大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

SEO・SEM
2014/8/30

SEOに効果的な良質なコンテンツの解説と作成法

現在、SEO対策において、最も効果的な対策は、良質なコンテンツを作成することと言われています。

しかし、良質なコンテンツとは、どのようなものか理解されている企業様は少なく、スタッフブログなどの更新しやすいコンテンツをワードプレスなどで作成し、定期的に自社内でホームページの更新を行うにとどまっております。

ホームページを更新すること自体は、SEO対策としてマイナス効果になることはありませんが、良質なコンテンツとして作成していかなければ、その成果が出るまでに非常に多くの時間がかかってしまうため、せっかく更新を行うのであれば、必ずコンテンツの質も意識してページを作成していかなくてはなりません。

そこで今回は、SEO対策にとって効果的な良質なコンテンツのご説明と、その作成法についてご紹介いたします。ホームページの更新を定期的に行っているにも関わらず、なかなか成果の出ない企業様のご参考になりましたら幸いです。

グーグルの使命

グーグルにとって、良質なコンテンツを作成するためには、グーグルが「どのような目的でサービスを提供しているのか」や、「どのようなホームページを検索エンジンユーザに対して紹介したいと考えているのか」を知るために、グーグルの使命を一読しておかなくてはなりません。

グーグルは、グーグルの使命について、「Googleの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。」と紹介しております。

この使命は、言い換えると、「世界中にあるホームページの情報を収集し、検索者のニーズに最も合致するwebサイトを上位表示させ、紹介していくこと」になります。

そのため、SEO対策を考慮した良質なコンテンツを制作する際には、SEOテクニックによる対策はもちろん重要ですが、それ以上に、検索エンジンユーザのニーズに応えることができるコンテンツを作成することが重要になります。

「Googleの使命」はこちら

グーグルが考える良質なコンテンツとは

グーグルの使命からも分かるように、グーグルが考える良質なコンテンツとは、検索エンジンユーザにとって、本当に役立つコンテンツのことを言います。

以下に、検索エンジンユーザにとって、本当に役立つ良質なコンテンツの作り方についてご紹介いたします。

オリジナルの内容を作成

他のどのホームページにも掲載されていない内容を公開しているコンテンツは、御社のwebサイトに訪れたユーザにとって、非常に満足度の高いものになります。

オリジナルの内容というと、同業他社と同じような内容以外は難しいと考えてしまいがちですが、ここで言うオリジナルとは、他のホームページから原稿や画像をそのまま取ってきたページではなく、御社自身の言葉や表現で作成したページのことを言います。

他のwebサイトの原稿や画像をそのままコピーしているホームページは、コピー元のホームページと、同じキーワードでの検索結果に表示されてしまうため、検索エンジンユーザの満足度の低下に繋がってしまいます。

そのため、似たような内容になってしまうとしても、必ず御社独自の表現や文章で、ページを作成していかなくてはなりません。

また、他のホームページからだけではなく、自社サイトにおいても同様に、キーワードだけを変更したまったく同じようなページを複数制作することは、グーグルからの評価を落とす原因となるため、注意が必要です。

競合他社よりも詳しい内容を作成

競合他社のホームページと、同じような情報しか掲載されていないホームページでは、検索エンジンユーザにとって、役立つコンテンツと言うことができません。

ある検索ワードで検索結果に表示される全てのホームページが同様の情報しかなければ、検索エンジンユーザは、そのキーワードで検索を行うことを諦めるしかなく、検索エンジンユーザのグーグルへの満足度の低下に繋がってしまいます。

そのため、グーグルは、少しでも詳しい内容が掲載されているホームページを上位表示させようと考えています。

競合他社のホームページに掲載されている内容を参考にして、コンテンツを作成することは重要ですが、その情報に御社独自の情報を加え、競合他社よりも検索エンジンユーザにとって、満足感の高いページを作成しなくてはなりません。

読みやすさと理解のしやすさを意識

競合他社よりも詳しい内容を作成していくことで、どうしても文章量が多くなってしまい、訪問者にとって、読みづらく、理解のしづらいコンテンツとなってしまいます。

読みづらく、理解のしづらいページは、どんなに良いことが書いてあっても、訪問者にとって、御社が記述している内容の半分も理解することができなかったり、途中で読むことを辞めてしまう可能性もあります。

そのようなページをグーグルは、検索エンジンユーザの満足度の低いページであると認識し、どんなに良いページであったとしても、良質なコンテンツとして認めてくれることはありません。

そのため、必ずページを公開する前に、そのページの原稿が読みやすく理解しやすい内容かどうかの確認や、文章だけでは伝わりづらい箇所は、画像などを利用するなど、公開しているページの内容について、まったく知識のない方であっても、理解できるようなページを作成しなくてはなりません。

信頼性のあるコンテンツ作り

コンテンツを作成する際には、曖昧な情報が一切ないコンテンツ作りを心掛けなくてはなりません。

例えば、コンテンツ内容の根拠が明確であることや、引用を行う場合は出典元がはっきりとしていること、不確かな事柄については、不明であることを明記するなど、訪問者にとって信頼できるコンテンツ作りを行うことが重要になります。

信頼性の高いコンテンツは、訪問者の満足度も高くなるため、グーグルは良質なコンテンツであると認識してくれます。

誤字と脱字のチェック

誤字と脱字の多いホームページは、訪問者にとって不信感を与えてしまいます。

グーグルは、検索エンジンユーザにとって、不信感を与えるホームページを評価することはないため、必ずページを公開する前には、誤字と脱字の確認をしなくてはなりません。

安心して利用できる

訪問者に、安心して御社のwebサイトを活用してもらうために、ホームページのセキュリティーレベルを高めることも重要です。

例えば、お問い合わせなどの個人情報を入力するコンテンツは、SSL領域に設置することや、サーバ証明書の取得を行い、訪問者の信頼性を高めることで、グーグルからの評価を向上させることが可能です。

このページのトップへ