提案をしていたことがあったのですが、しかしツイッターでの人気を得ることは本当に難しいものになっていて、すべての会社さまが実施できる対策ではありません。

弊社はWeb制作会社として、こツイッターの運営方法によって成果にばらつきが出ると言うことは、あまり良いツイッターの提案ではないと考えており、すべての会社さまで成功できるツイッターの活用法こそがWeb制作会社にとって必要な提案であると考えております。

もちろん人気のあるツイッターアカウントに育てることの方が、弊社が提案するツイッターの活用法よりも成果は出るのですが、しかし人気が出るかどうかは、そのツイッターの運用法に依存してしまうため、弊社では地道な作業になりますが、上記のようなツイッター運用法をご提案しております。

そして実際にこのツイッターの運用法を行うことで、弊社のツイッターは少しずつフォロワーも増えておりますので、長く続けていれば人気のあるツイッターへと成長すると思われます。

ツイッターを始めよう

ツイッターを開始しよう

現在のWeb制作における集客対策は、SEOに依存することは非常にリスクがあります。

そのため、現在弊社では、Web制作のご提案を行う際に、SEOとリスティング広告、ツイッターなどのソーシャルメディアの3つの集客対策を提案しており、この3つをうまく活用していただくことで、ホームページの成果は最大化いたします。

現在SEOだけを考えてホームページを運営されている方は非常に多いと思いますが、このSEOに依存することは、成果が出るまでに時間がかかることや、グーグルコアアルゴリズムアップデートによって一気に検索順位を落としてしまうリスクがありますので、必ずツイッターなどのソーシャルメディア運営をSEOと並行して行うようにしましょう。

実際に弊社では、真剣にツイッターの運営を行った期間が短いため、特効薬的な対策法は現在調査中にはなっておりますが、しかしその状態でも多くの訪問者数とお問い合わせ数を獲得できておりますので、ホームページを制作したら、SEOとあわせてツイッターなどのソーシャルメディア運営を行うことをオススメいたします。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績