大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ホームページが検索結果に出てこない

ある日突然検索結果からホームページが消えた

ホームページを制作したら、狙ったキーワードで検索結果ページでの上位表示、すなわちSEOのための対策を行い続けていると思います。

そしてこのSEOを行っていると、検索順位が変動するホームページが多くあり、単純にページ作成を行うだけでは、検索順位は変わらないあるいは上がるになるのですが、ユーザのためのページの改定を行っている場合は、検索順位が下がることがあります。

もちろん、弊社のWeb制作実績からは、まったくホームページを触っておらず、ある日突然検索結果ページから消えたしまったという例もありますが、この場合は大半がコアアップデートに引っかかったということが原因です。

そこで今回は、「ホームページ公開直後だが、まったく検索結果に出てこない」、あるいは「ホームページを一切触っていないのに検索結果ページから消えた」、「SEOをしていたらある日突然検索結果から消えた」という3つの場合の対処法をご紹介いたします。

あくまで一般論になっているため、もし具体的な内容が知りたいという場合は、お気軽に弊社にお問い合わせください。

ホームページ公開直後は検索エンジンの認識不足

ホームぺージ公開直後であれば、検索結果に御社のホームページが表示されないのは当たり前のことになっております。

グーグルは非常に優れた検索エンジンではありますが、ホームページを公開しただけでは、正しくホームページの評価ができないものになっているので、ホームページ公開直後の方は、グーグルなどの検索エンジンの認識を高めるために、「グーグルサーチコンソールの導入」と「ビングウェブマスターツールの導入」、検索結果に表示させることには関係がありませんが、「グーグルアナリティクスの導入」を行いましょう。

そしてさらには、XMLサイトマップロボットテキストの設置を行い、その状態で2週間ほどは様子を見るようにしましょう。

もし、2週間たっても検索結果にホームページが表示されない場合は、明らかに被リンクあるいはページ数が不足していることが要因になるので、とにかくユーザとSEOにとって質の高いページ作成と被リンクを行うことで、必ず検索結果ページに表示されるようになります。

焦って対策を行うのではなく少し様子を見よう

ここからは、ホームページ公開直後ではないお客さまの対策法をご紹介いたします。

ホームページが検索結果に表示されなかったら、これまで検索結果ページからせっかく人を集客できていたのに、その集客が0になるので、相当焦って対策を行いたいとお考えかと思います。

しかし、基本的にはグーグルの検索結果ページのランキングは日々変動しており、5位前後の変動であれば毎日行われていると言っても過言ではありません。

そのため、検索順位を調べた段階でたまたま検索順位が落ちている可能性もあり、気が付いた当日に判断をすることは、非常にリスクの高い対策しか取れなくなってしまいます。

そのため、御社のホームページを制作したWeb制作会社の考え方次第にはなりますが、弊社の場合であれば、「2,3日様子を見てください。2,3日後にもし検索結果から消えている場合は再度ご連絡をお願いします」とお願いするようにしております。

ここで検索結果から消えたと思い、急いで対応をしてしまうと、実はたまたまグーグルの検索結果から消えていただけで、本当はもともとの順位で表示されるだけの評価であったにもかかわらず、評価されているページを改定してしまい、改定後の評価が検索順位を調べたときの評価になってしまう恐れもあるのです。

そのため、検索順位から消えた場合であっても、2,3日は時間をおいてから対策を取るかを判断するようにしなくてはならないのです。

ちなみに、弊社の場合は2,3日と言っていますが、他社さまの運営するブログでは1週間は見たほうが良いと書かれていることが多くあり、この日数については御社の判断とその対策を行うWeb制作会社の判断で決めてよいと思います。

ホームページを触っていないのに検索結果から消えた

ホームページを触っていないのに検索結果から消えた場合は、対策法が比較的に簡単なものになっています。

少しずつ順位が下がっていた

ホームページを触っていないのに少しずつ御社の検索順位が落ちた場合は、御社の評価が下がり、ライバルの評価が上がったことが要因になっています。

この場合の対策としては、御社のSEO評価を上げていく対策になります。

グーグルは日々検索結果ランキングを決定するアルゴリズムの改定を行っているので、そのアルゴリズムの改定の度に御社の評価が下がり、ライバルの評価が上がった可能性があります。

そのため、ホームページを触っていないのに、少しずつ順位が下がっていた場合においては、現状のホームページを確認して、現在のSEOにおいて不適切な箇所を改定していくと良いでしょう。

これらを改定しても元の順位に戻らなかった場合は、ホームページに新規ページを作成して、上げたいキーワードに関連する内容で原稿を作成しなくてはならないので、その場合はWeb運営をお願いする形になっております。

ある日突然検索結果から消えた

ホームページを触っていないのに日突然検索結果から消えた場合は、おそらくですが、コアアップデートに被弾した可能性があります。

コアアップデートに被弾してしまうと、本当に検索順位が大きく下がる(上がる)ものになっていて、実際に弊社では2021年6月3日のコアアップデートで被弾してしまったのですが、弊社が計測している30のキーワードで平均7位ほど、検索からの訪問者数は大体半分くらいまで減少いたしました。

そして実際に弊社の場合は、かなりマシな方になっていて、コアアップデートに被弾したために、多くのキーワードで3位前後に入っていたホームページがいきなり50位くらいまで落ちるというケースもあるようなので、おそらくある日突然となると、このコアアップデートに被弾してしまった可能性があります。

そうなった場合においては、コアアップデートに被弾した理由を明確にしてから対応していく必要があるのですが、現在のコアアップデートは本当にユーザのためのホームページにすることが重要になっており、この場合の対策としては、SEOにメリハリをつけることが重要になってきます。

どういうことかと言うと、基本的にはページ作成はユーザのために行い、そこにプラスしてSEOの質を高める対策になっております。

このコアアップデートに被弾していた場合は、本当に大変な労力が必要になっているので、検索順位が落ちた日付けをメモしておき、その時にどのようなコアアップデートが行われたかの情報を仕入れることが重要になっております。

SEOをしていたら検索結果から消えてしまった

次にSEOをしていたら検索結果ページからホームページが消えてしまったという場合の対策法をご紹介いたします。

この場合は、基本的にはもっとも疑うべきことは、SEOのやり方が間違えており、少しずつ検索順位を落とし、ある日突然その蓄積によって検索結果から消えてしまったことになります。

そしてもう一点あり、手動ペナルティーを受けてしまった場合があるのですが、どちらが原因になるのか、そして、それぞれの対策はどうしたら良いのかを検討してなくてはなりません。

手動ペナルティーの確認

あまりないとは思いますが、まず検索結果から消えてしまったら、数日はグーグルサーチコンソールの手動ペナルティーの確認を行いましょう。

この手動ペナルティーは、グーグルの社員がホームページを見て、このホームページはスパムと判断したことが要因になるので、グーグルサーチコンソールで手動ペナルティーを受けていると表示されていれば、そのスパム行為を改善し、グーグルサーチコンソールから「改善しました」と連絡をしなくてはなりません。

基本的には弊社もそうですが、弊社のお客さまも手動ペナルティーを受けたことがないので、どのような対策を行えばペナルティーを受けるかは分かりませんが、このペナルティーは相当な数の闇雲な被リンクや、価値のないページの量産をしなければ、受けることがないものになっております。

そのため、おそらく手動ペナルティーを受けている場合は、その原因がある程度予想は付くと思いますので、もし手動ペナルティーを受けた場合は、その対策をすべて辞め、正しいWeb運営へと改善する必要があります。

このペナルティー解除までの改善期間については、手動ペナルティーについて調べていると、早くても2,3週間、遅いと1年以上かかるようです。

コアアップデートの確認

次にコアアップデートの確認作業を行います。

検索結果ら消えるもっとも多い要因はコアアップデートに被弾してしまったことになるので、ホームページが検索結果から消えた日付をしっかりと覚えておき、2,3日もすればグーグル検索やツイッター検索を行えば、コアアップデートの情報がかなり出回っていると思います。

そして、消えた日にコアアップデートが行われていれば、おそらくコアアップデートによって検索結果から消えた可能性があるので、その場合は、上記と同様にSEOにメリハリをつけることと、コアアップデートに対応したホームページへの改定を行います。

先述した通り、このコアアップデートへの対応は、時間もコストもかかるものになっていますが、しっかりと対応を行うことで、必ず順位を戻し、さらにはSEO作業を行い続けることで、さらに検索順位を上げることが可能になります。

ホームページ全体の見直し

次に、手動ペナルティーを受けてもおらず、コアアップデートも影響がなかった場合に、最初に検討すべき対策は、ホームページ内に不要なページがないかのチェックになっております。

このホームページ全体の見直しは非常に大切で、せっかく順位が上がっているのに下がってしまうリスクから、検索順位が落ちた段階でなければホームページのURLの変更や不要なページの削除が行いづらいものになっています。

この作業は、目視とグーグルサーチコンソール、グーグルアナリティクスのデータが必要になってくるので、このホームぺージ全体の見直しを行う際には、弊社にお問い合わせをいただくか、そのホームページを制作した会社にご依頼をお願いいたします。

質の低いコンテンツのリライト

コンテンツの質が低いと、グーグルのコアアップデートではなく、普段のアップデートに引っかかってしまい、検索順位が落ちてしまう可能性があります。

この場合においては、基本的には、ホームページのコンテンツをユーザ目線とSEO目線でリライトすることが重要になっていて、これらをしっかりと行うことでグーグルからの評価を高めることが可能です。

そしてこの質については、基本的にはグーグルサーチコンソールの「ガバレッジ>除外>インデックス未登録」に表示されたページの改善になるのですが、このインデックス未登録には、「検出」と「クロール済み」の2つがあります。

こちらについては両方改定を行ったほうが良いものになっていて、しっかりとリライトを行うことで、検索順位は少しずつ高まっていくようになっております。

被リンクの評価が変わった

こればかりはどうしようもない可能性がありますが、グーグルは定期的に被リンクの評価を変えているように思われます。

大量に被リンクがある場合は、被リンクの評価が多少変わったとしても、さほど検索順位は変わりませんが、しかし被リンク数が少ない場合は、稀に変動をしてしまう可能性があります。

この場合は、被リンクを増やすために、企業情報を登録できるホームページへ登録申請するか、被リンクとは別の指標のホームページ内の価値を高める対策が必要になっています。

被リンクは現在のSEOにおいて最も難しい要素になっていて、被リンク対策を行う際には、被リンクの知識を持ったうえで対策を行うようにしましょう。

無料で検索順位が計測できるGRCの紹介

上記が一般的な検索結果からホームページが消えたときの対策法になっております。

そして必要な場合はですが、検索順位を計測するのは本当に大変ですので、自動で検索順位を計測できる無料ツールをご紹介いたします。

そのツールとはSEOツールラボが提供する検索順位チェックツール「GRC」になっており、弊社はもちろん、弊社のお客さまにもご利用をいただいております。

無料ツールとしてのご紹介ですが、無料の場合は、「PCのみの検索順位計測」と「最大1ドメインまで」、「対象キーワードは10まで」となっており、もっと多くの調査が必要な場合は有料版をご利用ください。

もちろん弊社の場合は、お客さまの検索順位もチェックしているため、有料版を申し込んでおりますが、Web制作会社でなければ、無料版でも十分に対応ができると思います。

適切な対応を行いましょう

上記はあくまで一般論になっているため、詳細についてはお客さまのホームページを見てみないと何とも言えない現状があります。

もし、詳しく知りたいという場合は、弊社あるいは、そのホームぺージを制作した会社さまにご相談ください。

弊社だけではないとは思いますが、基本的には検索結果ページからホームページが消えた理由を検討する際には、グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクス、そしていつ検索結果ページからホームページが消えたのかという情報が必要になってきます。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績