大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ホームページを制作しただけでは成果が出ない

Web制作は公開してからが始まり

弊社は大阪のWeb制作会社になり、お客さまのもとに、Web制作のお打ち合わせでお伺いすると、多くの会社さまではホームページを制作したらある程度は成果が欲しいと言われるのですが、これは当たり前のことであると思います。

この成果の出るWeb制作では、Web制作の段階よりも、実は運営段階の方が重要になっており、昔は確かに弊社の事例としても、Web制作を行うだけで成果を出し続けているホームページもあったのですが、現在のWeb制作においては、運営しないホームページで成果を出すことが不可能になっております。

Web制作よりも運営が重要

Web制作より運営が重要

高い予算を払ってWeb制作を行うのであれば、制作にかかった金額以上の利益を上げたいと思われるのは当然だと思います。

そしてこの成果の出るWeb制作は、Web制作における目的の設定や、サイト構成の設計、集客手法の明確化などのWeb制作の段階で検討や実施することももちろん重要になっておりますが、それよりも大切なのがホームページの運営作業になっております。

基本的にはどのような手法を使ってホームページの集客対策を行うとしても、どの集客手法も運営が非常に大切になっており、どんなに優れたホームページを制作したとしても、運営をしっかりと行わなければ成果を出すことができないのです。

そのため、Web制作を行う方は、もちろんWeb制作も重要にはなりますが、それよりもしっかりと運営を継続することが大切になっており、依頼されたWeb制作会社にしっかりとホームページの運営法を確認することで御社のホームページは成果を出すことが可能になるのです。

SEOは必須

SEOの必要性

弊社の提案では、成果を出すためのWeb制作では、SEOは必須となっております。

もちろんSEOを行わなくても良い場合があるのですが、しかしSEOを除いても成果を出している会社さまは、非常にまれなケースになっており、このSEOを行わない場合はその他の集客施策である程度成功し続けていることが条件になっております。

実際に弊社のWeb制作実績のアンジュモさまでは、ソーシャルメディアをWeb制作前から活用されており、ソーシャルメディア内での地位を確立されておりましたので、現在でもソーシャルメディアからの見込み顧客の集客が非常に多い状態にあります。

このような場合においては、SEOは最低限の作業でも良いと思われますが、なかなかSEO以外の集客対策ですでに成功している会社さまは少ないと思いますので、基本的にはSEOは必須であると提案を行っております。

そしてこのSEOにおいては、期待通りの検索順位まで向上したときの効果は非常に高く、御社の期待を超える見込み顧客をホームページへと集客することが可能になるのです。

ただし、SEOで期待通りの検索順位まで高めることは、どのようなキーワードで上位表示を狙ったとしても、それなりに大変な作業になっており、かなり真剣にWeb運営を継続し続ける必要があるのです。

最低でももう一つの集客対策

SEO以外の集客をもう一つ

弊社のWeb制作の提案においては、基本的には2つ以上の集客対策をお願いしております。

もっとも多いパターンとしては、SEOとソーシャルメディアの2パターンでの集客対策になっており、基本的にはSEOに依存しないホームページあるいは1つの集客ルートに依存しないホームページとすることは非常に大切になっております。

例えば、SEOに依存したホームページの場合は、まずSEOは期待通りの検索順位まで向上するためには、それなりの期間、弊社の提案では最大で2年の期間が必要になっているため、SEOしか行っていないホームページでは、2年間が売上0の状態でSEOのためにホームページの更新作業を行う必要があります。

さらにSEOは、仮に順調に検索順位が向上していたとしても、グーグルコアアルゴリズムアップデートが年に2,3回開催され、このコアアルゴリズムアップデートは上位表示のルールの変更になっているため、しっかりとWeb運営を行っていたとしても、被弾する可能性が必ず出てくるのです。

そしてこのときにSEOしか行っていないと、グーグルコアアルゴリズムアップデートに被弾してしまい、検索順位が大きく落ちるため、ほとんど見込み顧客を集客できないホームページとなってしまいます。

このようなリスク回避のためにも、できる限り多くの集客ルート、最低でもSEOともう一つの集客対策を行っていただくことで、ホームページの成果は最大化され、期待以上の成果を出し続けることができるWeb制作となるのです。

そして当然ですが、もう一つの集客ルートを選定したら、その集客ルートに対してしっかりとWeb運営を行う必要があり、この運営を継続し続けることで、御社のホームページは本当に多くの見込み顧客を集客することが可能になります。

集客がある程度できたら

Web運営の必要性

上記が集客対策に対する考え方になるのですが、Web制作の成果は集客ではなく成果の数になっております。

そのため、基本的にはある程度集客ができた段階から、アクセス解析を利用して、ホームページ内部を改善することで、成約率を高める必要があるのです。

このアクセス解析を利用したWeb運営においては、PDCAサイクルを回すことが大切になっており、基本的には毎月何かしらの作業が発生いたします。

Web制作においては、ホームページ公開後は、集客対策だけに力を入れても問題がありませんが、しかしある程度集客対策に成功して来ると、必ずPDCAサイクルを回すことが大切になるのです。

基本的にはホームページには成約率が存在しており、この成約率の範囲でホームページの成約数が決定しております。

そして仮に、訪問者数が10,000人で成約率が0.1%のホームページであれば、10人の方が成約に至った計算になるのですが、この成約数を10件から100件に増やそうとすると、10倍の100,000人の訪問者を集めなくてはなりません。

訪問者数を10,000人から100,000人に増やすことは決して簡単なことではないので、その際に成約率を0.5%に高めることで、50人のお問い合わせになり、そこから不足している訪問者数を増やすことで、本当に効率の良いWeb運営になるのです。

そのため、Web制作が終わったらそれでホームページの作業が完了ではなく、基本的には成約数を増やすためにしっかりとPDCAサイクルを回しながら成約率を高めることで、本当に成果の出るホームページへと成長するのです。

しっかりと運営しよう

Web運営をしっかりと行おう

ホームページを制作しただけでは、期待通りの成果を得ることは非常に難しくなっております。

基本的にはWeb制作直後はとにかく集客対策に力を入れ、ある程度集客対策ができてきたら、PDCAを回りながらホームページの改善作業を行う必要があります。

そしてこれらを行って初めてホームページは期待以上の成果を得ることが可能になるので、これからWeb制作を行われる方は、ホームページは制作して終わりではなく、始まりになり、そこからWeb運営を行うことで成果を出せるようになると理解をしてWeb制作を行うことが良いでしょう。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績