大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

競合サイトのSEO調査法

競合サイトのSEO調査

現在のWeb制作にはSEOが必須と言っても過言ではなく、SEOを行っている方は、必ず競合サイトのSEO調査を行う必要があります。

競合サイトのSEO調査を行うことで、具体的にどれくらいの作業を行えば、SEOで成果が出るのかの予測が立てるようになり、スケジュールに基づいたSEOが行えるので、SEO作業の効率化を図ることが可能になります。

ただし、SEOは200を超えるアルゴリズムから決定しているため、この調査結果を活かして数値データは目標を達成していたとしても、その他の要素で競合サイトに負けていると、上位表示ができないものになっております。

SEOは競合サイトより優れること

競合サイトよりも優れる

Web制作後にSEOを行われる、あるいはすでに行っている方は、SEOの基本概念として、SEOは競合サイトとの競争であることをご存知と思います。

SEOにおいては、競合サイトよりも詳しく人気があるホームページを制作することで、自然と検索順位は高まるようになっているのです。

そのため、基本的には競合サイトを調査して、その調査結果をもとに、どのようなSEO施策をどれくらいの量行うかを考えることが大切になっております。

ただし、SEOは200を超えるアルゴリズムから決定しているため、競合サイトの調査を行い、その調査結果を利用すれば、100%競合サイトに勝てるということはないので、あくまで一指標として判断をしていく必要があります。

ただし、たとえ競合サイトに検索順位が負けていたとしても、SEO調査を行い改善を行うことで、調査を行う前の検索順位と比べると、必ず御社のホームページは検索順位が向上するものになっております。

競合サイトのページ数

ページ数

まず初めに競合サイトのページ数を調査します。

これは最も詳しいホームページには必要な要素になっており、正確な数値ではないのですが、例えば弊社のホームページであれば、グーグル検索で【site:sevendesign.biz "Web制作"】と言うように「site:ドメイン名 "上位表示したいキーワード"」と検索を行います。

この検索を行うことで、弊社のホームページ内に、Web制作に関係するページがどれくらいグーグルに認識されているかを知ることが可能なので、最も詳しいホームページとするためにも、必ず競合サイトのページ数をカウントするようにしましょう。

そして競合サイトのページ数を上回るために、新規ページ作成を行うのですが、その際に、闇雲にページを作成してはならず、作成するページがWeb制作に関連する内容であり、さらにはユーザのためになるコンテンツが掲載されていることで、御社のホームページはどんどん詳しいホームページになり、SEO効果を高めることが可能になるのです。

ページの質の確認

質

次に、ページ数は競合サイトに勝っているのに、思うほど検索順位が上がらないことがあるのですが、この場合は作成したページの質を高める必要があります。

この質については、そのページを読んだときに優れているページであることが大切になるのですが、しかし優れているかどうかは自分で読んでみても、なかなか判断ができないものになっております。

もちろん、読んでも質は分からないから適当に記事を公開して良いというものではなく、基本的には記事を作成する際には、ユーザの質SEOの質の両方を高めることが大切になっているのですが、これも実際にそのページを見たときに感じる印象は人によって異なるので、正確な質の判断を行うことができないのです。

そこで弊社がこのページの質を確認するときに利用するのが文字数と画像枚数になっており、もちろんSEOの質とユーザの質が高いことは前提になるのですが、そこにさらに文字数や画像枚数を検討することで、より効果的なSEO調査となるのです。

ただ闇雲に文字数を調べるのではなく、例えばスタッフブログよくあるご質問は文字数が必要だけども、会社案内新着情報はそれほど文字数は関係がないというように、コンテンツごとに適切な文字数を算出して調査を実施しております。

そして例えば新着情報においては、文字数が少なくても良い場合は、1ページや2ページの新着情報を改善するのではなく、新着情報すべてのページでボリュームを減らすことがSEOには大切になっていると思います。

こうすることで、グーグルがホームページのそれぞれのページを認識するときに、コンテンツごとの適切な原稿量を把握することが可能になり、グーグルがホームページの情報を正しく認識してくれるようになるため、SEO効果を倍増することが可能になるのです。

また、新着情報などで文字数を減らすことは、Web運営の中で新着情報を更新する際に、原稿量を書かないといけないと悩まなくても良くなるため、Web制作においては、非常に重要であると弊社では考えております。

露出の確認

露出

現在のグーグルはホームページの内だけではなく、外も見ております。

そのため、競合サイトの調査を行う際には、ホームページ内だけではなく、ホームページ外も調べる必要があります。

このホームページ外の調査を行う方法として、競合他社の「社名」と「電話番号」、「住所」、「URL」の4つをグーグル検索を行ってみて、競合サイトがどれくらいの露出を行っているかを調査します。

そして競合サイトが打ち出している情報サイトで御社のホームページも掲載できる場合は、しっかりと登録作業を行うことで、御社のホームページは競合サイトに負けない露出数へと成長させることが可能です。

また、単に検索を行うだけではなく、「ツイッター」や「インスタグラム」、「フェイスブック」などのソーシャルメディア検索なども行い、競合他社がどれくらいソーシャルメディアでの露出を行っているかもしっかりと調査するようにしましょう。

露出についてはWeb制作後のSEOには非常に大切になりますが、意外と行われない会社さまも多いので、しっかりと確認して対策を行うことが大切になります。

被リンクの確認

被リンク

そして最後に競合サイトの被リンク調査を行います。

この被リンク調査では、Ahrefsという無料ツールを利用して、どれくらい被リンクを獲得しているのかや、ざっくりとどのようなホームページから被リンクされているのかを調査します。

ただしこの被リンクの調査結果をもとにした被リンク対策を実施する際には、被リンクの基礎知識をしっかりと身に着けた状態で行うことを推奨しております。

現在のSEOでは、SEOの中でもっとも難しいのが被リンクであると言っても過言ではなく、質が低い被リンクは、行っても無効化されることも多くあるので、ある程度被リンクの知識がある状態で被リンク調査を行うことで、効率の良い被リンク調査とWeb制作後の被リンク対策とすることが可能になります。

SEOの調査結果を利用しよう

SEO調査

上記が弊社が行っている競合サイトのSEO調査法になっております。

そして実際にこの調査方法は、弊社がホームページを制作したらお客さまにもお伝えするものになっており、SEOを行っているお客さまにおいても定期的にSEO調査を行っています。

そしてこの調査方法を説明させていただく際に、毎回お話しているのが、「SEO調査を行うだけではなく、このSEO調査は正しいSEOを行うためのデータとなっているので、調査をして満足せずに、調査後には必ずSEO作業を行ってください」とお願いをしております。

当たり前の話ですが、SEO調査を行っても御社のSEO効果が上がることは絶対にありませんので、しっかりと調査結果をもとにしてWeb制作作業やSEO作業を行っていかなくてはならないのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績