サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

アクセス解析とは

アクセス解析って何?

アクセス解析とは、ホームページの健康診断のようなものです。

基本的には、健康に生きるには、健康診断を受けて、健康診断の結果を確認し、まずは自分の健康状態を把握して、そして悪い数値の改善で、より健康的に生きていけます。

これはホームページでも同じで、ホームページ制作が終わったら導入して、現状把握と問題のある数値を改善で、期待以上の成果を出せるようになるのです。

現在のホームページ制作でもっとも利用が多いのは、グーグルアナリティクスです。

必要性

必要

ホームページ制作を行ったら、アクセス解析の導入は本当に必要です。

運営をしなければ成果を出せないですが、運営を闇雲に行っても、成果が出るかは運次第ですし、さらには成果に繋がる良い点を間違えて改善してしまい、改悪してしまい、逆に成果を落としてしまう可能性もあるのです。

そのため、基本的には導入し、そして現在の現状を数値データとして把握が大切で、数値データーを確認して、集客力や成約力が抱える問題点を改善すればで、理論的で戦略的な運営になり成果を向上させれます。

そのため、アクセス解析の導入は本当に大切で、導入して、数値データを活用して改善を行い続ければ、御社の期待を超える成果の出るホームページへと成長します。

種類

種類は3つ

アクセス解析には、3つの種類があります。

種類を理解し、そしてホームページ制作が終わった後に、適切な導入で、分析効率を高めれます。

サーバーログ

サーバーログ型とは、サーバー会社によっては、アクセスログと呼ばれるログファイルを蓄積してくれ、ログファイルを使うタイプを言います。

基本的にはログファイルは、「.log」という拡張子で保管されますが、ログファイルはエクセルでも開けれるので、ログファイルを見れば、アクセスしたユーザーのIPアドレスや訪問時間、訪問したページ、ユーザー環境など、さまざまな情報が記載されてます。

もちろん、エクセルだけでは実施できず、これらのログファイルを提供会社に渡して、提供会社の結果を、成果向上に役立つ資料として閲覧が可能です。

ただしサーバーログ型では、現在はあまり提供会社がないや、さらにはログファイルを送った後2週間くらいは解析結果を受け取るまでに時間がかかり、ある程度の時間に余裕がある運営を行われる方におすすめです。

現在のホームページ制作ではアクセス解析の説明をしたときに、サーバーログ型の選択は非常に稀かと思いますが、このような種類もあると知っておくのは重要で、頭の片隅でも良いので、しっかりと認識だけはしておくようにしましょう。

ウェブビーコン

ウェブビーコン型とは、HTMLファイルにJava Scriptのタグを埋め込み、タグが読み込まれた際に、アクセス解析用のサーバーにデータが保管され、サーバー内で自動で解析されます。

そして弊社がホームページ制作後に必ず導入するアクセス解析「グーグルアナリティクス」もウェブビーコン型です。

ウェブビーコン型では、解析結果が出るまでに短時間であるや、さらには複数所有の場合に、1つの結果として行いたいなど、複雑なホームページにも対応可能で、本当に便利だと思います。

パケットキャプチャリング

パケットキャプチャリング型とは、訪問者がアクセスしたときの信号をコピーし解析します。

パケットキャプチャリング型は、上記のウェブビーコン型よりも早く詳細なレポートを閲覧が可能で、ほぼリアルタイムでの実施が可能と言っても過言ではありません。

ただし、現在と同じネットワーク内に導入しなくてはならないため、ホームページ制作時にレンタルサーバーを契約された会社さまではウェブビーコン型が多く、自社サーバーを利用している場合はパケットキャプチャリング型の利用が多いように思います。

分かる内容

知れる情報

アクセス解析の利用で、さまざまな情報を知れます。

そのため、ホームページ制作後にはしっかりとアクセス解析を導入して、現状把握を行えば、集客力と成約力を最大化させれるのです。

基本的にはホームページ制作においては、集客力を向上できれば期待通りの成果を得れ、期待以上の成果を得るにはアクセス解析の利用が重要です。

状況把握

アクセス解析を利用して、全体やそれぞれのページの状況を把握が大切です。

ホームページ制作は成果を出すのが大切で、状況を把握できていないと成果を出すための対策が不可能なため、ホームページ全体と個々のページの状況を数値データとして把握が大切です。

そして、情報把握で見るべきポイントとは、「訪問者数」や「ページビュー数」、「PCとスマホの割合」、「直帰率」などですが、これらのデータは基本的には一般的であれば、どれでも提供されるデーターです。

そしてこれらの数値データの暗記は必要ありませんが、例えば、上司から「先月の訪問者数は?」と問われれば、大体どれくらいかをしっかりと回答が可能なくらい意識をしましょう。

Web管理者さまが現状把握ができていないと、成果を出せないので、まずはしっかりと状況把握から行うようにしましょう。

集客を分析

アクセス解析をSEOと切り離して考えられる方がいらっしゃいますが、SEOにも効果を発揮できるデータを提供してくれます。

集客のために利用は、まずは流入できていないページの把握が大切にです。

基本的には現在のSEOにおいては、すべてのページで集客力を高めるのが大切で、すべてのページで上位表示ができていれば、ドメインパワーが高まり、本当に多くのページで上位表示が可能です。

そしてさらには、グーグルのツールであるグーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスを利用すれば、グーグルの検索結果ページに表示されたキーワードと表示されたページのURLを知れ、キーワードで検索順位を高めれば、さらに検索結果ページでの表示回数と訪問者数を増やせれます。

そしてさらには集客分析の際に、単に集客だけではなく、それぞれのページの直帰率を確認で、直帰率の高いページの直帰率を下げる対策が可能です。

そして直帰率を適切に下げれれば、非常に高い集客力と訪れた訪問者が直帰せずに複数ページを見てくれるようになり、期待以上の成果を出せるようになるのです。

もちろんですが、現在のホームページ制作の集客はSEOだけではなく、SEOはもちろんですが、ソーシャルメディア、外部サイト、リスティング広告などからの集客と直帰率を確認して、改善で御社のホームページは本当に高い集客力へと成長します。

成約を分析

アクセス解析を利用すれば、成果分析が可能です。

現在のホームページ制作では、単に集客だけを最適化しても、期待通りの成果しか得れず、期待以上の成果を出すには成約率を高めなくてはなりません。

成約率を高める対策としては、基本的には直帰率と出口率の最適化で、これらの2つのデータを改善でホームページの成約率は飛躍的に高まります。

もちろん、成約率を高めるためには、直帰率と出口率だけの改善だけではなく、滞在時間なども重要ですが、しかしアクセス解析が初心者の方であれば、直帰率と出口率を改善に注力しましょう。

そしてこれらを徹底化できれば、御社のホームページは本当に高い成約率へと成長し、期待以上の成果を出せるようになるのです。

導入だけでも行おう

導入はしよう

アクセス解析とはホームページの現状把握と問題点の発見ができる唯一のツールで、ホームページ制作が終わったら導入は必須であると言っても過言ではありません。

そして、弊社では、新規ホームページ制作やリニューアルが終わった直後では利用しません。

アクセス解析においては、基本的にはある程度の訪問者数が必要で、基本的には集客力が付くまでは、とにかく集客対策に力を入れて運営を行っていただき、ある程度集客力がついてからアクセス解析を利用して頂いてます。

しかし、だからと言って、ホームページ制作直後は導入の必要はないというものではなく、基本的には新規ホームページ制作時やリニューアル時からしっかりと導入しておき、利用できるくらいのアクセス数になれば利用しましょう。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP