大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

動画を活用したWeb制作

動画を埋め込んだWeb制作

最近、弊社のWeb制作では、動画を利用したホームページを制作することが増えているように思います。

従来のWeb制作では、基本的にはあまり動画を利用する機会がなく、あったとしてもメイン画像に利用する程度だったのですが、最近はサービスページや会社案内、スタッフブログにも利用する機会が増えており、年々ホームページの原稿よりも動画を利用したWeb制作を行うことが本当に多くなっております。

しかし、この動画を利用したWeb制作を行う際にはいくつかの注意点があり、この注意点を理解してホームページに動画を利用することで、本当に成約率の向上に役立つ動画の利用になるのです。

動画を利用する目的

動画の目的

動画を利用する際には、なぜWeb制作時に動画を埋め込むかをしっかりと検討することが大切になっております。

現在のWeb制作では、動画を利用した方が確かに訴求力が高まり、そのページの内容をより深く訪問者に理解してもらうことが可能になるとは思いますが、しかし動画を利用すると決めると、動画を利用すること自体が目的となってしまうこともあります。

そして目的なく動画を利用することは、実はホームページにとってあまり良いことではなく、その動画を見た訪問者を単純にがっかりさせてしまうため、動画を利用してホームページの成約率を高めようと思っていても逆に成約率を落としてしまう結果となってしまうのです。

そのため、動画を利用すること自体は良いことであるとは思いますが、動画を利用する際には、その動画をなぜホームページに埋め込むのかをしっかりと検討して、そしてその検討内容を活かして動画を使ったWeb制作を行うことで、御社のホームページは飛躍的に成果を高めることが可能になり、動画を利用したメリットを受けることが可能になるのです。

ページの内容をより詳しくする

より詳しいページになる

動画を利用したWeb制作を行う目的は、その動画を埋め込んだページの内容を訪問者により深く理解してもらうことになっております。

そのため、この動画を埋め込むあるいは動画ページへのリンクを設置する際には、そのページの内容をより深く理解してもらうために設置するものになっていて、テキストや画像だけでも十分にページの内容が理解ができる場合においては、それほど動画の利用は必要がないものになっているのです。

ただし、この詳しくという点においては、原稿作成を行った方が直観で判断するのではなく、ページを作成してそのページを公開する前にユーザー目線で一読したときに、どうしてもテキストでは伝わらないと判断をすれば、そこに動画を埋め込むことも大切になっております。

このように動画は基本的にはそのページに書かれている内容をより深く理解してもらうことが目的になっており、これらを実現できる動画の利用法を行うことで、御社のホームページの成約率を高めることが可能なのです。

トップページの動画は不要かもしれない

トップページの動画は不要かも

お客さまに動画を利用したいと言われる際に、もっとも弊社のWeb制作で多いのが、メイン画像に動画を埋め込むことになっております。

確かに弊社としても、ぱっと見の見た目で言えば、動画を埋め込んだほうがイメージとしては良いこともあると思いますが、しかし闇雲に作成された動画を張り付けることはあまりオススメではありません。

基本的には先述した通り、ページの内容をより詳しくするために動画は埋め込まれており、トップページであれば、社名検索で訪れたユーザーに御社の情報やどのようなビジネスを行っているかを伝えることが大切になるのです。

そして、トップページのメイン画像で動画を利用する場合と、しない場合で、ABテスト複数のWeb制作実績の会社さまで行ったことがあるのですが、その効果は画像であっても動画であっても変わらないものになっているので、無理に動画を利用する必要はないと思います。

もちろん、弊社のWeb制作実績のザ・ムービー・ダブリュでは、結婚式という業種であるため、動画を利用してユーザーに魅力的に思われるトップページを制作したいという目的から予算をかけて動画を撮影し、そしてメイン画像を動画に利用することもあるのですが、基本的には具体的に動画を利用する目的がない場合は画像であったとしてもトップページの成果についてはほとんど変わらないものになっているのです。

そのため、弊社ではトップページに画像を利用したとい言われたときに、その目的をしっかりと確認をして、もし目的がない場合は、トップページのメイン画像に動画を埋め込むことはあまりオススメしておりません。

目的から動画を利用しよう

動画の利用と目的

現在のWeb制作では確かに動画を利用する会社さまが本当に増えてきたと思います。

しかし、ただ動画を利用するだけであれば、ほぼ必要がないと思っており、しっかりと目的を持った動画の利用を行うことがホームページにおいて重要になると思います。

動画は、メリットだけではなく、音声が出せない方にとっては、まったく意味のないコンテンツになってしまうため、その動画を利用してどのような成果を得るかをしっかりと考えて動画を利用するようにしなくてはならないのです。

現在Web制作をご検討で、ホームページに動画を埋め込みたいとお考えの方は、動画を埋め込む目的をもう一度検討され、本当に意味のある動画を埋め込んだWeb制作を行うようにしましょう。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績