大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

メタキーワードを作成するメリットと記述法

メタキーワードとは、メタキーワードタグ内に記述する単語や文章のことを言い、従来は、ホームページにあるすべてのページで固有のキーワードを設定することで、検索エンジンに対して、ページごとの重要なキーワードを伝えることができました。

しかし、現在は、グーグルやヤフージャパン、ビングなどのユーザ数の多い検索エンジンは、メタキーワードを認識していないため、作成してもSEO上のメリットは一切ありません。

但し、グーグルは、「現在はメタキーワードを認識しておらず、現段階ではこの方針を変更する予定はないが、今後メタキーワードを利用する可能性もある。」と公表しているため、メタキーワードを作成するかの判断は、個々によってさまざまです。

今回は、メタキーワードを作成するかどうかでお悩みの方向けに、メタキーワードを作成するメリットと、作成する場合の記述法についてご紹介をさせていただきます。

メタキーワードとは

メタキーワードとは、メタキーワードタグ内に記述する単語や文章のことを言い、メタキーワードを設定することで、検索エンジンに対して、ページごとの重要なキーワードを伝えることができます。

しかし、現在は、グーグルやヤフージャパン、ビングなどの日本国内において、ユーザ数の多い検索エンジンは、メタキーワードを認識していないため、作成してもSEO効果を得ることはできません。

検索エンジンがメタキーワードを認識しなくなった理由

検索エンジンが、メタキーワードを認識しなくなった理由は、「スパム対策」と「検索技術の向上」になります。

スパム対策

グーグルやヤフーなどの検索エンジンがメタキーワードを認識していた頃、多くのウェブサイトがSEO対策として、メタキーワードタグ内に、上位表示したいキーワードを大量に詰め込んだり、トップページで集客したいキーワードを全ページに入れるなどのメタキーワードを利用したスパム行為を行っていたため、検索エンジンはメタキーワードタグを認識しなくなりました。

検索エンジンの技術の向上

検索エンジンは、技術の向上により、すべてのページの情報を正しく認識することができるようになったため、訪問者が見ることができるコンテンツ内のキーワードを重視するようになり、メタキーワードタグを認識する必要がなくなりました。

今後メタキーワードを認識する可能性

現段階では、検索エンジンはメタキーワードを利用にしていませんが、メタキーワードを廃止したわけではないため、可能性は非常に低いですが、何かしらで利用される可能性もあります。

グーグルがサポートしているメタタグ

検索エンジンは、すべてのメタタグを認識するのではなく、検索エンジンごとによって認識するメタタグが異なります。

基本的には、グーグルが認識しているメタタグに合わせてホームページを制作することが一般的で、グーグルが公表している認識するメタタグの中に、メタキーワードタグは含まれておりません。

現在、グーグルが認識しているメタキーワードタグは、以下になります。

メタディスクリプション

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、メタディスクリプションタグ内に100文字前後で記述される文章のことを言い、メタディスクリプションを作成することで、検索結果ページにある3行ほどのテキストを自分で設定することが可能になります。

メタディスクリプションは、上位表示対策とはまったく関係がありませんが、メタディスクリプションを検索エンジンユーザに対して、そのページの内容が適切に伝わるように作成することで、グーグルの検索結果ページのクリック率を高めることが可能になります。

メタディスクリプションタグは、headタグ内に「<meta name="description" content="~~~~~" />」と記述します。

検索エンジンの動作を制御

検索エンジンの動作を制御するタグは、「すべての検索エンジンを制御できるrobotsメタタグ」と「グーグルのみを制御できるgooglebotメタタグ」の2種類があり、グーグルが認識する内容は、以下の7項目になります。

1.noindex
ページが認識されないようになります。

2.nofollow
ページにあるリンクが認識されないようになります。

3.nosnippet
検索結果ページでページの抜粋や要約などのテキスト(スニペット)が表示されないようになります。

4.noarchive
検索結果ページに表示されるウェブサイトのURLの右側にある「▽」ボタンをクリックしたときに表示されるキャッシュリンクが表示されないようになります。

5.unavailable_after:[date]
ページのクロールとインデックス登録を中止する正確な日時を指定できます。

6.noimageindex
検索結果ページに表示される画像の参照元ページとしてページが表示されないようになります。

7.none
noindex,nofollowと同じ効果を持ちます。

動作を制御するタグは、headタグ内に、検索エンジンすべてを制御する場合は「<meta name="robots" content="~,~" />」、グーグルのみの場合は「<meta name="googlebot" content="~,~" />」と記述し、~と~の箇所に、上記の7項目のうち必要な記述を行います。

検索結果ページの検索ボックスの非表示

グーグルの検索結果ページに、ウェブサイト内の別ページへのリンクや、検索ボックスが表示されることがあり、その検索ボックスを表示させないようにできます。

記述方法は、headタグ内に「<meta name="google" content="nositelinkssearchbox">」と記述します。

海外サイトへのリンクの非表示

グーグルの検索結果ページで、検索ユーザが求めている言語以外のウェブサイトが表示されたときに、正しい言語で制作されたページへのリンクが表示されることがありますが、そのリンクを表示させないようにできます。

記述方法は、headタグ内に「<meta name="google" content="notranslate">」と記述します。

グーグルサーチコンソールの所有権確認

グーグルサーチコンソールの所有権確認が行えます。

記述方法は、headタグ内に「<meta name="google-site-verification" content="~~~~~">」と記述し、~の箇所には、グーグルサーチコンソールの所有権の確認から取得した文字列を入力します。

コンテンツタイプと文字セット

検索エンジンに対して、ページの文字コードを伝えることができます。

記述方法は、headタグ内に、html4やxhtml2で制作されているウェブサイトは、「<meta http-equiv="Content-Type" content="~; charset=~">」と記述し、content=の~の箇所にはtext/htmlなどのファイルの種類を、charsetにはutf-8などの文字コードを入力します。

または、HTML5で作成されたウェブサイトであれば「<meta charset="~">」と記述し、~にはutf-8などの文字コードを入力するだけになります。

リダイレクト

ページに訪れたユーザを指定の時間が経過したら、リダイレクトさせることができますが、ブラウザによってはサポートしていないことや、W3Cが推奨していないため、.htaccessによるサーバサイドでのリダイレクトを行うことをお薦めいたします。

記述方法は、headタグ内に「<meta http-equiv="refresh" content="~;url=~">」と記述し、content=の~の箇所には30秒後であれば30を、url=にはリダイレクト先のURLを入力します。

ビューポート

モバイル端末でのページの表示方法を設定することができます。

記述方法は、headタグ内に「<meta name="viewport" content="width=~">」と記述し、~の箇所には横幅を数字で入力します。

メタキーワードを作成するメリット

検索エンジンはメタキーワードを認識しないため、SEOとしてはメリットがありませんが、あまりウェブサイトの運営に慣れていない場合や、ページごとのキーワードが記述された資料がない場合には、できる限りメタキーワードの作成をお薦めいたします。

ページごとの集客ワードが明確になる

メタキーワードを、ホームページにあるすべてのページに設定することで、ページごとに上位表示を狙う検索ワードを明確にすることができ、ページの質を最大まで高めることが可能です。

例えば、当ページであれば、【メタキーワード】で検索するユーザを集客する目的で作成しており、【メタキーワード】で検索したユーザがメタキーワードについて、より深く理解ができるページ作成を行っております。

そうすることで、メタキーワードで検索したユーザは、他のウェブサイトに移動する必要もなくなり、もしユーザが、ホームページ制作会社でなくては、対応が難しい問題を抱えていた場合、当社にお問い合わせをいただける可能性は大きく高まります。

また、現在のSEOにおいては、検索エンジンユーザの検索ワードについて、最も詳しいコンテンツを提供しているページが上位表示されるため、SEOとしても非常に効果的なものになります。

内容が重複するページを回避できる

メタキーワードを作成することで、内容が重複するページを回避することが可能です。

現在のSEOにおいて、重複するページはスパム行為として扱われるため、似たような内容のページがある場合は、1ページにまとめることが重要になります。

特に、スタッフブログの場合であれば、どうしても思い付きでブログの更新を行ってしまいがちになると思いますが、そういった場合でも、ブログ全体で個々のページの集客ワードが把握できていれば、類似するページを作成することはありません。

また、訪問者の知りたい情報が、さまざまなページに分散されていると、訪問者はリンクをクリックして情報収集を行わなくてはなりません。

万が一、訪問者がリンクをクリックしてくれなかった場合に、せっかくリンク先のページで訪問者がお問い合わせをしたいと思えるようなコンテンツを制作していたとしても、まったく意味のないものになってしまいます。

グーグルが認識したときの対応

グーグルは、「現在は、メタキーワードを認識していないし、現状では認識する予定もない」と公表していますが、メタキーワードの認識を廃止したわけではなく、「今後利用する可能性もある」とも公表しております。

そのため、今後どこかのタイミングでメタキーワードを認識するようになる可能性もあり、ある日突然、認識するようになった場合、普段からメタキーワードを作成していないwebサイトであれば、突然訪問者数を落としてしまう可能性があります。

ページ数の少ないホームページであれば、すぐに対応ができるかもしれませんが、ページ数の多いホームページでは、早急な対応は難しくなるため、HPからのお問い合わせ数や商品販売数などの成約に大きな影響を与えてしまう可能性があります。

メタキーワードの作成法

メタキーワードを作成するポイントをご紹介いたします。

メタキーワードタグの記述法

メタキーワードタグは、headタグ内のメタディスクリプションタグの下に記述し、当ページであれば、「<meta name="keywords" content="メタキーワード">」になります。

複数のキーワードを設定する場合は、「,」で区切るようにし、「<meta name="keywords" content="メタキーワード,ホームページ制作,大阪">」などになります。

最適なメタキーワード数

弊社の考える最適なメタキーワード数は、1ページあたり1キーワードですが、複数のキーワードを作成しても問題なく、数を意識するのではなく、どのようなキーワードで検索したユーザに訪れて欲しいかを検討しなくてはなりません。

ページごとに固有のキーワードを作成

メタキーワードには、そのページに訪れて欲しい検索ユーザのキーワードを記述するため、同じメタキーワードのページが複数ある場合、同じテーマのページを量産していることを意味し、検索エンジンペナルティーの対象になってしまうこともあります。

そのため、必ずページごとに固有のメタキーワードを作成しなくてはなりません。

また、検索エンジンがメタキーワードの認識を再開したときに、複数のページで同じメタキーワードを入れていることは、SEOにとってマイナス要素になる可能性もあります。

まとめ

現在、グーグルなどの検索エンジンは、メタキーワードを認識しないため、メタキーワードを作成しても、SEOにおいて、まったくメリットがありません。

しかし、ページごとに集客したいキーワードを明確にすることは、重要になり、過去に制作したページのキーワードを把握し、すべてのページで固有のコンテンツを作成することが、SEOはもちろん、ホームページの成果にとっても非常に重要になります。

そのため、HTML上にメタキーワードの記述を行わなくても構いませんが、必ずエクセルなどを使って、各ページの集客ワードを明確にしておく必要があります。

現在、ブログを更新しても、なかなか検索順位が上がらないや、成果が向上しないとお悩みの方は、当記事を参考に、すべてのページの集客キーワードを明確にして、コンテンツの見直しを行われてみてはいかがでしょうか。

TOP

ホームページ制作実績