大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

最小の労力でSEOで成果を出す

SEOについては提案をしていていつも思うのが、本当に多くの労力がかかるということです。

SEOで成果を出そうとすると、細かな仕様はあるのですが、大雑把に説明すると、新規ページの作成と被リンクになり、これらの数値を上位表示しているホームページよりも多くする必要があります。

そしてこのページ数と被リンク数は、さすがに1ページ目のホームページでは膨大な量になっており、1ページ目と2ページ目の違いがざっくりと被リンク数とページ数で3倍以上は変わってくると思っても良いと思います。

そのため、それらのホームページを追い越せるSEOとするためには、ページ数の大幅な増加と被リンク数の大幅な増加が必要になりますが、これらを数値データとして提出すると多くのお客さまでは、不可能であると考えられて今います。

しかし、SEO対策はホームページ制作においては必須で、結果を出していくことが大切になるので、不可能だと思われた状態で無理やりホームページ制作を行っても成果が出ることはありません。

そこで、このような競合他社が非常にSEOに強い場合には、どのように考えていけばいいのか、弊社がどのような提案を行っているのかについてご紹介をいたします。

基本的には1年単位で見る

このようにページ数の作成と被リンク数の獲得が難しい場合に、SEOを短期で考えるのではなく、中長期の戦略として考えなくてはなりません。

そして、今回ご紹介する対策は、実際に根拠のある提案ではないのですが、しかし実際に弊社のホームページ制作実績で、多くの企業さまが上げている対策になるので、何かしらの効果的なSEO対策にはなっていると考えられます。

そのためこれらの対策をしっかりと行うことで、順位が上がると思われますが、しかし実際にどのタイミングで上がるのかと言うのは正直なところとしては不明になっております。

しかし、直近でこれらの対策で上がった会社さまでは、6ヶ月間以下の対策を行っていただくことで、まだ低いですが、20位前後から10位前後まで検索順位が上がっておりますので、おそらく現状の対策を後半年行っていただければ、5位程度までは上がるのではないでしょうか。

そしてこのSEO対策は、通常のSEO対策に比べて、被リンク対策を行う必要が無いため、多くの企業さまで続くSEO対策となるのです。

では実際にどのようなことを行っていけばいいのかについてご紹介をいたします。

ホームページ内のブログを更新

まずは、ホームページ内のブログの更新を行っていただいております。

これについては、一般的なSEOでも行うのですが、一般的なSEOにおいては、月に15ページほどを作成してくださいという依頼の仕方になるので、特に周期を意識せずに更新を行っていただいております。

しかし今回ご紹介する方法では、最低でも週1での更新を推奨しており、一般的には金曜日までに作業をしていただき、ワードプレスの予約機能を使って月曜日にアップをいただいております。

もちろんこのアップするタイミングや原稿作成のタイミングは異なっても問題が無いのですが、しっかりとこの予約投稿機能を使って、情報を公開していくことで、ホームページはより効果的なものになるのです。

フェイスブックを利用する

フェイスブックを利用するというのは、実際に上がっているホームページがフェイスブックを利用しているためであり、何か根拠があるわけではありません。

しかし、上がっているホームページのほぼすべてが共通しているポイントは、フェイスブックを運用していることになっており、そのフェイスブックから稀に自社のホームページへとリンクを張っております。

これらの根拠はないのですが、それが上位表示と関係しているとも言いづらいのですが、上がっているホームページの共通点としては、これらになるのでしっかりと対策を行うと良いでしょう。

ただし、もしかしたらまったく効果が無い恐れもあるので、あくまで参考としての対策ととどめて頂ければ幸いです。

ホームページ公開後の被リンク

そして、上がっているホームページについては、ホームページ公開後に必ずリンクを付けれるだけ付けております。

このリンク元は基本価値が高いホームページとして協会などのホームページからのリンクが良いのですが、リンクを張ってくれる協会がなければないで問題がありません。

ただし、リンクを0と言うのはまずいように思われ、弊社は基本的にホームページで成果を出すのはページ数と被リンク数になると考えているので、協会がなくてもいくつかの企業が登録できるリンクは対策として張っていただいております。

これで上位表示ができるのか

原則弊社の考えとしては、原則SEOで成果を出すためには被リンクが重要になると考えておりますが、実際に上記の対策で上げているホームページの数が非常に多くあります。

もちろん、これらのホームページの被リンク元のチェックなどはたいして行っていないので、書いた記事に大量にリンクが付いている恐れがあると言えばあるのですが、現実的にはおそらくそのようなことはありません。

そのため、弊社が考えるに、おそらくですがホームページの更新頻度が高いことと、最初についたリンクの価値が高い場合に上がっており、それ以外のホームページでは上げることができていないのではないでしょうか。

しかし、現在の成功法のSEOでは、ページ作成も大変ですが、さらには被リンク対策はもっと大変になるため、これらで上がってくれれば、最良のSEO対策としていくことが可能なのです。

そのため、弊社ではこの上がったことを事例として、ホームページ制作提案時には、セオリー通りのSEOの提案はもちろん行いますが、それだけではなく、これらの対策もとりあえずは提案をして、よりお客さまのホームページ運営を最小化したSEO対策の提案としていこうと思っております。

SEO対策の作業は本当に大変なものになっており、できればその作業量を大幅に減らしたほうが良いので、これらを徹底することで、ホームページ制作の成果を大きく向上することが可能なのです。

TOP

ホームページ制作実績