サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ワードプレスで更新するために必要になる管理画面のページ

ワードプレスの管理画面でお客さまが触るページ

ワードプレスでホームページを制作することは当たり前になりました。

このワードプレスは、基本的には、ワープロ感覚で更新が可能なのですが、このページはどこから改善すれば良いかが分からない可能性もあります。

そこで今回は、どのようにホームページを制作したのかの手法にも異なりますが、一般論として、どのような更新方法があるかをご紹介します。

ワードプレスの管理画面はテンプレート

ワードプレスは、オープンソースのシステムになっています。

そのシステムをWebサイト制作会社がカスタマイズをして、ホームページを制作しています。

そのため、どの企業さまも、ワードプレスを導入していれば、実は管理画面が似たような形になっているのです。

もちろん、テンプレートではありますが、カスタマイズができないこともないので、多少の違いはあります。

しかし、一般論としては、すべてが同じ管理画面になっているのです。

ただ、一点だけ注意点があり、それは、ホームページ制作法によって、多少の誤差が発生するケースです。

例えば、カスタマイズをしていないなら、このあたりかなと思っても、実は別の箇所に保管されていたりもあり得ます。

そのため、当ページをご覧の方は、あくまで一般論であるとご理解をお願いします。

では、具体的にご紹介をしていこうと思います。

編集前はバックアップを

編集直前とは言いませんが、定期的なバックアップは取得しておくようにしましょう。

このバックアップは、弊社が利用しているのは、All-in-One WP Migrationになります。

こちらのプラグイン、または御社が利用しやすいプラグインなどを利用することで、簡単にバックアップを取得できるようになります。

一般的にはホームページ制作時に、何かしらのバックアッププラグインは導入されていると思いますので、月1程度の頻度で取得しましょう。

万が一問題が発生した場合には、そのバックアップから戻すことが可能です。

ただし、前回バックアップを取得した後色々と触っていて、バックアップを使うと色々な箇所が巻き戻るという場合はWebサイト制作会社への相談が必要です。

1ページしかない場合は固定ページが多い

まず例えば、サービス数がそこまで多くない場合などは固定ページで作成することが多いです。

基本的には、1ページしかないようなコンテンツは、固定ページで作成するのが一般的だと思われます。

Webサイト制作会社によっては、更新頻度が高いと聞いたら投稿機能を利用する可能性もありますが、よほどの理由がない場合は固定ページです。

そのため、1ページしかないようなページを更新しようとしたら、必ず、固定ページから見ていくようにしましょう。

そこになければ別の箇所を探す方法が最も効率的だと思います。

複数ページが有る場合は投稿機能

例えば、サービスや実績などのコンテンツで、それぞれのサービスについて詳細画面がある場合は、投稿機能が利用されるケースが多いです。

その理由は、そちらの方が圧倒的にサイト更新がやりやすいためです。

ホームページは闇雲には制作されておらず、どこまで行うかはWebサイト制作会社によって違いますが、サイト運営のしやすさは追及されています。

そのため、新たなサービスや実績を追加したい場合は、投稿画面から追加するようにしましょう。

ただ、例えばサービスインデックスを変更したいと言う場合は、固定ページや外観のテーマファイルエディターから行います。

インデックスページの編集時には、少しクライアントさまでは難しくなるので、ホームページを制作した会社に相談するのが良いでしょう。

そして現在のSEOにおいては、この投稿ページを多く新規作成することが推奨されています。

更新頻度が低いとテーマエディター

更新頻度が低い場合は、外観のテーマエディターファイル内から編集します。

こちらについては、ホームページ制作時の打ち合わせで、更新予定がないと聞いたコンテンツは、ソースコードで作成しています。

そのため、管理画面ではなく、ソースコードの編集が必要なのです。

お客さまがソースコードを触ることは、よほどの理由がない限りは辞めていただきたいと思っていて、万が一必要なタグを消すと、レイアウトが大幅に崩れます。

さらに、レイアウトだけではなく、SEOとしてもマイナスが発生してしまうリスクもあります。

固定ページや投稿機能になければ、テーマエディターになるのですが、これについては可能であれば触らないようにしましょう。

SEOであれば投稿機能

もしお客さまのご要望が、ユーザーのためのコンテンツ内容の一新ではなく、SEOを行い検索順位を向上させるであれば、投稿機能だけで充分です。

現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングは、上位表示したいキーワードとホームページ全体の関連性を重視しています。

そしてこの関連性を高めるには、新規ページ作成とリライトが主な対策になってきます。

ワードプレスの管理画面から、本当に多くの情報を編集することが可能です。

ただ、やはりプロが利用するのとお客さまが利用するのでは、ミスが発生するリスクがまったく違ってくるのです。

さらには、プロであれば、ミスが起こっても改善はできますが、お客さまでは改善は非常に難しくなっています。

そのため、可能であればで良いですが、投稿以外は触らないようにするのをおすすめします。

設定などは触らない方が良い

ワードプレスの管理画面には、設定と言うページもあります。

こちらは絶対に触らないようお願いいたします。

ホームページを制作する際には、設定を触った後、各ページを作成しています。

そのため、この設定を変えられてしまうと、必ずどこかに不具合が発生してしまいます。

また、不具合が発生した後、すぐに設定だと理解ができれば良いですが、時間がかかるケースも稀にあるのです。

そのため、基本的には、Webサイト制作会社としては、基本的には投稿だけを触っていただき、その他はご相談いただければと思います。

当社が制作したホームページであれば、簡単な箇所であれば、無料対応もあり得ますので、お気軽にご相談ください。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP