大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

自分で行う無料のSEO対策

SEO対策の需要はかなり高いと思います。

しかし、多くの方がSEO対策は費用がかかると思いこんでおりますが、実際にはSEO対策ではそんなに費用がかかるモノではありません。

基本的に弊社では、月額料金をいただくことはないのですが、最初にSEOのためのコンテンツを作成して、そのコンテンツをしっかりと制作することで、SEO効果を高めております。

そこで今回は、自分で行うSEO対策として、無料でできるSEO対策の方法をご紹介いたします。

これらを行うことで上位表示は可能になりますが、反面相当な努力が必要になるので、短期で見るのではなく1年程度の中長期的に見て頂ければ幸いです。

基本的に複雑なことはしなくて良い

現在SEO対策について調べると、それぞれのページで検索されるキーワードを調べ、その検索ワードの意図を検討して記事を書くことが大切などの文章をよく見かけます。

もちろんこれらは、非常に大切ですが、これらを行うと非常に時間のかかるものになっており、弊社ではこれらを行うのは後で良いと考えております。

確かに、検索されるキーワードで上位表示をして、さらにはそれが検索キーワードの意図を読み取って優れた文章であることの方が成約率が高くなりますが、たった1記事を作成するのに、非常に多くの時間がかかることや、成果が出なかったらリライトが必要などをやっていると、SEOにかかる時間がさらに増えてしまいます。

そのため、このような複雑なことを行わず、グーグルが評価するホームページへと成長させていくことで、原稿作成スピードも向上するので、早い段階で成果を出すことが可能なのです。

では実際に行うことをご紹介いたします。

文字数は長文であればあるほどいい

これは少し古いSEOになりますが、すべてのページの文字数が多ければ多いほど効果的になるので、1記事作成あたり2,000文字を作成していただきます。

この2,000文字の作成は本当に大変ですが、しっかりと行うことで、本当に効果的なホームページになって行き、さらにはある程度記事数が増えると、検索エンジンのクローラーの訪問頻度も向上するので、飛躍的にその効果を高めることが可能になります。

そして弊社では行っていませんが、基本的にはテキストだけよりも画像を使ったり、強調タグを使ったほうが効果的なものになり、これらをしっかりと使うことで、よりSEO対策に最適化されたページ作成が可能になります。

ライバルサイトのページ数を調べる

自分が作成する文字数を定めて、これくらいであれば作れるだろうと思ったら、次は何ページ必要になるかを調べます。

これについては、多ければ多いほど良いという曖昧な数値ではなく、実際に御社が狙っているキーワードで、1ページ目にランクインしているホームページを調査すると良いでしょう。

その際に最も大切なのが、御社のホームページが1番ページ数が多くなるように制作することになるのですが、稀に古くから運営をしているホームページやブログページが表示されてしまうので、1番となると膨大な量になってきます。

そのため、それらを除いた数値を出しておくことが必要になり、これらを1年と言うスパンで対応していくことが重要です。

このページ数については例えば弊社の場合であれば、600ページ負けているので、600ページを1年で作成しようとすると大体ですが、1日当たり2記事の作成が必要になります。

そして作成した記事がすべてグーグルに認識されることではないと理解をしていくと大体365日かける2記事で、730記事くらいでちょうどいい数字になってきます。

そして後はその730記事をしっかりと追加してくことになるのですが、その際にネタ切れが起こってしまう恐れがあるのですが、それらを帰りの電車の中や家で寝る前、お風呂の中などで更新ネタを考えると良いでしょう。

そしてとにかくこの記事数の差を埋めていくこと、そして文字数を2,000文字にすることで、そのホームページのSEO評価は大きく高まり、グーグルから高い評価を受けることができるホームページになるのです。

ページ作成は予約投稿を使う

そしてページの作成は1日1記事を作成しましょう。

弊社では現在1週間分の予約投稿を行っており、1週間忙しければそれらの予約が無くなるのですが、1週間フルで忙しいということも珍しいので、1週間で十分な数値になっております。

これらは更新頻度を守るために必要なものになります。

この更新頻度は、多少ですが効果のあるものになっており、しっかりと最低でも1日1記事を投稿していくことで、ホームページの成果を飛躍的に高めることが可能になります。

もちろん弊社の理想は1日当たり2記事になるのですが、この設定をしていると、成果が出るまでの期間が非常に遅くなるので、弊社では1記事設定にしており、代わりに空いた時間に1日に3記事や4記事を投稿するようにしております。

ソーシャルメディアを利用する

そしてたまたまかもしれませんが、弊社のホームページ制作実績からはSEOで成果を出している企業さまはツイッターやインスタグラム、フェイスブックを利用しております。

これらがどのような効果があるかは不明ですが、しかし実際に検索から多くの訪問者を獲得し、狙ったキーワードで1位表示を行っているホームページはすべてソーシャルメディアを利用しているので、必ず利用しなくてはなりません。

こちらについては、投稿頻度はそこまで高くなくてもいいのですが、ツイッターやインスタグラムであれば2日に1投稿、フェイスブックでは1週間に1投稿はしている企業さまが成果を出しております。

これらを利用してSEO効果が出る根拠はないのですが、しかし上がっているホームページが利用しているので、御社もしっかりと利用をしていかなくてはなりません。

外部のホームページへの登録

そして外部のホームページへの登録を行います。

この外部のホームページへの登録は、そこまでの数ではなくて良いのですが、しっかりと運営されているホームページにリンクを張ると良いでしょう。

そして御社が簡単にリンクを張れるようなホームページについては実はそこまでの効果がないものが多いのですが、たとえ0.1点の加点であってもしっかりと稼いでおくことで、そのホームページの成果が高まりやすくなります。

基本的にはこのバックリンクは調べれば調べる分だけ見つけれるものになりますが、よくnoteなどで販売されているリンクを張れるホームページ50選などのモノを買うまでもなく、気が付いたときに張っていけば良い程度になっております。

被リンク対策

そして最後に被リンク対策を行います。

一般的に被リンクは良質なコンテンツを作成することで、自然と被リンクが増えると紹介されていることがあるのですが、このような被リンクが一般的な企業サイトやアフィリエイトサイトでつくことはそうそうないと思います。

そのため、自分で無料ブログを立ち上げて、その記事を更新して、少しずつ被リンクを行うと良いでしょう。

ただしその際に、1ページにあるリンクは1つにすること自分のホームページ以外のホームページにもリンクを張ることリンクが無いページも含むこと50記事以上は記事を作成すること1記事あたり2,000文字は書くこと1つではなく複数のブログを立ち上げることをルールにすると良いでしょう。

これらを継続して行うことでSEO効果はどんどん上がっていくのですが、しかし実際にいくつくらいのリンクがあればいいのでしょうか。

リンク数についても同様にライバルサイトの被リンク数と被リンクドメイン数をahrefsなどの被リンクチェックツールで調査して、その被リンク数と被リンクドメイン数を追い抜いていくようにしなくてはなりません。

そして、被リンク数は1ページ目のホームページは莫大な数が付いているので、それらを1年ですべて集めるというのは不可能ではないかと思っております。

そのため、ある程度の目標値にして、1日に被リンクが張れる本数を検討してから被リンク対策を行うことが大切で、これらを徹底して行うことで、御社のホームページも被リンク数が膨大な1ページ目のホームページと変わらない被リンク数になるのです。

最後に自演の被リンクは効果がないという方もいますが、従来の自演の被リンクは非常に質の低いただリンクが張られているだけのホームページだったので効果がなく、しっかりと作り込むことで、自演の被リンク対策でも効果を出すことが可能です。

自分で行う無料のSEOは被リンクとページ作成

自分で行う無料のSEOは被リンクとページ作成になります。

そしてこれらは本当に大変な作業になっており、実際に弊社でも行っていますが、なかなか1ページ目のホームページに勝てるだけのページ数と被リンク数にはなりません。

しかし、だからと言って辞めてしまうと、1ページ目のホームページは今現在も被リンク数とページ数を増やし続けているので、どんどんその差は開いてしまうのです。

順位を上げるというのは順位に効果的な対策を行うことで、そして上位のホームページとの差を縮め追い抜かすことになります。

これをしっかりと理解して、ページ作成と被リンク数を稼ぐことを行い続けて初めてホームページはSEOで成功するのです。

この作業自体にSEO会社やホームページ制作会社は必要がないと思いますので、自分でSEOをご検討の方は、上記対策をしっかりと行い続けることで、ホームページの検索順位は上がっていき、期待以上のSEO効果となるのです。

TOP

ホームページ制作実績