大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

SEOをしていないホームページでも更新はしよう

現在、SEOはまったく考えていないホームページが多くあると思います。

実際に弊社でも2015年から2020年まではほとんどSEOを考えておらず、紹介であったり既存のお客さまから定期的に案件をいただいたりしておりました。

その時に弊社では別にSEOを行わなくても顧客が獲得できるしSEOをやるよりも、新規営業がしやすいので、特に問題がなかったのですが、2020年1月からコロナの影響から先を見るとしっかりとSEOを行う必要があると思い、SEOを実施しております。

そしてこのSEOにおいては、調査することから始めたのですが、この調査結果を見ると、非常に膨大な量の作業が必要だと理解いたしました。

そこで今回は、弊社の事例からSEOをしていなくてもホームページでも更新はしたほうが良い理由をご紹介いたします。

SEOをしていないと順位が落ちる

まず弊社では2014年と2015年では【ホームページ作成 大阪】や【ホームページ制作 大阪】などの主要なキーワードで5位以内にランクインしておりました。

これは純粋にSEO対策を行っていたからですが、2014年の末ごろからSEO対策をしなくなり、そのままホームページを放置していたのです。

その結果今年の頭である2020年1月地点での検索順位は5ページ目前後になっており、ここから再度SEOを行おうと決意して、8ヶ月ほどのSEO作業を行って2ページ目にランクインをいたしました。

もちろんこれから上げていかないとはいけませんが、そのためには相当数のSEO作業が必要になっており、弊社の目標値にはまだまだ時間がかかるものになっております。

SEOは被リンクとページ数

めちゃくちゃ簡単に言うと、SEO対策はページ数と被リンク数によるものになっております。

そして被リンク数だけであればいいのですが、2015年ごろからSEOを行っていないため、上位表示しているホームページに圧倒的な差を付けられており、このページ数と被リンク数を増やしていく必要があります。

具体的に言うと、被リンク数だけで600本、ページ数では500ページの作成が必要になり、もちろんこれらの数値を単純にリンクを600本、ページを500ページ追加すれば良いのではなく、グーグルが認識している被リンク数とページ数になるので、実際にはもう少し多い数になってきます。

そしてそれらの数値データを算出したときに思ったことが、ホームページに新規ページの作成だけは行っておけばよかったと思っており、例えば1年の営業日を200日だとして、5年になるので、1日に1記事と1被リンクを追加していれば、1,000リンクと1,000ページ作成できたということになります。

二つ同時には本当に難しい

基本的に1つのリンクを付ける、あるいは1ページを作成する際において、相当の時間の作業が必要になってきます。

例えば現在弊社ではあまりリライトを行わないや、画像などをあまり使わないという体制で新規ページを作成していますが、それでも1記事あたり1時間程度の時間がかかっており、1日中ブログ記事を書いたとしても計算上では7ページの新規作成が限界になっております。

しかし実際にそのようなことはできないので、実際に作成できるページ数としては、案件の合間で常に記事を書いていたとしても、1日に作成できる記事数は3記事が限界で通常は1日1記事になっております。

そして弊社では、予約投稿などを使って、多くのページを作成しているように見えるのですが、9月が30日ありますが、投稿した記事数としては40記事程度になっております。

このように被リンクも同様ですが、ページの作成と被リンクを同時に行うことは非常に困難なものになっており、どちらか1つだけであれば、効率よくどんどん行えるのですが、2つ同時に行うことは本当に骨の折れる作業になっております。

SEOはいつかやるときがくる

そして現在SEOが不要であると考えている方にアドバイスをするのであれば、必ずホームページ内の記事作成だけは毎日行うようにしたほうが良いということです。

1日1記事であれば、例えば10月分を毎日投稿するとしても、31記事作成しておき、予約投稿をすれば、後半は一切をすることなく、ホームページ内に毎日しっかりと記事の投稿が行えます。

また、弊社の事例で言えば、ページ作成を行うと被リンクをする時間が無くなり、被リンクをするとページを作成する時間が無くなるので、非常に効率の悪い作業であるということが可能です。

そのため、万が一SEOが必要になった場合においても、比較的スムーズに検索順位を上げるためには、とにかく記事作成だけは継続をしていき、そして上がらない分については被リンクで上げると考えたほうが、効率が良いものになっております。

まだやっていない作業もある

基本的にSEOはページ数と被リンク数と言いましたが、実は他にも要素があり、それは質になってきます。

この質対策は、実際にSEOでなかなか成果が出ない企業さまが、ホームページ内の原稿のリライトを行うだけで上位表示が実現していると言う事例がインターネットに多く公開されておりますので、質を高めることも非常に大切になってきます。

しかし現状で質対策までは手が回らないので、とにかく数値データを弊社が狙っているキーワードで上位表示しているホームページと並べてから質対策の検討をしております。

もしこれで、弊社が毎日ページをしっかりと公開していれば、被リンク対策とページの質対策だけで良かったので、非常に効率の良いSEOとできるのです。

そのため、質は置いておいても、SEOをやる必要がない段階からしっかりとホームページ内に新規ページを作成することで、SEOが必要になった時の作業が飛躍的に削減され、本当に効果的で即効性のあるSEOとすることが可能です。

また、グーグルは、新規ページを一気に作成してしまうと、認識までに時間がかかるとも言っているため、後からまとめてやることは、SEO的にも良いことではありません。

1日1記事を公開しよう

SEOは特に考えていない方であってもしっかりと1日1記事を公開すると良いでしょう。

この公開する記事は基本的にはなんでもいいのですが、できれば御社のビジネスに関連する内容でしっかりと公開することで、ホームページ制作のSEO効果を最大化することが可能になります。

基本的に弊社が考えるSEOにおいては、被リンクに頼ったSEOを行っている会社さまもいるのですが、その場合被リンク数が極端に多かったりすること、さらには被リンクは時間が経てばどんどんその効果を失っていくので、被リンクに頼らないSEOを行ったほうが効果的なものになるのです。

これらをしっかりと踏まえてSEOを行うことで、御社のホームページはSEO効率が加速していき、SEOが必要になったときにより早くSEO効果を出すことが可能になります。

TOP

ホームページ制作実績