大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

被リンクの用語解説

被リンクという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

被リンクとは、他のホームページにリンクをされることを言うのですが、なぜこの被リンクが大切になるのでしょうか。

そこで今回は被リンクの用語解説とその使い方をご紹介いたします。

被リンクがあると他のホームページから訪問者が訪れる

基本的に被リンクとは、他のホームページから自分のホームページへと向けられたリンクのことを言います。

そしてこの被リンクは、基本的にはユーザの移動を狙うものになっているので、自分で他のホームページにアドレスなどを掲載する際には、そのページを見た人がそのリンクをクリックしてくれることを考えてリンク設置を行うことが重要になってきます。

そしてもう一点注意点があり、それはリンクを掲載するホームページがしっかりとSEOなりソーシャルメディアなりに取り組んでいるかになります。

これらをしっかりと行っているホームページからのリンクであれば、もちろんそこまで多くのユーザが訪れるということはないのですが、しかし必ず効果があるものだということが可能になります。

上記の2点を検討して被リンク対策を行うことで、そのホームページの効果は飛躍的に高まり、御社の期待を超える成果を出せるようになります。

さらに被リンクにはSEO効果がある

そしてさらに被リンクには、SEO効果を高める役割があります。

このSEO効果を高めるバックリンクは、闇雲に行うのではなく、基本的には上記のように、そのリンクを本当にユーザが使ってくれるのかを検討して、リンクを掲載していくことが重要になってきます。

このリンクをただリンクを集めるための作業にしてしまうと、まったくSEO効果を得れないものになるので、しっかりとユーザが利用するリンクにすることが大切な要素になってきます。

基本的に現在のグーグルは、被リンク元のホームページを確認して、そのリンクが本当に価値があるかのチェックをしているのです。

そのため、単にリンクを集めるための対策にするのではなく、本当にユーザが活用するリンクを多く集めることで、そのホームページの成果は大きく高まって行き、御社の期待を超える被リンク効果を得ることが可能になります。

被リンク元に被リンクを行うのが良い

そしてこの被リンクにおいては、ただ掲載していくだけではなく、掲載した後にそのホームページに被リンクを行うとより効果的なものになります。

現在のグーグルは先述した通り被リンク元の確認もしているのですが、この確認方法はおそらく、そのホームページのそしてそのページのSEO状況であると思われます。

そのため、もちろん被リンク元のホームページに被リンクを1つや2つ付けたくらいでは効果がそこまで上がるとは言えないのですが、ある程度の被リンク数を増やしていくことで、非常に効果的な被リンクになってくるのです。

そしてこれらを行うことは非常に大切になっており、被リンク対策を行う際には、単に自分のホームページへと被リンクを行うだけではなく、自分のホームページにリンクしているホームページへも被リンクを行うと良いでしょう。

nofollowの被リンクはあまり効果がないが集めるべき

そしてリンクについて調べているとリンクにはdofollowとnofollowの2種類があり、dofollowは被リンク効果がありますが、nofollowは被リンク効果がないと言われております。

しかし、実際にSEOにはさまざまな基準があるので、一概には言えませんが、基本的にはソーシャルメディアからの被リンクはnofollowになりますが、弊社のクライアントさまにおいては、フェイスブックやツイッター、インスタグラムのみを運営してホームページを一切更新していない企業さまもいらっしゃいます。

そのような企業さまにおいては、dofollowのリンクが集まっていない、そしてホームページの更新も一切していないので原則SEO効果が高まることはないのですが、実際に時間はかかっていますが、着実に検索順位を上げているのです。

この理由はなぜなのかは弊社では分からないのですが、上位表示しているホームページもnofollowの割合が40%を超えるホームページであっても上位に来ていることもあるので、実際にnofollowの効果は少しはあるのではないかと思っております。

そのため、もちろん原則dofollowのリンクを集めていくことは大切ですが、dofollowだけではなく、nofollowのリンクも集めていくことで、そのホームページの成果を飛躍的に高めることが可能になります。

上位表示サイトの被リンク数

そして、SEOのための被リンク対策を行う方は、是非一度自分のホームページが狙っているキーワードで上位表示しているホームページの被リンク数を調べてみると良いでしょう。

この上位表示している被リンク数はもちろんキーワードにもよってくるのですが、さすが1ページ目であると感じるほどの被リンク数を獲得しており、決して簡単に追い抜くことができないほどの被リンク数になっております。

具体的な数値としては、弊社が現在被リンク数が600程度なのですが、1ページ目でもっとも被リンク数が少ないホームページでも1,200以上、さらには最も多いホームページで10,000を超す被リンクを獲得しております。

そのため、当然自社のホームページが1ページ目になるためには、これらのホームページよりも多くの被リンク数を獲得していかなければならないのですが、数で対抗するとなるとほぼ不可能なほどの被リンク数になっております。

そのため、数で勝てない代わりに質で勝っていくようにしなくてはならず、上位表示しているホームページよりも質の高い被リンクを多く集めることで、ホームページの被リンク効果は一気に高まり、上位表示が可能になるのです。

1ページの壁は被リンク

ツイッターなどでSEOについて調べていると、1ページ目の壁が非常に大きなものになっており、その大半が被リンク効果が非常に高いホームページが並んでいるのです。

もちろん2020年のSEOにおいては被リンクだけが評価の基準ではないので、一概に被リンクをすればいいというものではありませんが、正しい被リンク対策はSEO評価の一つになるので、ライバルと差が大きい場合は被リンク対策を行うことで、上位表示サイトとの差を縮めることが可能になります。

上記が、初めて被リンクについて学ばれる方にとって大切な情報になっており、これらを理解してしっかりと被リンク対策を行うことで、そのホームページは大きくSEO効果を向上することが可能になります。

TOP

ホームページ制作実績