HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEOに強いホームぺージに必要な1つの施策

ホームページ制作後のSEOは1点に注力

SEOに強いホームページ制作は当社の中で最もご依頼が多い案件です。

現在のSEOは、調べていると非常に対応が難しいと言われていますが、確かにリニューアル時は難しいですが、新規ホームページ制作ではそれほど難易度が高くありません。

もちろん狙ったキーワードにもよってくるのですが、当社が提案するSEOに強くするためのたった1つのホームページ制作法をご紹介します。

質の高いボリュームを増やすこと

その施策とは、非常に簡単で、質の高いページ数を増やすことになっています。

現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは検索キーワードに対して詳しいウェブページを評価します。

そのため、基本的には質の高いウェブページを作成し続けれいれば、自然と検索順が高まり、SEOで成功することが可能なのです。

もちろんウェブページだけではありません。

実は検索エンジンは、個々のページでの評価を非常に重要視してはいますが、そのページに関連するページの評価も高まるようになっています。

現在のSEOにおいてトップページが非常に検索順位上げるのが難しいと言われているのはそこになっています。

基本的にはトップページで上位表示を狙う検索キーワードを定め、そしてそのキーワードに関連するページ数が多い以外の対策法が現在はありません。

もちろん、被リンク対策などもありますが、被リンクは検索エンジンがかなり警戒をしているため、大半が無効化、過剰に行っていると手動ペナルティーを受けてしまいます。

このように現在のSEOでは、ページ作成しか、効果を得れないと言っても過言ではなく、良質なページ数を増やし続けることでSEO効果が最大化されるのです。

なぜリニューアルが難しいのか

なぜ新規ページ作成が簡単でリニューアルが難しいかというと、2点のポイントがあるためです。

総合評価をされてしまう

まず、リニューアルを実施する際に、ウェブデザインが同じやソースコードが同じという例はあまりないと思います。

そのため、確かに原稿はほとんど変わっていないとしても、実はリニューアルを行うことで検索順位が下がってしまう可能性があるのです。

検索エンジンは、ページを見るときに画像やテキストだけを見ているのではなく、ソースコードも見ています。

ウェブデザインが変われば当然ソースコードも変わってくるため、ここでもしグーグルがマイナス評価を与えると、検索順位が落ちてしまうのです。

もちろん逆もあり、ソースコードが変わった結果、正しくホームページを認識できるようになり、検索順位が高まる例もあります。

このように原稿や画像だけで評価をしていないため、リニューアルでは個々のページの評価が下がるリスクも存在しています。

このリスクを下げるために、URLが変更される際には、301リダイレクトを行うケースがもっとも多くなっています。

認識のタイムラグ

リニューアルを行った結果が即反映されるケースは稀です。

例えば自社はホームページリニューアルを実施して翌日には検索順位が上がったと考えている方がいたとしても、それは決定ではないと理解しなくてはなりません。

これまでのホームページ制作経験で言うと、大体ですが、新規ページ作成もリライト、リニューアルも、最短で2週間、最長で1ヶ月は様子を見なくてはなりません。

そしておそらくですが、グーグルはデータベースに御社サイトの情報を格納すれば、検索結果のページタイトルは変わるため、そこはすぐに認識していると思います。

しかしその他の箇所やURLが変更されたときには、実は反映が遅いため、個々に時間がかかっていると考えます。

このタイムラグを明確に理解しておかないと、リニューアル後に検索順位が上がったや下がったと一喜一憂してしまうのです。

そしてこのタイムラグをしっかりと理解することで、正しいSEOを継続して行い続けることが可能になります。

良質とは現在の最高の出来で良い

このようにSEO効果を出すためには、基本的には良質であることが大切ですが、良質とは何でしょうか。

これは当社もかなり調査を行ったり、ツイッター検索を行って調べてみました。

この良質とは、プロのライターやベストセラー小説家のような文章は理想ですが、このような原稿を検索エンジンは求めていません。

では、検索エンジンが求めている質とは何でしょうか。

これについては、今現在できる最高の原稿であり、さらにはしっかりと時間をかけて作り込まれた文章になっています。

グーグルも鬼ではありませんので、人によって文章力や語彙力に差があることは理解をしています。

そして語彙力が低ければ検索順位が上がらない、語彙力が高ければ検索順位が上がるのであれば、ホームページ制作からサイト運営までライターが必須になるのです。

これは求めているものではなく、ウェブマスターさまが今現在最高の質でしっかりと手をかけた原稿であれば問題がないと思います。

実際にツイッターなどで調べていると質ってあんまり関係が無いかもしれないと発言するSEO業者もいらっしゃいます。

また、ホームページ制作実績の企業さまも高いSEO効果を出しながら、ホームページを制作するまで原稿を書いた経験がないという職人さままでいらっしゃいます。

このように優れた文章である必要はなく、丁寧に継続して作り込まれることをグーグルは評価しているのです。

そのため、SEOを行われている会社さまは、ウェブマスターさまが今できる最高の質だけを意識すると自然と検索順位が高まるのです。

ホームページ制作後は良質を毎日意識

もちろんSEOにおいては他にも被リンクや構造などさまざまなポイントがあります。

しかし弊社がホームページ制作後にお客さまに提案するのは、良質を毎日意識して新規作成を行い続けてくださいになっています。

もちろん、毎日というのは、毎日作業をする必要はありません。

現在のホームページ制作はワードプレス実装が一般的です。

そのため、予約投稿が行えるので、例えば今日2ページを作り、1ページを明日に予約投稿すれば良いのです。

実際にホームページ制作実績のプラシアさまは、ブログ更新は日曜日だけ行い、翌週までの7記事を予約投稿しております。

そして継続をしていれば、どんどんグーグルの言う検索キーワードに対して詳しいホームページへと成長するので、少しずつ検索順位が高まるのです。

この作業は確かに手間がかかりますが、不可能なものではありません。

そのため、SEO効果を向上させたい方はぜひ良質を継続するという立った1点のポイントに力を入れてみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP