セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.06.25

ホームページリニューアル中に行える無料の集客対策

ホームページのリニューアル中、停滞期間を無駄にせず、無料の集客対策を積極的に推奨しています。多くのお客様から「リニューアル後の早期の成果を期待する」との声を頂戴しており、その要望にお応えするための取り組みです。今回、その具体的な無料集客対策の詳細をお伝えします。リニューアルの過程で、集客力を高めるヒントを探してみましょう。

リニューアル中に行える無料の集客対策

SEOのためのブログページの作成

ブログページの作成は、ホームページリニューアル中の集客対策として、多大な効果を発揮する方法のひとつです。私たちの経験上、ブログページを設けることで、SEOの観点から見ても、新しいキーワードでのアクセスが増え、サイトへの流入が増加します。特に当社の制作実績にあたるANA・JAL株主優待即納サービスでは、リニューアル期間に数多くのブログページを作成することで、劇的な成果を得ることができました。

さて、具体的にはどういった作業を行ったのかというと、お客様の要望やユーザーの興味を引きそうなトピックに基づいて、一つ一つのブログ記事を構築しました。マイクロソフトのワードを利用することで、文法や言い回しのミスを防ぐ工夫も行いました。これにより、質の高いコンテンツの提供が可能となり、検索エンジンからの評価も上がりました。

しかし、ただ記事を書くだけでは十分ではありません。内容の質を確保し、ユーザーにとって価値のある情報を提供することが重要です。この点を念頭に置き、記事の最終確認やリライトを欠かさず行っています。こうした一連の取り組みが、SEOの効果を最大化する秘訣と言えるでしょう。

ポータルサイトへの登録

ポータルサイトへの登録は、リニューアル中のホームページが集客力を増す一つの手段として推奨されます。ドメインの変更がない場合、すでにリンクしているポータルサイトへの登録は引き続き利用できる大きなメリットがあります。

最近のサーチエンジンの動向を見ると、低品質な被リンクを無効化する傾向が強まっています。そのため、昔のように無差別にポータルサイトへ登録するだけでSEO効果が出るわけではないのです。しかし、適切に選択されたポータルサイトへの登録は、確実に効果をもたらします。

例を挙げれば、当社が手がけたウィズカッパーのサイトでは、リニューアルの際に特定の業界向けのポータルサイトへの登録を積極的に行いました。その甲斐あり、公開から半年ほどで、顕著な検索順位の向上を実感しました。驚くべきことに、新規ページの追加はそれほど行っていないにも関わらず、この結果を得られたのです。

この実績からも、ポータルサイトへの登録の影響が非常に大きいことが伺えます。ただし、登録するポータルサイトの選択は慎重に行い、ユーザーの視点を忘れずに、質の高いリンクを意識して進めることが重要です。

ソーシャルメディアでフォロワーの獲得を狙う

ソーシャルメディアを活用することは、現代のホームページ運用において、SEOと並ぶ強力な集客手段となっています。しかし、シンプルに運用を開始しても、すぐに結果が出るわけではありません。

私たちが直面する最大の課題は、ソーシャルメディアでのフォロワーの獲得です。新たにソーシャルメディア運用を始める際、先行きの見えない中での投稿は、多くの方々にとって難易度が高いものです。そこで、成功している他のアカウントの活動を参考にすることが、一つの鍵となります。

成功例を見ることで、どのような投稿が反応を得やすいのかや、ユーザーとの適切なコミュニケーション方法を学ぶことができます。この経験を基に、自社のソーシャルメディア戦略を構築していくことが、次第にフォロワー数の増加につながります。

そして、リニューアル期間を有効活用してフォロワーを増やすことができれば、リニューアル後のホームページへの集客にも大きな効果を発揮します。新しいホームページの告知や情報発信を通じて、高い集客力を持つソーシャルメディアの利点を最大限に活かすことができます。

まとめ

ホームページのリニューアル期間は、新しい風を取り入れるだけでなく、集客対策を進める最適なタイミングともいえます。今回、紹介した無料の集客対策は、原稿の充実や業界特有のポータルサイトへの登録、さらにソーシャルメディアの活用という三つの柱から成り立っています。

確かに、これらの手段はリニューアル後にも取り組むことができます。しかし、早期に取り組むことで、リニューアル完了後にスムーズに集客効果を感じることができます。特に、オンラインの世界では「早さ」が大切です。そこで、これからホームページのリニューアルを検討している方々に、この機会を活かして上記の集客対策を進めることを、心から推奨いたします。