大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

HP制作・運営
2014/11/06

製造業のwebサイト作成法

従来であれば、製造業様のwebサイトにおいては、競合サイトも非常に少なく、webサイトを作成するだけで、ある程度見込み客を獲得できましたが、今や製造業様であっても、webサイトを活用し、新規顧客の開拓を行うことが当たり前の時代になりました。

そのため、他の業種と同様に、製造業様のホームページにおいても、SEO対策や、webサイトから成果を出すための対策が少しずつ難しくなってきており、成果の出るwebサイトを制作するためには、戦略性が必要不可欠となっております。

今回は、これからwebサイトを新規作成やリニューアルを実施しようとご検討の製造業様向けに、製造業様のホームページで成果を出すための考え方をご紹介します。

せっかく予算を掛けてホームページを制作するのであれば、成果を出したいとお考えの企業様の参考になりましたら幸いです。

成果の出るコンテンツを作成するために

本当に効果的なwebサイトを制作するために、コンテンツ作成の考え方をご紹介します。

まずは、差別化のポイントを整理

なんとなく、「○○の強み」などのコンテンツを作成し、1ページで、小ロット対応ができるや、短納期での納品が可能などを紹介するだけでは、十分ではありません。

特に中小の製造業様にとっては、広く情報を公開するよりも、御社の最も強みとなるポイントに絞ったサイト作りを行うほうが効果的なこともあります。

例えば、短納期対応ができることについて、その根拠をしっかりと公開したwebサイトとすることで、訪問者はそのページの内容に納得し、短納期を希望の訪問者であれば、お問い合わせを行ってくれる可能性が非常に高くなります。

このように、ただ何となく「○○の強み」などのコンテンツに落とし込むのではなく、しっかりとした理由付けを行うwebサイトを作成することで、競合他社よりも効果的なホームページを制作することが可能になります。

ターゲットユーザのニーズを明確化

ホームページを作成する際には、ターゲティングは非常に重要になり、「御社の業務内容を探しているユーザ」のことだけを考えるのではなく、「○○で悩んでいるユーザ」などの、悩みや課題も含めたターゲティングを行わなくてはなりません。

例えば、金属加工の製造業様であれば、単に「うちは金属加工会社で、こういう特徴の会社で過去の実績はこちらです」だけを打ち出すwebサイトとするのではなく、「こういうことでお困りですよね?弊社であれば解決できますよ!」という打ち出し方も合わせることで、より効果的なホームページとすることが可能になります。

ミスなく簡単に更新できるシステムの導入

今や多くの製造業様のwebサイトが、ワードプレスと言われるビジネスブログで作成されており、クライアント様自身でホームページの更新が行われております。

しかし、多くの製造業様は、専任のweb担当者がおらず、通常業務と兼任でホームページの更新を行われていることが大半となっております。

そのため、ホームページの更新に掛ける時間をあまり取れず、レイアウト崩れを起こしていたり、実績紹介のコンテンツでは、テキストが無く、写真だけが張られていたりと、御社のホームページに訪れたユーザにとって、本当に役立つコンテンツとして作成されておりません。

こうならないためにも、更新システムは、必ずある程度、必須事項などを明確にし、ユーザにとって役立つコンテンツを作成できるようにしなくてはなりません。

もちろん、更新のしやすさを考慮することも重要になり、直観的に更新ができることはもちろんですが、更新にかかる時間を短縮できるような仕組み作りのある更新システムを選定することが重要になります。

拡張性のあるサイトデザイン

拡張性のあるサイトデザインを採用することで、ホームページ運営中の、コンテンツの追加や削除などにも対応できるようになります。

レイアウト重視のウェブデザインを作成した場合、長く運営していくと、コンテンツの追加量も増えてしまい、どんどんデザイン性が損なわれてしまう可能性があります。

3年以上は、リニューアルをしない想定であれば、コンテンツの追加や削除にも対応しやすい拡張性のあるウェブデザインを作成するようにしなくてはなりません。

海外サイトの制作を考慮

当初は、海外サイトは作成しないと考えていても、どこかのタイミングで海外サイトが必要になることもあります。

そのため、ホームページを制作する際には、後々海外サイトも作ることを想定したページ構成にしておくことで、日本語サイトを改定することなく、海外サイトを作成することが可能になります。

法人と個人の両方が見込み客の場合

製造業様で、法人だけではなく、個人に対してもサービスを提供されている場合であれば、必ず個人にとって分かりやすいページ作りを行わなくてはなりません。

個人にとって、製造業様の業務内容は非常にわかりづらいものになり、法人向けの文章で作成されたwebサイトであれば、個人は、御社の業務内容を理解できず、別のwebサイトに移動してしまうこともあります。

そのため、個人に対してもお問い合わせを行ってほしい場合は、「個人の方はこちらなどのコンテンツ作成」や「個人の方にも分かりやすい内容のサイト制作」などを行い、見込み客を逃さないようにしなくてはなりません。

製造業様のwebサイトの集客方法

製造業様のホームページに訪問者を集めるための方法ついてご紹介します。

会社案内や名刺などにURLを記述

基本的なことですが、必ず、会社案内や名刺などの販促物には、ホームページのURLを記載しなくてはなりません。

検索エンジンからの集客

多くの企業サイトでは、グーグルやヤフーなどの検索エンジンから訪問者の獲得を行っており、御社のwebサイトでも必ず検索エンジンからの集客を考え、SEO対策を行わなくてはなりません。

SEO対策の手法は、テクニックに頼るのではなく、必ずユーザ目線のコンテンツ作成を行い、本当にユーザにとって役立つwebサイトへと育てることになり、着実にホームページを育てていくことで、検索エンジンから多くの見込み客を獲得できるホームページになります。

ユーザ目線のコンテンツ作成法はこちら

アクセス解析を活用したホームページ運営

ホームページを制作したら必ず、「グーグルアナリティクス」と「グーグルウェブマスターツール」を導入し、戦略的にwebサイトの運営を行えるようにしなくてはなりません。

これらのツールは、御社のホームページの状態を示してくれるものになり、どのページに問題があるのかや、どういったニーズの訪問者が訪れているのかを数値データとして提供してくれるツールになります。

これらの数値データを活用し、戦略的にwebサイトを改善していくことで、御社の期待以上のwebサイトへと成長させることが可能になります。

ホームページ運営サービスはこちら
このページのトップへ