HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

メタキーワードの前にSEOで大切な対策を行おう

メタキーワードのSEO優先順位

メタキーワードを設定するともしかしたらSEO効果があるとメタキーワードはホームページ制作に必要かでご紹介はしています。

こちらの記事は、公開自体は2020年ごろに行っていて、リライトで日付が変わっています。

実際に弊社がホームページ制作実績の会社さまに、メタキーワードを導入してみた経験から優先順位は低いと考えに至った理由をご紹介します。

メタキーワードは無視される

メタキーワードとは、ホームページのすべてのページに導入ができるタグを言います。

こちらのタグを導入することで、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンに個々のページで重要キーワードを伝えることができました。

ただし、これは昔の話になっていて、現在では検索エンジンのすべてが無視しているようです。

その理由は、スパム行為になっていて、メタキーワードに重要キーワードを入れれば検索順位が上がるということで、多くの企業がトップページに重要なキーワードを入れたのです。

実際に、2010年ごろにおいては、これだけの対策で上位表示を行えていた会社があるほど強力だったと思われます。

ただし、現在においては、このようなスパム行為が氾濫したこと、さらには検索エンジンの技術革新により、なくても認識ができるようになっています。

そのため、一般論としては、不要なタグにはなっていたのですが、実は恐らく重要になるであろうキーワードで検索したときに、上位表示しているホームページが導入していたのです。

そのため、弊社でも本格的に調査を行うこととしましたので、その調査結果をご紹介したいと思います。

実際に導入してみた

実際にメタキーワードを導入した会社は、ホームページ制作実績の6社になります。

  • SEO効果を出している
  • 下層ページの検索順位は高い
  • 検索順位が総じて低い

検索順位をベースにして、それぞれで2社ずつで無料導入をさせていただきました。

もちろん、導入した結果検索順位が落ちてしまったら、すぐに削除をするお約束をしています。

導入作業は比較的簡単で、当社のホームページ制作は、All in One SEOをよく利用するので、多少の設定で導入が可能でした。

それよりも大変だったのが全ページにキーワードを入れることになっていて、もちろん共通したものは入れていません。

それぞれのページで重要キーワードを定め、最大で5つのキーワードを入れています。

すべての企業で検索順位が変わらず

導入して約1ヶ月程度は放置をしていました。

最初に導入した会社と最後に導入した会社では、大体1ヶ月程度の期間の差があったので、最大で2ヶ月の期間を見ています。

結果としては、予想通りではありましたが、すべての会社で検索順位が変わることはありませんでした。

恐らくグーグルが発表した通り、現在でもメタキーワードは無効化されているのではないでしょうか。

ただ、無効化すると発言したときには、今後一切利用しないのではなく、利用するかもしれないと発言をしています。

現在では、まったく効果がないと思われますが、今後はもしかすれば、どこかのタイミングで効果を発揮するかもしれません。

また、さらには、上位表示サイトが入れているので、1ヶ月などでは十分な期間ではなく、1年以上は効果が出るのに時間がかかるかもしれません。

ホームページ制作時には検討が必須

ホームページ制作時にメタキーワードを入れるかどうかは、SEO効果があるかもしれないと飛びつくのは辞めたほうが良いです。

メタキーワードは、先述しているように、現在は意味がないと思われます。

ただ、今後は分からないので導入しようという方は、サイト運営量が少しだけ増えることを理解しましょう。

基本的にはメタキーワードは、個々のページで固有のものを入れなくてはなりません。

現在のグーグルはまったく同じ内容のページを異常に警戒しています。

そのため、本文が違うのだからメタキーワードも違って当たり前になってきます。

そのため、しっかりと個々のページでメタキーワードの管理が必要になっていて、類似しないように構築していく必要があるのです。

そのためには、エクセルやスプレッドシートを利用して、類似しないように意識しなくてはなりません。

これらを行う作業は、確かに1回の更新で1分程度ではありますが、ただ工数が増えることや、ページ数が増えると類似チェックが面倒くさいと理解をしておきましょう。

そして適切に導入をしていれば、もしかすれば、どこかのタイミングで、検索順位を大きく向上させることができるので、SEO効果を高めることが可能です。

それよりも大切な対策を行おう

現段階で弊社が考えるのは、メタキーワードの導入よりも、もっと大切なSEO施策を行うことになっています。

例えば新規ページ作成や、個々のページで上位表示キーワードを定める、リライトを定期的に行うなどになっています。

ただ実際にホームページ制作実績の会社さまに、個々のページで重要なキーワードを定めて欲しいと言っても、これらの作業はあまり行われません。

もし定めていれば、それをそのままメタキーワードに導入ができるのですが、やはり新規ページ作成のSEO効果が高いので、そちらを優先されています。

もちろんだからと言って、類似ページが大量にあるかと言うとそういうケースはなく、一応は類似しないように頭の中で管理して頂けているようです。

ホームページ制作後のSEOにおいては、本当にサイト運営量が膨大になっています。

もちろん、すべての人が行えるものではありますが、SEOはライバルとの競争になるので、難易度が高ければ高いほど、その作業量が増えてきます。

そのため、施策の中でも優先順位をつけると、どうしてもメタキーワードの導入は下位になってしまいます。

ホームぺージ制作後の作業を列挙すると、項目数的には大した数ではないですが、1つ1つの作業が本当に膨大なので、それぞれの作業で優先順位を立ててサイト運営を行いましょう。

やると決めれば1つを徹底的に

これまでのホームページ制作経験で、公開後にクライアントさまが行う作業は、複数よりも1つに絞ったほうが良いと思います。

例えば、最近であれば、新規ページ作成とリライトが提案の中心になりますが、新規ページ作成だけに特化をした提案の方がSEOで成功する実現率が高いように思われます。

それは、Webサイト制作会社であれば、ある程度管理画面などの操作にも慣れているので、ストレスなく作業が行えます。

ただ、お客さまにおいては、管理画面は慣れていないし、原稿作成も慣れていないので、非常に多くのストレスを抱えてしまうのです。

その時に、あれもこれもと作業を行うと、継続したサイト運営が行われない確率が高いと思います。

であれば、もっとも重要な新規ページ作成だけに特化をしてしまい、ある程度SEO効果が出て、サイト運営になれたらリライトを始めるのが良いかもしれません。

1つずつ着実にこなすことがSEOには大切です。

ぜひ1つの対策に特化をしてしっかりと継続して行うようにしましょう。

そうするとメタキーワードの優先順位は低いので、お客さまの状況によっては、導入は不要と判断ができると思います。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP