大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

半自動化されたSEO

被リンクの自動化でSEOを半自動化

弊社はお客さまのWeb制作を行う際に、SEO調査を行っているのですが、現在のSEOは非常に作業量が多いものになっております。

基本的には、グーグルがSEOで検索順位したいホームページは、ユーザーの検索キーワードに対して「もっとも詳しいホームページ」か「もっとも人気のあるホームページ」のどちらかであると公表しているため、その両方を目指し、Web運営を行う必要があるのですが、どちらも基本的には御社が狙う検索キーワードで上位表示している会社さまも知っていると情報であると理解しなくてはなりません。

そのため、現在上位表示しているホームページは、日々、ユーザーの検索キーワードに対して「詳しいホームページ」あるいは「人気のあるホームページ」とするためにWeb運営を徹底して行っているので、これらの会社よりも上位表示するためには、かなりの量のWeb運営が必要になるのです。

SEOの作業量

SEOは、検索キーワードに対して、「もっとも詳しいホームページ」か「もっとも人気のあるホームページ」の両方を狙うことが重要になっており、日々のWeb運営の中で、これらの作業を継続して行い続けることで、ホームページのSEO効果は少しずつ高まっていくのです。

ただ、実際問題として、この「もっとも詳しいホームページ」か「もっとも人気のあるホームページ」にすれば、検索順位が上がることはライバルも理解しているものになっているので、御社はライバルのホームページよりもSEOに取り組む期間が短い中で、ライバルよりも詳しいか人気のあるホームページにしなくてはならないのです。

そのため、弊社がこれまで調査を行ってきた結果で言うと、もちろん検索キーワードごとの難易度にもよりますが、その作業量は多く、しっかりとライバルよりも詳しさと、人気で勝てるホームページへと成長させることが重要になっております。

そして、SEOを行ったことがある方はご存知だと思いますが、その作業量は本当に膨大で、実際に行い続けて成果を出している会社さまにおいても、もっと楽をしたいとご相談を受けることが多くあります。

実際にやってみたらかなりきつい

そして弊社のSEOサービスでは、具体的に「詳しいホームページにするためにはページ数が何ページ」、「人気のあるホームページにするためには被リンクが何本」必要になると目標値を定めた提案を行っております。

ただ、こちらはあくまで指標の一つになっており、現在のグーグルなどの検索エンジンは、それぞれのページの詳しさや被リンクの価値なども測定しているため、単純に数を増やせばSEOで成功すると言うものではないのです。

そのため目標値に到達したときに上がっていれば良いですが、上がらなかった場合はさらなる作業が求められており、目標値到達後においては、ページの質や被リンクの質で勝つための対策を行い続ける必要があるのです。

そのため、実際に弊社のWeb制作サービスを提供後に大半の企業さまにSEOを行っていただいておりますが、どの会社さまもかなりきついと言いながら、作業を行い、SEOで成功している会社もあれば、狙ったキーワードでは上がり切れていないホームページもございます。

ただし、SEOは不思議なもので、上がっていない会社さまでも、正しいSEOを行っていれば、ニッチなキーワードでは上位表示ができているようで、ホームページの成果がまったくないということはございません。

SEOは半自動化が良い

このようにSEO作業は本当にきついものになっているので、できれば少しでも自動化したいものになっております。

そして弊社ではこの自動化について日々考えていたのですが、このSEO作業には基本的には「新規ページの作成」と「被リンク」、「リライト」の3つの作業があり、現状で弊社が実現できるSEOの自動化についてご紹介をいたします。

新規ページ作成

新規ページの作成では、基本的に自動化することができません

ただし、この新規ページの作成には、実は後でご紹介する被リンクの自動化で役立つように新規ページを作成する必要があります。

まず初めに、御社が作成したいページは、しっかりとすべて作成するようにします。

そして実際にビジネスに関連する内容で、1,000ページも書けることは非常に稀なものになっているので、大体100ページぐらいでネタ切れが発生すると思います。

そして、このネタ切れが発生したときに、更新を辞めてしまったり、最も悪いのが、他のページとユーザーニーズが同じ内容を再度新規記事として公開することになっており、更新頻度が止まるとSEOで検索順位が落ちる可能性がございますし、さらには類似コンテンツはカニバリが発生してしまい、検索順位が落ちてしまいます。

では、ネタ切れが発生した後は、どのように更新作業を行うといいのかと言うと、ソーシャルメディアで検索を行って、話題になっている記事を公開するようにお願いしております。

このソーシャルメディアで話題になっている記事を新規作成することは、後述する被リンクの自動化に非常に役立つものになっているので、御社のSEOはさらにSEO効果的なものになるのです。

被リンク

上記のように新規ページの作成は自動化ができませんが、実は被リンクは自動化ができると思っております。

被リンクの自動化においては、闇雲に新規ページを作成していても自動化ができないものになるのですが、新規ページを作成する際に、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアでよく話題になっている投稿を探すことから始めます。

実際にこの話題になっていることには、「普遍的に話題になること」と「時事ネタ的に賞味期限付きで話題になること」の2つがあるのですが、普遍的よりも時事ネタ的な情報の方が被リンクの自動化には役立つことが多くなっております。

そしてこれらをのネタで新規記事を作成した後、キーワードを利用した文章とそのページのURLをソーシャルメディアで投稿することで、ソーシャルメディアから非常に多くのユーザーを集客することが可能になり、確かに数は少ないですが、低確率で被リンクを獲得することが可能になっております。

この時事ネタ的な記事の更新は、別にソーシャルメディアを利用しなくても、御社の業界についての情報がテレビニュースで取り上げられた場合でも効果を発揮しており、弊社のクライアントさまでは、ソーシャルメディアを利用せずにニュースがあるたびにそのネタで記事を作成することで、日々検索順位を向上させております。

実際に、弊社のホームページにおいては、この被リンクの獲得に成功しているページもあれば、訪問者は獲得できているが被リンクの獲得に繋がっていないこともありますが、まったく何も考えていないときと比べれば被リンク数は断然に多くなっております。

そしてこの被リンクを自動化するだけでも、SEO作業は半分以下まで下げることが可能になっており、最低限これらを行うだけでも御社のSEO作業はかなり楽になるのです。

もちろん記事を公開したあと、ソーシャルメディアで拡散したほうが効果を発揮しますが、弊社のクライアントさまの事例では、ソーシャルメディアを一切利用しなくても効果を発揮していることもあるので、業種によってはソーシャルメディアへの投稿が無くても成果を出せることがあるようです。

リライト

リライトは、勘や経験で、リライト対象のページの選定を行っても意味がありません。

リライトページの選定では、その目的によってリライト対象のページが異なっており、例えば、一般的なリライト対象ページの見つけ方として、成約率を向上させるのであればグーグルアナリティクス、SEOであればグーグルサーチコンソールで調査してから対象のページを選定することが重要になっております。

このように、リライトの目的によって対象ページの選定法は異なりますが、当ページはSEOの自動化がテーマなので、被リンクの自動化を狙ったページに対して、実際に被リンクが集まらなかった場合にリライト作業を行いのが良いでしょう。

被リンクを獲得するためのリライト作業では、特にSEOを考える必要がなく、そのページのタイトルに対して情報が網羅されたページへと改善すること、そしてユーザーが見たときに役に立ったと思えるページに改善することの2点に注力いたします。

例えば被リンクのために作成したページが、ソーシャルメディアやSEOで集客ができていない、あるいは被リンクが付いていない場合は、それぞれの問題点に対して何かしらの問題があるため、しっかりとユーザーが見たときに良いと思えるタイトルや本文にリライトしたり、さらには原稿を作成する際に、被リンクが付きやすそうな内容で文章を記述していくのが良いでしょう。

ただし、この被リンクはどんなに被リンクを意識していても、なかなかつかないことが多いので、ある程度はそういうものだと理解をして対策を行うことが重要になります。

また、被リンクが付いているかいないかの判断については、弊社ではahrefsやグーグルサーチコンソール、はてなブックマークで調査しております。

半自動化できているお客さまもいる

そして、弊社のホームページはまだまだ自動化はできておりませんが、弊社のお客さまの中には、この被リンクを完全に自動化できているお客さまもいらっしゃいます。

実際にお客さまの作業を聞くと、毎朝1時間のページ作成だけで被リンクの獲得に成功しており、現在はページ作成の頻度を落とすために、現在は週に5記事ですが、検索順位を見ながら4記事に変更し、少しずつ更新頻度を落としていく対策を行っております。

このように被リンクの自動化だけでもできれば、Web運営量を落とす対策が取れるので、確かに原稿作成やリライトは必要になりますが、しかしその作業量は半分以下と言わざるを得ません。

そのため、これからSEOのために新規記事を作成される方は、半自動化されたSEOこそが重要であると理解をして、しっかりとこの半自動化のために、被リンクが自然に集まるようにはどうすればいいかを考えながらホームページの運営作業を行うことで、すぐには難しいかもしれませんが、1年後の作業量は半分以下の作業で対応することが可能になっております。

実際に弊社のお客さまや弊社のホームページにおいても、ホームページからのお問い合わせは大切になりますが、しかし少人数で成果を出すためには、ホームページの更新が必要になるので、この作業のうち1つでも自動化ができれば、本当に費用対効果の高いSEOとすることが可能になるのです。

もちろん、弊社では被リンクの自動化以外は対策法が分からないため、ご紹介をしておりませんが、新規ページの作成やリライトの自動化ができるのであれば、そちらの対策でも良いと思います。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績