セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.12.06

ホームページの集客はユーザー目線を追求した結果

これからホームページを制作する方は、集客テクニックを駆使しなければ、成果が出ることはないと考えている方が多いと思います。

もちろん、そういった一面もありますが、しかし世に言われている集客テクニックに取り組むよりも、ユーザー目線のホームページへと成長させることの方が重要です。

ホームページの集客は、ユーザーのためのホームページへと成長させた結果であり、現在では集客テクニックだけを駆使しても、成果が出る可能性が高くありません。

ホームページの集客とユーザー目線の関係性

従来のホームページ制作では、テクニックさえ使えば、集客することができていました。

例えば、SEOで言うと、文字数が多いページ数さえ多ければ、該当ページはもちろん、関連性も高まるのでトップページなどの検索順位も上がっていました。

しかし、現在のSEOでは、サーチエンジンの文章や画像を理解する能力が高まっているので、文字数が多いやページ数が多いだけでは上位表示ができず、ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供していなければ検索順位が上がらなくなりました。

また、SNSで言うと、従来はフォロワー数さえ多ければ、URLだけを投稿したとしても、一定数以上のユーザーがリンクをクリックしてくれるので、集客力が高まっていました。

しかし、現在のSNSユーザーは、有益なアカウントの情報でなければ信頼してくれず、ましてリンクをクリックしてくれることがなくなったのです。

現在のSNSユーザーでは、信頼できるか方が紹介しているくらいリンク先のホームページには有益な情報が公開されていると考えて、リンクをクリックしてくれるのです。

このように、現在の集客対策においては、ホームページがユーザー目線でなくてはならず、ユーザーに価値あるコンテンツを提供して初めて成功する時代になっています。

ユーザー目線のホームページは集客だけではなく成約力も高い

現在のホームページの集客は、ユーザー目線でなければ成果を発揮できません。

またホームページをユーザー目線へと成長させることは、単に集客効果を高めるだけではなく、成約力も高めることができるのです。

ユーザーは、ホームページに訪問すれば、なんとなく問い合わせや商品購入を行ってくれるわけではなく、見ているページがどれほど自分に役立つ情報かを判断したうえで、成果に繋がるアクションを起こしています。

すなわち、サイト全体がユーザー目線へと成長すれば、どのページから訪問者が訪れたとしても、成果に繋がるチャンスが生まれます。

ユーザー目線のホームページ制作は、集客だけではなく、成約対策としても効果を発揮するので、効率の良いサイト運営を実現することができるのです。

まとめ

ホームページ制作において重要なのはユーザー目線です。

SEOではサーチエンジンの技術レベルが向上してコンテンツの品質を見られるようになり、さらにはSNSではユーザーが役立つ情報でなければリンクをクリックしてくれなくなりました。

そのため、現在のホームページの集客では、徹底したユーザー目線を追求することが重要になり、さらには良質なページであるほど成約率も高まるので、御社の期待以上の成果を実現できるようになります。