セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.07.06

運営量を限界まで減らして成功したホームページの集客法とは

制作実績のホームページで、サイト運営を限界まで減らしたうえで、高い集客効果を実現したお客さまがいます。

当ホームページでは、闇雲にSEOだけを行うのではなく、運営に費やせる時間を検討して、効率的に対策を継続することに注力しました。

当ページでは、ホームページを制作後お客さまがどのような対策を実施したのかを紹介します。

サイト運営をしなければ集客効果は出ない

前提として、どこから人を集めるにしても、ホームページを公開後に、サイト運営を行わなければ、集客効果を出すことはできません。

例えば、SEOなら良質な新規ページ作成やリライトを継続して行い続けることで、自然と狙ったキーワードで上位表示が実現できます。

また、SNS運用では、新規ページ作成を行うことで、作成したページがSNS内で拡散される可能性はありますが、自社でもSNSアカウントを開設して定期的な投稿を行い、フォロワー数の獲得に努めたほうが効果を発揮します。

さらに、一見サイト運営が不要に思える広告も、昨今ではライバルサイトの出稿数が増えており、効果測定と調整を行わなければ、すぐに予算を消費してしまい、成果を出すことはできません。

このように、ホームページでは、サイト運営を行わなければ、集客効果を発揮できないのです。

では、当ページで紹介する制作実績のホームページがどのようにサイト運営量を限界まで減らして集客に成功したかを紹介します。

サイト運営量を減らすには計画とスケジュールが大切

制作実績のホームページが行ったことは、ホームページを公開後に、いきなりサイト運営を開始したのではなく、まずは計画を立てています。

当社がサポートできるホームページの集客対策として提案したのが、SEOとSNS運用、リスティング広告、リアルでの告知の4つになり、それぞれの集客ルートごとに、必要なサイト運営内容を提示したうえで、お客さまにどこから集客するかを検討いただきました。

お客さまが選択した集客対策は、SEOとTwitter運用、リアルでの告知の3つになり、集客ルートが定まった後、当社で運営スケジュールを策定しました。

まずSEOでは、後からリライトが不要なくらい良質な新規ページ作成を最低でも週に1ページを作成することにしています。

SEOでは、良質なページでなければ評価されることはありませんし、さらにはページ数が少ないホームページではホームページ内の関連性が低くなり、検索順位が上りづらくなっています。

SEO作業は膨大になっているので、無理のない作業量とするために、最低週1ページの新規作成として、突発的な作業よりも継続を意識していただきました。

次に、Twitter運用では、自社のアピールを行う投稿よりも、Twitterユーザーに役立つコンテンツを投稿することで、フォロワー数の獲得に努めていただきました。

こちらは、1日1回から3回の投稿に定めており、理想は朝と昼と夕方に1回ずつの投稿ですが、投稿ネタがなければ無理する必要はないと伝えています。

大切なのは、ユーザーの役に立つ投稿内容で、無理に投稿した内容は低品質になる可能性が高く、回避するための対策にしています。

また、自分の業界についてのTwitterアカウントには、積極的にフォローやいいね、リツイート、DMの活用をお願いしました。

もちろん、自分の業界であれば誰でも良いわけではなく、有益な情報を公開している法人あるいは個人に行うことで、その方の投稿方法を参考に、自社のTwitterアカウントの投稿品質も高める目的としています。

最後に、リアルでの告知ですが、当社はWeb制作会社になるので、リアルでの効果的な告知法の提案が難しく、過去の事例をお伝えして、お客さま自身で告知法の検討をいただきました。

一般的に当社の制作実績のホームページでは、SEOだけに特化して、毎日1ページ作成を継続するお客さまが大半で、ホームページの運営時間は1日2時間前後になります。

しかし、当制作実績のホームページでは、週に5時間程度の運営量になり、サーチエンジンからのアクセスはまだ少数ですが、TwitterやQRコード、社名検索から多くの訪問者を獲得することに成功しています。

2023年8月の追記で、現在では高いSEO効果も実現し、より多くの訪問者の集客に成功しています。

ホームページ制作後の集客対策では、SEOが人気ですが、SEO以外も含めることで、サイト運営量を限界まで減らしながら高い集客力を実現できるのです。

まとめ

ホームページの集客対策は、SEOだけではありません。

SEOは上位表示ができれば、多くの見込み顧客を集客できますが、他の集客対策よりもサイト運営量が多い傾向があります。

そのため、その他の集客対策も行い、スケジュールに則ったサイト運営を継続していれば、最小の努力量で最大の集客効果を実現できます。