HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

分かりやすいホームページ制作は成果が出る

分かりやすいホームページ制作は成果が出る

分かりやすいホームページ制作とは、訪問者はもちろんですが、検索エンジンに対しても意識しなくてはなりません。

例えば、訪問者が見たときに、どこにどんな情報があるかが分かれば、回遊率は飛躍的に高まりますし、検索エンジンも適切に情報が配置したほうが高い評価をしてくれます。

そこで今回は、当社が考える訪問者と検索エンジンに対して、分かりやすいホームページ制作がどんな内容になるかをご紹介します。

分かりやすいホームページ制作とは

分かりやすいホームページ制作とは

分かりやすいホームページ制作とは、訪問者に対してはもちろんですが、検索エンジンに対しても分かりやすいことが大切です。

訪問者に対して分かりやすいホームページであれば、ユーザーが求めている情報を見つけやすくなり、高い成約率を獲得できます。

検索エンジンに対してであれば、クローラーがウェブページを発見し、正しく認識ができるため、さまざまなキーワードで上位表示を実現可能になります。

昨今では、この分かりやすいを再現しながら、クライアントニーズを満たすことが重要になっています。

実際に、ウェブデザイン性が優れているや、さまざまなテクニックを駆使しているなどに比べ、経験では、成果を出せる確率が高いと感じます。

その理由は、訪問者と検索エンジンは、実はそれほど優れたウェブデザインやSEOテクニックを求めていないと思います。

逆に手を加えすぎてしまい、見栄えを追求しすぎたり、SEOテクニックをフンダンに利用して、逆に検索エンジンが理解しづらい方が問題です。

もちろん、シンプルであれば良いという端的な話ではありませんが、過剰に手を加えてしまって逆に分かりづらいものは問題があると判断をしなくてはなりません。

昨今は、ユーザー目線や、SEOに強いホームページ制作という言葉が流行っていて当社でも利用しています。

これら2つをまとめると、分かりやすいを追求すれば、自然と高い成果を発揮できるようになるになります。

では、もう少し具体的に訪問者と検索エンジンに対して、どうすれば分かりやすいかをご紹介します。

訪問者に分かりやすいホームページ

訪問者に分かりやすいホームページ

訪問者に対して分かりやすいというのは、一言でいうと、ユーザー目線のホームページ制作になります。

例えば、各ウェブページの内容が整理され、サブディレクトリーにしっかりと格納されているかや、リンクがクリックしやすいかなど、さまざまなポイントがあります。

ホームページ制作の流れとしては、基本的には、提案段階からサイトマップ、当社であればディレクトリーリストとサイトマップで構成は提案されています。

そしてこの構成やサイトマップをしっかりとユーザー目線で確認すれば、訪問者にとって非常に分かりやすいホームページとなります。

また、さらには、リンクや本文についても意識が必要です。

設置されるリンクは、ウェブデザイン作成段階で提案してくれると思います。

サービス提供体制にもよりますが、当社ではすべてのウェブページのウェブデザインは作成しておりません。

ただ、例えば、サービス詳細ページを3,4ページ作る場合は、すべてのウェブデザインを作成するではなく、ひな形になる1ページだけウェブデザインを作成しています。

そしてそこに設置されたリンクを確認すれば、同じ仕組みで、他のサービスページもリンクが設置され、それが本当にユーザー目線になっているかを確認します。

最後に、原稿作成になるのですが、当社で言えば、ウェブライターが在籍していないため、クライアント自身で原稿作成を行っていただいています。

この原稿作成でも同様で、ユーザーにとって本当に魅力的で、御社が伝えたい内容が伝わるかが大切です。

もちろん、何もない状態で原稿作成は行っていただいておらず、どんな原稿作成がユーザー目線になるかをレクチャーしています。

その他にも、さまざまなポイントはありますが、全体をユーザー目線にすれば、高い成果を発揮できるようになっています。

ここで注意が必要になっているのが、例えば、御社は何もない状態でユーザーのためになるかどうかを考える訳ではないと思います。

例えば、ライバルサイトを閲覧して、この機能が良いと思ったら、その機能を参考にすると思います。

しかし、ライバルサイトが利用していて、ユーザーの分かりやすさになると思った内容でも、自社サイトに実装したときにどんなイメージになるかを明確にしましょう。

ライバルサイトでは非常に便利な機能に思えたとしても、御社サイトでは100%利用がしやすくなるとは限りません。

そのため、本当に必要な機能かを考えて、発注業者へ依頼すれば、適切な対応を行ってくれます。

この訪問者目線で分かりやすいホームページ制作とするのは、新規やリニューアル時がベストになっています。

サイト運営で、できない訳ではありませんが、複雑性が向上し、予算や納期が増えてしまう可能性があります。

検索エンジンに分かりやすいホームページ

検索エンジンに分かりやすいホームページ

ここで言う検索エンジンとは、日本であれば、グーグルとヤフージャパン、マイクロソフトビングの主要な3つの検索エンジンになっています。

その他の小さな検索エンジンについては、大変申し訳ございませんが、仕様が分からないため、省略しています。

ホームページ制作後にSEOを行われる企業は本当に多いと思います。

このSEOでは、多くの場合で、原稿作成や被リンクが着目されますが、実は分かりやすいホームページ制作も大切です。

これまでの経験で言えば、当たり前の内容にはなってきます。

例えば、昨今は、ワードプレスを実装したホームページ制作が当たり前になったと思います。

ただ、実際にワードプレスの全体像を把握しているWebサイト制作会社は非常に少ないです。

そのため、カスタマイズ内容次第では、実はSEOに最適化されないというケースも見かけられます。

また、さらには、各カテゴリーで親子関係を明確にしていないと、検索エンジンは非常に分かりづらいと判断してしまうケースもあります。

もちろん、これらはすべてWebサイト制作会社が行うものになっていて、しっかりと対応していけば、高いSEO効果を得れます。

また、クライアントのサイト運営で直結するのが、重複コンテンツやカニバリゼーションです。

重複コンテンツとは、まったく同じ、あるいは、非常に似ているウェブページが複数ある状態を言います。

カニバリゼーションとは、最終的には検索エンジン次第ではありますが、同じニーズのウェブページが複数ある状態に発生します。

この2点は実は検索エンジンから、特定のキーワードで検索をしたときに、どちらのウェブページを上位表示させて良いかが分からず、分かりづらいホームページと言えます。

このように技術的な問題から、原稿まで、検索エンジンの分かりやすさを追求するには、さまざまな点に注意が必要です。

一点だけ特に気を付けて欲しい内容が、基本的にはワードプレスにおいては、検索エンジンの認識に最適化されています。

そのため、実は大掛かりなカスマイズをしない限りは、その認識からずれるということはありません。

カスタマイズするとSEO効果が下がるというものではなく、どちらかと言うと、業者がどれくらいワードプレスを理解しているかが分かりやすさに重要です。

分かりやすさを追求したホームページ制作で成果を出す

分かりやすさを追求したホームページ制作で成果を出す

上記が分かりやすいホームページ制作になっていて、この分かりやすさを追求すれば、御社の期待通りに成果が出るよう成長します。

もちろん、上記は御社やWebサイト制作会社が考えた分かりやすいになっているため、大切なのはサイト運営です。

このサイト運営では、グーグルアナリティクスなどのアクセス解析を利用して、実際にユーザーの足跡から、分かりやすいを追求が可能です。

そして、最適化されていけば、期待通りの成果が期待以上に向上していき、本当に作って良かったという結果になっていきます。

実際に、これまでまったく分かりやすさを追求していなかったクライアントにおいては、かなりの作業量が必要になっています。

ただ、一気にすべてを行う必要はなく、少しずつでも着実に実施していけば、最終的には本当に分かりやすいホームページ制作となります。

もちろん、クライアントだけではできない箇所も多いと思いますので、業者のサポートを受けて対策を行いましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP