セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.05

SEO効果を高めるホームページのキーワード選定法

ホームページ制作の際、そのデザインや機能性は重要ですが、それと同時にSEO対策も欠かせません。訪問者の多くは検索エンジンを通じてホームページを訪れるため、適切なキーワード選定は集客のカギとなります。しかし、キーワード選定のプロセスは一筋縄ではいきません。どのキーワードを選ぶか、どのように組み合わせるかは、ホームページの目的やターゲット層によって異なるからです。このページでは、当社がホームページ制作を通して培ってきた知識と経験をもとに、SEO効果を最大限に引き出すキーワード選定法を深堀して解説します。ユーザー目線のアプローチで、あなたのホームページがより多くの人々に届くサポートを致します。

SEO効果が高いキーワード選定とは

ホームページ制作時に最も注力すべき部分の一つが、SEO効果を高めるキーワード選定です。このキーワード選定は、単なる検索エンジンの評価だけでなく、訪問者にとっての価値提供と直結します。

多くの企業ウェブマスターは、制作するホームページが多くのアクセスを獲得し、ビジネスに寄与することを期待します。そのため、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビング、ダックダックゴーといった主要なサーチエンジンでの表示順位は非常に重要。これらのサーチエンジンのアルゴリズムやクローラーの動作は異なるかもしれませんが、キーワード選定の基本は変わりません。

何故なら、目的は訪問者のニーズに応えるコンテンツを提供すること。このため、制作したホームページがどのサーチエンジンを利用する訪問者に対しても同様の価値を持つことが求められます。

キーワード選定の際に重要なのは、実際の検索ボリュームやユーザーの求める情報を把握すること。これにより、どのキーワードが訪問者の課題解決に有効か、また、そのキーワードを用いたコンテンツ制作がどれだけの効果をもたらすかを見極めることができます。

このキーワード選定作業は、ホームページ制作の初期段階で行うものですが、サイトの更新やコンテンツ追加時にも継続的に実施することが求められます。御社のホームページが常に最新のユーザーニーズに応えられるよう、適切なキーワード選定を行い、SEOの効果を最大限に引き出しましょう。次に、具体的なキーワード選定法を詳しく説明していきます。

具体的なSEO効果を高めるキーワード選定法

エクセルを用意

ホームページ制作において、SEO効果を最大化するためのキーワード選定は非常に重要です。エクセルを活用することで、その過程を効率的に進めることが可能となります。

エクセルファイルを用意し、制作するホームページのURLとそれぞれのページのキーワードを1行ずつ記載していきます。この時点での整理は、後々の運用をスムーズにするための鍵となります。当社の推奨する方法では、ホームページ制作完了後、100行分のキーワードをクライアントに記載いただくのが一般的です。

一つずつの作業で進める場合、過去の記録を見失うリスクが高まります。また、その度にキーワードを考えることは思いのほか手間がかかるもの。そのため、一度に100記事分のキーワードを整理することで、全体的なビジョンを持って作業に取り組むことができます。

この方法の最大のメリットは、重複コンテンツやカニバリゼーションのリスクを避けられることです。各ページにオリジナルな内容を持たせることで、重複の問題は避けられますが、カニバリゼーションはさらなる注意を要します。これは、似たようなキーワードでの競合が生じることを指し、継続的なページのリライトが必要となります。

ホームページの各ページで特定のキーワードを強調し、そのキーワードに最適化されたコンテンツを制作することで、サーチエンジンでの上位表示を目指します。この「1ページ1ワード」の戦略は、効果的なSEOを実現する基盤となります。エクセルの活用により、全体的な戦略を視覚的に捉えながら、ホームページ制作を進めることができるのです。

キーワードの検討法

ホームページ制作に取り組む際、SEO効果を高めるためのキーワード選定は極めて重要なプロセスです。その方法として、以下に具体的なキーワードの検討法を提案します。

まず、ビジネスに関連する重要ワードをピックアップし、エクセルに整理しましょう。理想的には100ワード程度のリストができることもありますが、平均的には50ワードが実際的な目安です。ただ、無理に数を増やすよりも、実際にユーザーが検索するであろう言葉を的確にリストアップすることが肝心です。

次に、競合サイトの調査を行います。多くの企業が実践しているこの手法は、同業他社が狙っているキーワードを参考にすることができます。ホームページ制作後にライバルのサイトを頻繁にチェックする習慣を持つことで、新たなキーワードのヒントを得ることが可能です。移動中や休憩時間に、競合サイトを訪れ、彼らがどのようなキーワードを重視しているかを確認するだけで良いでしょう。

さらに、キーワード選定のためのツールの活用も考慮すべきです。キーワードプランナーなどの専用ツールを用いれば、ユーザーがどんなキーワードで検索しているかを明確にすることができます。しかし、ツールの結果だけに頼らず、実際の検索動向や競合の動きを見ながら、効果的なキーワード選定を行うことが必要です。

定めたキーワードでページタイトルを作成

ホームページ制作において、キーワード選定後のステップとしてページタイトルの作成が非常に重要です。このタイトルは、検索エンジン結果ページに表示される最初の印象となるため、ユーザーにとって魅力的でなければなりません。そして、SEOの観点からも、このタイトルが効果的であることが求められます。

まず、先ほど選定したキーワードを中心に、エクセルにページタイトルを整理しましょう。この時、専門的なテクニックや複雑な手法を考える必要はありません。大切なのは、ユーザー目線での魅力を第一に考えることです。想像してみてください。あなたが検索結果を見て、どのホームページをクリックしたいと思うかを。その答えが、効果的なページタイトルのヒントとなります。

例えば、あるホームページ制作会社のサービスを紹介するページのキーワードが「プロフェッショナルなホームページ制作」だとすると、タイトルは「あなたのビジネスを変える、プロフェッショナルなホームページ制作」といった、ユーザーの興味を引きつけるものが良いでしょう。

ページタイトルは、検索エンジンだけでなく、ユーザーにとっても非常に重要です。それは、ユーザーの期待やニーズに応えるものでなければなりません。そのため、キーワード選定からページタイトル作成に至るまでの一連のプロセスは、常にユーザーを中心に据えたものであるべきです。

まとめ

ホームページ制作の後段階でのキーワード選定は、SEO対策の骨子をなす要素です。だが、実際のところ、きちんとしたキーワード選定をしていないにも関わらず、検索ランキングで高い位置を維持しているクライアントは数多く存在します。

具体的な成功例としては、ビジネスの日常や出来事をブログ形式でアップデートし、そのタイトルに関連性の高いキーワードを詳細に組み込むことで、意外にも検索ランキングを引き上げることができるのです。この手法は一見非効率的に思えるかもしれません。実際、一部のページはランキングこそ高いものの、訪問者の獲得には繋がっていないケースも確認できます。しかし、そのようなページを除けば、トップページのアクセス数は増加傾向にあり、明らかな成果を示しています。

結論として、ホームページ制作後のSEO効果を追求する際、一つの方法としてキーワード選定を検討することは有益です。しかし、それが絶対ではないということも認識しておくべきです。サイトの運営方法やビジネスの性質に合わせて、柔軟にキーワード選定の方法を見直し、ユーザーに価値を提供するコンテンツを心掛けることが、結果的には最も効果的なSEO対策となるでしょう。