株式会社セブンデザイン SEOに強い大阪のホームページ制作会社

  • 2023.05.24

平均閲覧ページ数を改善してホームページから成果を出す

ホームページにおける平均閲覧ページ数の向上は、ビジネスの成功に直結します。想像してみてください、訪問者があなたのサイトでの滞在時間を延ばし、多くのコンテンツに触れることができたら、信頼と関心が深まり、結果として成約に繋がる可能性が高まります。これは、営業の現場でも同じ。一度の接触で多くの価値を伝えられることが、最終的な成果を生むカギとなります。

平均閲覧ページ数とは

平均閲覧ページ数は、ホームページの魅力や訪問者の関心度を知るための重要な指標です。この数値を理解することで、ユーザーがサイトでどれだけの時間を過ごし、どれほどの情報を取得しているのかを見極めることができます。

想像してみてください。ある日、友人のオススメの書店を訪れました。店内に入ると、たくさんの本が並べられていて、自然と足が止まり、何冊かの本の表紙や内容をチェックします。これは、その書店の魅力や興味を引く商品が豊富にあるためです。ホームページも同じように、訪問者が多くのページを閲覧したいと感じる内容が詰まっていれば、平均閲覧ページ数は自然と上昇します。

例として、私が最近訪れたあるサイトでは、自社の製品を紹介するページから、製品の詳しい使い方や実際の利用シーン、さらには関連する業界のトピックまで紹介していました。このように、1つのテーマを多角的に深掘りすることで、訪問者は興味を持ち続け、自然と他のページも閲覧することになります。

このように平均閲覧ページ数を高めるためには、ホームページの中身を充実させることが鍵となります。訪問者が「もっと知りたい」と思う情報を提供することで、自社のホームページの魅力を高め、成果に繋げることができるのです。

平均閲覧ページ数の目標値を定める方法

コンバージョンの種類から検討

平均閲覧ページ数の目標値を設定する上で、コンバージョンの形態を理解することは不可欠です。近年、ホームページ制作の現場で感じるのは、スマートフォンの普及に伴い、問い合わせ方法のシフトです。以前はメールフォームが中心でしたが、現在は電話が優先されるケースが増えています。スマートフォン利用者にとっては、電話がダイレクトで手軽です。

ただ、コンバージョンが電話にシフトしたとしても、訪問者が信頼を持ち、アクションを起こすための情報量やページ数は変わりません。メールの場合、フォームを経由する流れが3ページ必要なのに対し、電話では1ページで完結することもあります。しかし、その背景には、訪問者が情報をしっかりと吸収し、内容に納得した上でのアクションが存在します。

したがって、電話でのコンバージョンを考慮に入れつつも、目標とする閲覧ページ数は最低でも4ページを維持することが推奨されます。これにより、訪問者はサイトの情報を十分に消化し、信頼のもとでアクションを行うことができます。

総ページ数から判断

ホームページのページ数とその内容は、訪問者の興味や行動に大きく影響します。最近、ホームページのボリュームが増加しているのは、企業が多様な情報を提供しようとする結果です。当社の経験でも、初期のホームページ制作で20ページ前後が主流でした。しかし、時が経つと、スタッフブログの更新などで、ページ数は急増し、1年後には200ページを超えることも。

このボリュームの増加は、豊富なコンテンツを訪問者に提供している証拠です。そして、平均閲覧ページ数の目標値も、この総ページ数に応じて変動します。例として、総ページ数が500未満のサイトでは目標として4ページ、500から1,000ページの間では5ページ、そして1,000ページ以上では7ページとなります。

しかし、これはあくまで初期の指標であり、公開後の実際のデータを元に目標を再設定することが肝心です。ホームページの運営者と制作会社が連携し、リアルタイムなデータを基に、適切な目標値を見直していくことで、訪問者にとっての価値を最大化させることが可能となります。

流入経路ごとに検討

ホームページの成果を測定する際、流入経路ごとの平均閲覧ページ数は非常に参考になるデータと言えます。訪問者の行動は、どのルートからアクセスしたかによって大きく異なることがわかっています。

例えば、ソーシャルメディアからのアクセス。ツイッターやフェイスブック、インスタグラムといったプラットフォームでは、特定の内容に興味を持ったユーザーが直接ページにアクセスします。これは、ソーシャルメディアの投稿内容が魅力的であるため、興味を引き付けた特定のページだけを閲覧する傾向が強いのです。

一方、サーチエンジンからの流入は、ユーザーが特定のキーワードで情報を求めてアクセスしてきます。そのため、初めのページだけでなく、関連する他のページも探求する可能性が高まります。また、会社名での検索を行うユーザーは、企業に対する関心が高いため、複数のページをじっくりと閲覧することが一般的です。

このような流入経路の特性を理解することで、訪問者の行動や興味を予測し、より効果的なコンテンツ戦略を練ることが可能となります。そして、それに基づいて適切な平均閲覧ページ数の目標を設定することで、ホームページの成果を最大化させることができます。

平均閲覧ページ数の高め方

適切な内部リンクの設置

訪問者の目線に立つと、ホームページでの情報探索は一つの冒険のようなものです。彼らは有益な情報を求めてページを訪れますが、興味を引く内容や関連情報に出会えない場合、すぐに航海を終えてしまいます。

その解決策として内部リンクが挙げられます。特に、本文中のリンクは訪問者が深く関心を持つポイントであり、そこからさらに関連する情報に飛べる道を提供することは、訪問者にとっての価値を増大させます。その結果、彼らの滞在時間が延び、平均閲覧ページ数も増えるのです。

ただし、内部リンクはただ設置するだけでは効果は半減します。それは、私たちが何度もホームページ制作の際に経験してきたことです。リンク先のページの関連性や価値がなければ、訪問者はそれを無視してしまいます。そのため、設置するリンクは訪問者の興味やニーズに密接に関連しているものでなければなりません。

さらに、設置した内部リンクの効果を最大限に引き出すためには、定期的にアクセス解析を見返し、調整することが不可欠です。これにより、訪問者の行動をより深く理解し、彼らの期待に応える最適な内部リンクを提供することが可能となります。

離脱率の改善

ホームページの訪問者が何を求め、どのような行動を取るのかを深く知ることは、私たちの日常の業務の一部となっています。その経験から、離脱率の高いページは、訪問者の期待に応えられていない可能性が高いと感じます。

離脱率を改善するための最初のステップは、その原因を突き止めることです。内部リンクはその答えの一部を持っています。訪問者が求める情報や関連する内容に適切に誘導できるか、その流れが自然であるかを見直すことは非常に重要です。

設置された内部リンクが訪問者の関心を引くものであるか、または関連性が高いものであるかを確認するために、URLやアンカーテキストの変更だけでなく、訪問者の動線や興味の変遷を考慮に入れる必要があります。その上で、リンクの位置やデザインの微調整も行うことで、さらなる効果が期待できます。

アクセス解析は、このプロセスのガイドとなります。それを定期的にチェックし、調整することで、訪問者の行動や傾向を捉えることができます。そして、それを基に計画的にチューニングを行うことで、長期的な効果を実感できるでしょう。

コンテンツの見直し

訪問者の目線で考えることは、私たちWebライターの基本中の基本です。特にSEOの分野では、技術だけではなく、ユーザー体験の向上も非常に重要です。

コンテンツを最適化するために、私たちが何度も行っているのは、訪問者が求める情報や関心をしっかりと捉え、それを反映させる作業です。時には、一見完璧に思える文章も、訪問者の求める情報や感情に合致していなければ、成果に結びつかないこともあります。

そういった場面で、リライトの必要性を感じることがあります。コンテンツの追加や削除、文脈の変更など、様々な角度からアプローチしてみることで、訪問者の満足度を高めることが可能です。

また、ユーザー目線での改善だけではなく、内容の過不足やリンクの適切さも見直すことで、訪問者がスムーズに情報を取得し、さらに深くページ内を探索するきっかけを提供することができます。これが、平均閲覧ページ数の向上へと繋がるのです。

総じて、ホームページのコンテンツは生き物のようなもの。時と共に変化し、常に最適化を追求する姿勢が、訪問者にとって価値ある情報提供へと繋がるのです。

まとめ

訪問者がホームページ内での動きを広げる平均閲覧ページ数は、確かに成果に大きく関わります。多くのページを訪れることで、ユーザーはより詳しく情報を得られ、信頼や関心を深めることができるのです。

内部リンクの設置は、訪問者の行動を誘導する簡単な方法ですが、真の効果を追求するならば、中長期の取り組みが避けられません。特にコンテンツの質を高めるリライト作業は、時間はかかりますが、持続的な成果をもたらす可能性が高いです。

そして、気になるSEO効果。確かに、私たちの経験でも、SEOに優れたホームページは閲覧ページ数も高い傾向が見られます。これは、質の高いコンテンツとユーザビリティが、SEOと閲覧ページ数の双方に寄与していると感じます。

結論として、平均閲覧ページ数を高める取り組みは、サイト全体の質を向上させる大切なプロセスです。短期的なアクションも大切ですが、中長期の視点での取り組みが、真の成果をもたらす鍵となります。