HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

少ない努力でSEO効果を出したホームページ制作事例

少ない努力量でSEO効果を出した事例

ホームページ制作後のSEO作業は努力量であることは間違いありません。

しっかりとサイト運営を行い続けることで、自然と少しずつ検索順位が高まっていきます。

しかし、ホームページ制作実績の数社さまが少ないサイト運営でSEO効果を出した事例があるので、その事例をご紹介します。

SEOのポイント

まずどのようにしてホームページを制作して、サイト運営を行えばSEO効果が出るかをご紹介します。

ホームページ制作法

基本的には現在のグーグルは、ホームページ制作法をそれほど意識しなくても検索順位を上げてくれます。

例えばタグの記述ミスや、締め忘れなどがあったとしても、実は上位表示しているホームページは非常に多いです。

では、なぜホームページ制作法が関係するかと言うと、まずはクローラビリティーの向上です。

検索エンジンは、例えばトップページに訪問したら、内部リンクを辿って、さまざまなホームページを確認します。

その時に、もし内部リンクなどが適切に設置していないと、次のページを見てくれないのです。

そのため、クローラビリティーが高いことは、サイト運営効率を高める役割があり、しっかりと意識しなくてはなりません。

もう一点が正確に情報を把握してもらうための対策です。

先述している通り、現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングは、HTMLに記述ミスがあっても把握してくれます。

しかし、100%ではありません。

もしミスしている箇所を間違えて認識されてしまうと、本来あるべき検索順位にならないのです。

最後にサイト構成も重要です。

内容をまとめたサイト構成にしないと、このホームページは何を言っているのか分からないと検索エンジンに思われてしまいます。

これらの3点からホームページ制作法を意識すれば、御社がサイト運営を継続して行うことで、自然と検索順位が上がるのです。

サイト運営法

現在のSEOではホームページ制作で上げるのは難しいと言っても過言ではありません。

と言うのが、グーグルは検索キーワードに対して最も詳しいホームページを上位表示しているためです。

そしてWebサイト制作会社が作成するページ数は精々20ページ前後ではないでしょうか。

上位表示しているホームページでもっとも多いのが100ページ前後になっているので、20ページでは100ページに勝てないのです。

そのため、サイト運営では、目標ページ数を定めること、どうすれば効果的な原稿が作れるかなどの計画策定、そして継続するためのスケジュールの3点をたてていきます。

この3点をたてて、その上でサイト運営を継続すれば、これまでの経験から言えば、必ず上位表示ができるようになっています。

では、最小の努力で高いSEO効果を出した事例をご紹介します。

週に2ページの追加だけで成果を出した

弊社のホームページ制作実績のコーワスタイルさまは、ホームページを公開するまで、ブログ運営経験がなく、普段からあまりパソコンを触らないようです。

ただ、ホームページ制作時の提案でSEO効果を出す重要性をお話し、サイト運営の継続で上位表示が可能であるとお話をしています。

そのため、お客さまの中で最大限頑張っていただいていたのですが、大体週に2ページの実績を追加する作業を行っていただきました。

更新内容としては、想定よりもずっと原稿数も少なく、さらには写真枚数も少なくなっています。

ただ、唯一行っていただいたのが、それぞれの事例を見た人にとって役立つ情報公開です。

記事の原稿を作成する際に、しっかりとユーザーをイメージして、そして原稿を作成して頂ければ成果を出すことに成功しています。

また、効果が出た期間としては、上位表示キーワードを3つ定めていて、1つのキーワードで半年、その後1ヶ月で残りの2つのキーワードでも上位表示されています。

空いた時間の作業で成果を出した

ホームページ制作実績のプラシアさまは、パソコンはたまに使うそうですが、べったりパソコンだけではなく、普段は職人のウェブマスターさまです。

そのため、実は少し更新頻度が不安だったのですが、土日にまとめて公開をしたりしながら、着実にページ数を増やしています。

そのため、少ない作業とは言っていますが、それなりの努力をされていました。

ただ、プラシアさまがメインで上位表示を狙うキーワードの1ページ目にランクインされているホームページの平均ページ数は1,000ページ弱です。

プラシアさまは、100ページ程度でこれらのホームページに勝っているので、最小の努力量としてご紹介をしています。

プライアさまが行った対策とは、施工事例とスタッフブログを利用しています。

実際の案件が終われば施工事例を公開するのですが、施工事例はテンプレートが決まりま過ぎているため、それほど多くの情報量は公開できません。

そのため、事例コンテンツでは、ユーザーが分かるようにはしていますが、概要を掲載して、メインはyoutubeの閲覧にしているようです。

そしてその内容を深くスタッフブログに掲載しているので、1案件につき2ページを公開ができるようにしています。

実際にこれらの作業を半年間続けられていて、その結果、100ページほどで狙ったキーワードの中でメインのキーワードで上位表示を実現しました。

また、現在では、サブキーワードでの上位表示をどんどん進めていて、大半のキーワードで上位表示ができた形になります。

少ない作業を3年続けている

当社のホームページ制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスは、弊社がSEOサポートした中でもっともSEO効果を出しています。

SEO効果を出したのがホームページを公開して1週間以内になっています。

ただ、ホームページ制作中からスタッフブログを毎日1記事公開されていて、さらには鍵をかけずに作業を行っていました。

そのため、実はトップページが完成した段階ですでにグーグルからはトップページを認識されていたのです。

そして大体弊社の納期が3ヶ月になるのですが、3ヶ月間で100記事以上を公開しました。

その結果、公開して1週間以内で高いSEO効果を発揮できたのです。

そして、2020年の12月までは、営業と兼業で毎日1ページを作成し続け、SEO効果を高め続けています。

2022年2月ごろだったと思いますが、ウェブマスターを雇用しても良いと判断をされ、ウェブマスターさまがその後は引き継いで作業を行っています。

現在は非常にグーグルからも評価が高いので、1週間で1ページの公開まで更新頻度を落としています。

こちらのホームページは本当に理想的な効果を発揮していて、毎日1記事が少なくないと思われるかもしれませんが、たったそれだけで高いSEO効果を得れているのでご紹介しました。

SEOはスケジューリングが大事

今回ご紹介したどの会社さまもそうですが、1週間ホームページを放置することはなく、ある程度のスケジュールを持ってサイト運営を行っています。

そして弊社の実績から見ても、ホームページ制作時にしっかりとスケジューリングを行い、実際に作業を継続しているホームぺージがSEO効果を得ています。

そのため、SEOは単発ではなく中長期的な作業によって成功すると思われます。

現在SEOでお悩みの方は、ぜひ毎日1ページでも良いですし、週3ページなどでも良いのでスケジュールを立てて対策を行いましょう。

ただ、このボリュームについてはライバルサイトのページ数も関係しているので、ライバルサイトのページ数を出してから計画を立てる必要があります。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP