2020年の年末年始休業

いつも弊社ホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度弊社では、下記期間を2020年の年末年始休業として定め、お休みを頂戴させていただきます。

皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承のほど宜しくお願いいたします。

2020年の年末年始休業期間

2020年の年末年始休業

● 2020年12月28日(月)~2021年1月4日(月)

当期間にいただいたお問い合わせにつきましては、1月5日(火)から順次ご対応をさせていただきます。

また、当期間につきましては、お電話でお問い合わせをいただきましても、対応することが難しくなっていますので、お問い合わせ総合窓口からメールでのお問い合わせをお願いいたします。

2020年の弊社のホームページ

2020年の弊社のホームページ

2020年1月から弊社ではSEO対策を行いました。

実際に本格的なSEO対策を始めたのは、6月からになっているのですが、実質自社のホームページのSEOを気にし始めたのは、1月からになっております。

その理由は単純に、コロナの影響からホームページ制作業界もこれまで通り代理店さまに頼ってお仕事をいただいているだけでは、いつかは売り上げ激減に繋がるかもしれないと考え、これまで通り代理店さまから案件をしながら、新規顧客開拓のために、SEO対策を実施いたしました。

では、そのSEO対策を実施した結果はどうなっていたのでしょうか。

目標値までは上がらず

目標には届かず

2020年1月から5月までは、実は結構調査ばかりをしておりました。

その理由は、現在のSEO対策は難しいという話を耳にしたためであり、現状では弊社の提案内容は効率が悪いのか、であれば、今後の提案内容を変えて効率の良いSEO対策をお客さまに行っていただかなくてはならないと考えたため、1からSEOの勉強をやり直すという作業を行ったのです。

その結果として、確かに細かなものは変更されておりましたが、SEOの原則は一切変わっておらず、基本的にはユーザのために有益なホームページが成果を出すとなっていました。

その判断をしたのが、6月になっていて、そこからSEO対策を再開いたしました。

その結果、弊社の予測では、他にも計測しているキーワードは複数あるのですが、メインとなる2つのキーワードである【ホームページ制作 大阪】と【ホームページ作成 大阪】で何とか10位に上げることができました。

さらに、ツールを使わずに、手作業で順位をたまに見ていたのですが、【SEO 大阪】で8位、【被リンク 大阪】で1位と2位という順位まで上げることができました。

ただ、当初の予測では、2020年内に【ホームページ制作 大阪】と【ホームページ作成 大阪】で5位という目標があったのですが、まだ約1ヶ月ありますが、この目標は達成できませんでした。

では実際に2020年に弊社が行ったことをご紹介いたします。

調査とページ作成

調査と新規ページ作成

まず、SEO対策を行う前に行ったのが、目標が【ホームページ制作 大阪】と【ホームページ作成 大阪】で5位でしたので、それぞれの検索キーワードで検索をして、1位から5位までのホームページのページ数と被リンク数を調査いたしました。

まずページ数についてですが、このページ数については、実際かなりばらけていたこと、そして大規模なブログサイトがあったのですが、ブログサイトについては省いて、ホームページ制作会社のページ数を【site:ドメイン】で検索いたしました。

そしてその平均値を目標にしてページ作成を行ったのですが、この平均値は何とか超えることができました。

ただやはりホームページ制作会社でも現在弊社は500ページのホームページになるのですが、しかしもっと多いホームページは1,000ページもあるので、今後はこの1,000ページを目標に運営していこうと考えています。

平均値にした理由は、1位表示を狙っているのではなく、5位表示で良いと判断をしたためであり、もちろん1位表示を狙うのであれば、1ページ目の中でもっとも多いホームページにする必要があります。

ホームページの改定

ホームページの改定

そして上記のページ作成とは別に、ホームページ内の改定作業も行いました。

この改定作業については、もともと弊社は2010年に制作されたホームページのまま、レスポンシブも対応せずに運営していたので、レスポンシブ対応をメインにホームページのリニューアルを行いました。

ただ、基本的な組み方は多少変更がありますが、コンテンツ内容はすべて同じであること、そしてお客さまのホームページ制作の邪魔にならないように短時間での制作作業を行ったので、この作業によるSEO効果の向上は見られませんでした。

被リンク対策

被リンク対策

それと被リンク対策を行いました。

これについては2つの対策があり、1つ目がnofollowリンクの増加になっていて、現在の企業情報を登録できるホームページでは大半がnofollow設定をしています。

このnofollow設定は、実は被リンクをされても効果がないというものになっているのですが、実際に弊社はdofllowの割合が90%を超えていたので、それを70%程度まで減らしていくことを検討いたしました。

その理由は、検索エンジンのアルゴリズムに左右されないホームページにすることになっており、dofollowが被リンクとして効果的だからと言って、dofollowばかりのリンクを獲得しているホームページはナチュラルリンクを獲得できていないと判断されるかもしれないと思ったのです。

そのため、nofollowの割合も増やし、現在では大体dofollowが65%程度、nofollowが35%程度のホームページとなりました。

そしてこの対策とは別に外部にブログを制作してそこから被リンクを行いました。

この作業は本当に大変で、実際にこの作業で1日に獲得できる被リンク数は良くて1,2本、悪いと0になるのですが、しっかりと対策をすることで、中長期的に見てSEOが上がってくれればと思い対策を行いました。

2021年の6月までに5位を達成したい

2021年6月までに上げたい

2020年のSEOでは、後1ヶ月間は対策を行うので、もしかしたら上がるかもしれませんが、現状で言うと上がらないだろうなと予測をしています。

ただ、だからと言って10位で良いかと言うとそういうわけではなく、何とか来年の6月までに5位を達成したいと思っております。

2020年にSEOを行ってきたイメージで言うと、SEOは努力量になっており、実際に御社が狙うキーワードで5位以内に入っているホームページは毎日しっかりとホームページ運営努力を行っております。

その努力を数ヶ月又は1年で抜くのであれば、相当な努力が必要になると思っています。

そして、2021年はこれらのSEO作業で得たノウハウをお客さまにも提供して、より効果的なホームページ制作といたします。