大阪のホームページ制作会社株式会社セブンデザイン

ホームページの集客法はSEOだけではない

さまざまなホームページの集客法

ホームページの集客法はさまざまあります。

この集客法については、弊社は大阪のホームページ制作会社になるのですが、これまではSEO対策のみの提案を中心としていたのですが、現在のSEO対策はSEO対策だけを行うよりもその他の施策も同時並行で行ったほうが効果を出すことが可能になります。

そしてこの集客法については、弊社が考えるに、「SEO対策」と「ローカルSEO」、「ソーシャルメディア」、「リスティング広告」の4つになっており、これらをバランスよく行うことで効果的なホームページ制作になるのです。

そこで今回は、今後弊社が提案していくホームページ制作段階での集客方法である「SEO対策」と「ローカルSEO」、「ソーシャルメディア」、「リスティング広告」についてご紹介をいたします。

ホームページの集客法

ホームページ制作の集客法

ホームページの集客法というとやはり最も人気があるのがSEO対策になるのですが、現在のSEO対策は非常に難しく、基本的には御社が上位表示を狙っているキーワードで5位以内に入っているホームページはすべてのホームページで意識しているものになります。

そのため、少しでも早くホームページから成果を出したいと考えたときに、その他の対策を考えることが大切になります。

そして特に現在はウィズコロナと言われる状況になっていて、実際に弊社のクライアントさまにおいても、SEOで成果が出ているけれどもホームページの成果がまったくないという会社さまもいらっしゃるので、SEO対策だけに依存するのではなく、さまざまな対策を行っていくことが重要になってきます。

そしてこの対策法については、現在弊社が考えているのが、「SEO対策」と「ローカルSEO」、「ソーシャルメディア」、「リスティング広告」になっており、これらをバランスよく行うことで、実はシナジー効果も得ることが可能になるので、非常に効果的な対策とすることが可能なのです。

そしてこれらの対策は実はかなりの作業量になっておりますが、弊社ではSEO対策を行いながら、現在ローカルSEO対策を行っており、そしてもちろん弊社のお客さまのホームページに対しても実施しております。

では、具体的に、現在ですが弊社がどのようなことをしているのかについてご紹介をいたします。

SEO対策は記事作成とリライト

SEO対策

まずSEO対策においては、これまでは結構リライトを7割程度、新規ページ作成を3割程度の配分で行っておりました。

なぜリライトを7割も行っていたかというと、基本的には従来は原稿さえしっかりと書いていればSEO対策として効果を出せると考えていたのですが、グーグルのデータベースについて調べているとそれでは不十分であると理解をしたので、リライト作業を行っておりました。

このリライト作業は本当に時間のかかるモノでしたが、しかしそれなりに効果を出しており、実際に主要なキーワードでの検索順位を、詳しく言うと【ホームぺージ制作 大阪】で11位から8位、【ホームページ作成 大阪】で10位から7位まで高めているので、かなり効果的な対策になっております。

しかし、従来であればこの作業を続けていたのですが、しかし現在ウィズコロナの影響で、それぞれのキーワードについての成約率を調査してみると、実はこの弊社が主要としているキーワードでの成約率は大きく落ちており、代わりにニッチなキーワードでの成約率が向上しておりました。

そのため、このウィズコロナの期間において、弊社が行うべきSEO対策は、より多くのニッチなキーワードでの集客になってくると考えており、そのため現在弊社では、1日1投稿のペースで新規記事の公開を行っております。

ローカルSEOは投稿

ローカルSEO

そして次に弊社ではローカルSEO対策としてグーグルマイビジネスからの投稿を行っております。

このローカルSEO対策については、色々と調査をしたところ、投稿頻度と投稿数が大切だということがあり、さらにはこれは正確にデータを見ておりませんが、この投稿を行っていたところ、SEO対策をしばらく休んでいたのに、弊社の検索順位が少しだけ向上したという結果があります。

ただこのローカルSEOの投稿は、基本的にはツールなどを利用しないと予約投稿ができないことがあり、上げるために投稿を頑張ることはできますが、上がった後も継続するのは少し大変かなと思っております。

ただやはりSEO対策で主要なキーワードの成約率が落ちていることもあるので、弊社ではさらに多くの見込み顧客を集客するためにもローカルSEO対策をしっかりと行っていこうと考えております。

ソーシャルメディアは自動投稿で

ソーシャルメディア運用

そして現在ソーシャルメディアについては、現状SEO対策の作業量が多すぎるので、運用を行えておりません。

しかし、何かしらの対策を行っていかなくてはならず、少しSEO対策が落ち着いてから本格的に運用していこうと考えております。

現在行っている対策は、ツイッターの自動投稿だけになっており、この効果は現状ではほとんどないものになっております。

ただし、このソーシャルメディアの自動投稿は、SEOで有名な方なども行っているので、弊社でも一応行っているものになっております。

リスティング広告を検討中

リスティング広告運用

そして最後にホームページの集客対策として、費用がかかる代わりに労力がほとんどかからないのが、リスティング広告になっています。

このリスティング広告は、グーグルやヤフーなどの広告になっており、現状で検討しているのが、大体月額50,000円くらいで開始しようかと思っております。

ただ、現状では、行うことを躊躇しているのが、コロナになっており、現状成約率は低くなっているので、確かに訪問者数を増やせば成約率が低くてもお問い合わせ数は獲得できるのですが、費用対効果を見たときには現状でもSEOやローカルSEOで集客ができているので、もう少しSEOやローカルSEOの効果測定を行ってから検討しようと考えています。

SEO以外にも集客対策を行おう

ホームページ制作の集客はさまざま

現在、ホームページ制作の効果は、業種によっては飛躍的に成約率が低くなっている気がします。

そのため、従来のように闇雲なSEO対策ではなく、SEO対策を行うにしても、さまざまなニーズの訪問者を集客するための対策を行ったり、SEO以外の対策としてローカルSEOであったりソーシャルメディア、リスティング広告などを駆使する必要が出ております。

そしてこれらをバランスよく行うことで、シナジー効果が生まれるようになるので、非常に効果的なホームページの集客対策とすることが可能です。

集客対策でお困りの方はぜひ弊社に一度ご相談ください。

TOP

ホームページ制作実績