HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ウェブデザイン作成と集客 - 飲食サイト制作で優先させるのは?

ウェブデザイン作成と集客!飲食サイト制作の優先は

飲食サイト制作においては、ウェブデザイン作成に力を入れる方が良いか、集客に力を入れる方が良いかでお悩みの方も多いと思います。

飲食サイトにおいては、ホームページ制作前にポイントをしっかりと検討すれば、どちらを重視すべきかが明確に分かります。

そこで今回は、飲食店のホームページ制作で、ウェブデザイン作成か集客か、どちらを優先させて対策を行うかをご紹介します。

飲食サイトは集客が大変

飲食サイトは集客が大変

飲食サイトは、ホームページを制作前に、しっかりと集客を考えなくてはいけません。

よくホームページ公開後に提案する集客対策は、SEOとソーシャルメディアになります。

ただし、どちらもそれなりに努力が必要になっていて、これまでの経験値で言うと、適切な対策を行ったとして、ソーシャルメディアが半年、SEOが3年でしょうか。

ただし、SEOについては、3年以内にも効果が出ており、SEOをやって本当に良かったと思えるレベルが3年です。

このように飲食サイトは、ホームページ制作よりも、実は公開後に行うサイト運営や運用の方が労力が多く必要で大変です。

ただし、集客対策は、実はそれほどコストがかかるケースはありません。

もちろん、例えばSEOやソーシャルメディア運用を完全に業者に丸振りするなどであれば、月額50万円くらいは予算が必要になります。

正しいサイト運営やソーシャルメディア運用を行っていれば、専門業者ほど、短期間では理想通りの結果にはなりませんが、無料で期待通りに成果を得れます。

そのため、実は集客は大変で努力は必要ですが、努力をし続けていれば必ず成果を出せます。

まずこれを基本的なポイントとしてホームページ公開前に理解をします。

そしてその努力量が多い場合は、実はウェブデザイン作成に力を入れるという方法もありますが、その際には、1つでも良いので集客が必ずできるルートが必要になっています。

このように集客ルートが明確であれば、ウェブデザイン作成を優先させることで、期待通りの見込み顧客を集客できるようになります。

集客ルートが明確ならウェブデザイン作成

集客ルートが明確ならウェブデザイン

集客ルートが明確で、さらには確実に人を集めれる自信がある場合は、ウェブデザイン作成に力を入れても問題ありません。

例えば、グルナビに掲載したリンクをクリックしてくれるユーザーや、食べログからソーシャルメディアへ、そして御社サイトに訪問してくれるなどが明確に分かっている場合です。

このように集客ルートが明確な場合は、人を集めるために、大変なサイト運営努力が必要になる対策を行うよりも、成約率を高める方が重要になります。

成約率を高める方法は、ホームページを制作する際に、コンテンツ内容を最適化や、ウェブデザイン作成に力を入れましょう。

特に御社だけでは、どうしようもない対策がウェブデザイン作成です。

ウェブデザインは、Webサイト制作会社が以下ポイントに気を付けて作成してくれます。

  • 業種にあったウェブデザイン
  • クライアント要望を満たす
  • ユーザーが魅力に感じる

3点をベースにウェブデザインは作成されます。

上記を満たすために、ワイヤーフレームを作成し、各ページで表示させる要素を確定します。

さらには、ペルソナ手法と言われるターゲットを明確化させる手法を駆使して、ターゲットに対して最適なウェブデザインを作成するのです。

ペルソナ手法について、もう少し詳しくご紹介をすると、ホームページを見るユーザーを明確にして、ユーザーになりきってウェブデザインを作成する手法です。

例えば、以下を設定をします。

  • 氏名:山田花子
  • 年齢:28歳
  • 性別:女性
  • 結婚:未婚
  • 年収:400万円
  • 所在地:大阪市内在住
  • 家族:夫、長男(3歳)・次男(1歳)
  • 趣味:ジム・コスメ・旅行・ネットサーフィン
  • ソーシャルメディア:ツイッターを頻繁に利用
  • 交友関係:飲食店経営者が多い

上記は例ですが、具体的なターゲット像を定めましょう。

このユーザーに対して適切なウェブデザインを作成することで、ざっくりと飲食店サイトを見たいと考えているというターゲット像よりも優れたウェブデザインが作成できます。

上記がユーザーが魅力に感じるウェブデザインを作成する手法で、後は同業種のウェブデザインをとにかく多く閲覧し、傾向を掴みます。

そうすれば、ホームページに訪問した見込み顧客が、これは何のホームページかを明確に分かり、期待以上の成果を生み出せます。

そして最後に、クライアントの要望を満たす方法で、これがもっともウェブデザイン作成で難しいです。

実際に当社では、具体的に教えて欲しいと言っても、なかなか良い回答が得られないため、基本的には参考サイトを提示いただいています。

参考サイトのどこが良いと感じるかや、細かなことは分からないが、雰囲気的とおっしゃっていただければ、その特徴を分析し、ウェブデザインに反映させます。

このウェブデザイン作成を実施すれば、集客ルートが明確な飲食店のホームページ制作は、飛躍的に効果を生み出します。

さらには、集客を気にしなくても良いため、サイト運営も集客対策を実施するときの1/10程度になるのも大きいでしょう。

ただし、集客ができなければ、どの集客ルートから人を集めるかを検討し、しっかりとサイト運営を継続する必要があります。

適切な飲食業のホームページ制作は成果が出る

適切な飲食業のホームページ制作で成果を出す

飲食業のホームページ制作において、集客とウェブデザイン作成のどちらが重要かと言うと、基本的には集客対策です。

どんなに優れたウェブデザインを作成したとしても、見込み顧客が訪問してくれなければ、成果を出せません。

ただし、例えば、グルメポータルサイトや、今運用しているソーシャルメディアから人が集まると断言ができるのであれば、ホームページはウェブデザイン作成を意識して制作しましょう。

集客がどうなっているかを検討して、適切な飲食業のホームページ制作を行えば、最小の努力で最大の成果を出せます。

現在のホームページ制作においては、飲食業に限らず、すべての業種で集客が重要です。

しかし、集客ルートが明確に存在している場合は、ウェブデザイン作成が重要になっていて、これらをしっかりと行うことで、本当に成果が出るホームページ制作となるのです。

最後に、集客はどんな業種であっても確かに大変な労力が必要です。

ただ、正しい努力を行えば、必ず成果が出るため、集客は大変だからやらないと検討もせずに諦めるのではなく、しっかりと検討して無理のない対策スケジュールを立てましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP