大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

弊社が考えるSEO施策ごとの効果

弊社が考えるSEOとその効果

現在のSEOは、Web制作会社やSEO会社によって言うことが異なっており、実際にお客さまにおいては、どのようなSEOを行えば良いかが分からないことがあると思います。

そのため、実際に弊社は大阪のWeb制作会社になるのですが、弊社がお客さまにSEOを提案したり、さらにはSEOサポートを行っている際に提案しているSEOをご紹介いたします。

弊社が行うSEOは基本的にはグーグルの発言からSEO施策を決定しており、さらにはグーグルの発言は大規模サイトが中心になっているので、中規模あるいは小規模のホームページで試してみながら、マイナーチェンジを繰り返したSEOをご提案しております。

当ページでご紹介するSEO施策を行い、実施に多くのホームページで狙ったキーワードで上位表示を実現しておりますので、SEOでお困りの方は参考にされてみてはいかがでしょうか。

ページ数の多さ

ページ数を増やす

ページ数の多さとSEOは密接に関わっていると思われますので、Web制作時にしっかりとお客さま自身で新規ページを作成できるコンテンツを用意することは非常に重要です。

その理由は、グーグルはSEOで順位を高めるには、ユーザーの検索キーワードに対して最も詳しいホームページを1位から順番に並べていると発言をしていることがあり、この詳しいというのはボリュームや内容もそうなのですが、一つの指標として、それなりのページ数が必要になるのです。

例えば弊社の例で言うと、弊社のホームページはトップページで【Web制作】というキーワードで上位表示を狙っております。

そしてこのキーワードでトップページを上位表示させるには、Web制作に関連するページ数を増やす必要があり、これが現在のトップページのSEOの主流であると言っても過言ではありません。

そのため、もちろん、闇雲にページ数を増やすのではなく、しっかりとページタイトルがWeb制作に関連することと、ページタイトルに対して詳しいページとすること、さらには重複するニーズのページを作成しないことの3つが大切になっており、この3つを実現するページを増やしていくことで御社のホームページはSEOで高い効果を得ることが可能になるのです。

ただし、SEOはページ数だけが評価に繋がるのではなく、上記に加え、被リンク数やサイテーション効果などもあるため、あくまで1指標として捉え、とにかくページを作成してもSEO効果が出るとは言い切れないということを理解することが重要になります。

1ページあたりの文字数

文字数

1ページあたりの文字数は、ホームページ全体で文字数の多いページを作成するのではなく、コンテンツによって文字数を変更することが重要になります。

現在のWeb制作はワードプレスを導入して、お客さま自身で更新をしていただくことが一般的になるのですが、お客さまの感覚としては少ない文字数でホームページを更新したいと言われることが多いですが、この文字数については、コンテンツによって異なるものになっております。

例えば、スタッフブログであれば最低でも2,000文字は記述したほうが良いですし、新着情報は500文字程度などのようにコンテンツごとに最適な文字数を算出してその前後の文字数で更新作業を行うのが良いでしょう。

現在のグーグルは、多くの方が言うように文字数とSEOは関係が無いものになっているのですが、しかしそれぞれのページで適切な文字数が存在しているように思われますので、しっかりとWeb制作時にコンテンツごとに適切な文字数を算出し、その文字数でページを作成することが重要になっていると思われます。

この文字数を定めなければ、お客さまによってはすべてのページで文字数が少なくなってしまうため、この文字数が少ないページを量産することは、最悪のケースでは一切検索順位が上がらないということもありますので、文字数に注意して運営を行うことがオススメです。

新規ページとリライトの効果

新規ページ作成とリライト

新規ページとリライトの効果を明確に理解することが大切です。

まず、新規ページ作成においては、基本的には新規のページと関連するページのSEO効果の向上と、流入検索キーワード数の向上があります。

そしてリライトの効果としては、そのページ自体のSEO効果の向上と、リライトしたページと関連するページのSEO効果の向上があります。

確かにリライトを行い、そのページで利用しているキーワード数を増やすことができれば、流入キーワード数は増えると考えてしまいがちですが、しかし弊社のこれまでのSEO経験から言うと、そこまでの効果は発揮できないと思われます。

そのため、Web制作時から新規ページとリライトの効果を理解して、実際に検索からの訪問者数を見ながら、現在新規ページ作成が必要なのか、それともリライトが必要なのかを明確にして対策を行うことがオススメになっております。

ただし、弊社ではホームページの公開直後はリライトは必要が無いと思われ、ページ数が少ないうちは、新規ページ作成を全力で行っていただくことが重要であると説明をしております。

被リンクは最小限で良い

最小限の被リンク数

被リンクのSEO効果は、まだまだ高いものになっているのですが、この被リンクをグーグルがどのように認識しているかは分かりません。

そのため、基本的には、「テーマが同じ」か「国などの信頼性が高い団体が運営している」ホームページからの被リンクだけを集めることが大切になっております。

この被リンクについては、大半が無効化されていると思われ、被リンクを増やす際には上記の2点に絞って被リンクを集めることが重要になるのですが、しかし被リンク対策に多くの時間を取ることはオススメせず、基本的には新規ページ作成やリライトなどの内部SEOで上位表示を実現することがオススメになります。

そして弊社の実績では、基本的には被リンクは最小限でよく、そしてSEOキーワードの難易度が低い場合は被リンク数が0であっても上位表示を実現しております。

ただし、SEOキーワードの難易度が少し高いと必ず被リンクは必要になるので、その場合には最小限の被リンク数を獲得し、基本的にはホームページ内部に新規ページ作成を行ったり、リライトなどを行い、しっかりとSEOに最適化することに注力するようにしましょう。

更新頻度は検索順位から計算

適切な更新頻度

更新頻度は高ければ良いというものではないように思います。

というのが、実際に弊社の提案としては、Web制作時にお客さまが上位表示を狙うキーワードで1位から10位のホームページのページ数をカウントし、そして平均値を出して、その平均値を目標に新規ページ作成を大量に行っていただいております。

そしてその際に、例えば平均値になるまで1日に新規ページを3ページ作成して頂いたとすると、ある程度検索順位が上がった後は、少しずつ更新頻度を落としたほうがSEOに効果を発揮しているように思われます。

実際にSEOを行われている方が少しでも検索順位を高めようと考えたときに、ライバルの更新頻度を調べると、まったく更新されないのに自社の検索順位よりも上位に表示されているという状況を見たことがあると思いますが、これはグーグルの認識速度と更新頻度が関係していると思われます。

どんどんページを追加することは、もちろん悪いことではなく、目標ページ数になるまでは、しっかりと質の高いページを作成することで、時間はかかりますが、検索キーワードに対して詳しいホームページへと成長させることが大切で、目標ページ数まで到達したら次はグーグルの認識速度に合わせ方が効率を高めることができるのです。

もちろん、1日に3ページの追加を永続的に行える方が、検索キーワードに対して詳しいホームぺージへと成長する可能性が高いので、継続できるのであればそれでも良いですが、弊社のこれまでの実績では、最初はネタも豊富にあるため、3ページでも問題がないのですが、ある程度のページ数になってきたら、更新ネタに困ってしまい、新規ページの作成が進まなくなることが一般的です。

そのため、弊社のWeb制作においては、目標ページ数までは一気に作成していただき、そして目標ページ数になったら、少しずつ更新頻度を落としていただき、最適な頻度で更新を行うことで、効率の良いSEOを実施していただいております。

画像などの利用は効果的だと思うが

画像などの利用とSEO

画像やStrong、表、箇条書きの利用はかなり効果を発揮していると思います。

特に画像とSEOは密接な関係にあると思われ、弊社のホームページでは現在リライト作業を行っているのですが、このリライト作業の大半が画像の掲載になっており、その効果は、もともと30のキーワードで平均35位前後だった検索順位が現在は平均14位まで向上しております。

もちろん画像だけではなく、Strong、表、箇条書きも利用しており、strongタグはSEOに関係があるとグーグルも公表していること、さらには現在のグーグルはページの読みやすさもSEO評価の基準であると公表しているので、表や箇条書きもSEO効果があると思われます。

実際に弊社のホームページはこの4点を利用してスタッフブログに新規ページを作成したりリライトをしているのですが、弊社の実績のお客さまの中には、画像だけを利用されている会社さまもいらっしゃり、これでもSEO効果を高めております。

そのため、最低でも画像は利用すること、そして作業時間に問題がなければ、Strongや表、箇条書きを利用して、SEO効果の最大化を図るようにし、しっかりとこれらを継続することで必ず御社のSEOは成功いたします。

youtubeがオススメ

youtubeのSEO効果は高いかも

弊社ではWeb制作時にスタッフブログを作成しており、日々、運営の中でこのスタッフブログの更新を行っていただいております。

そしてこのスタッフブログを更新していて、ページの内容によってはyoutubeを埋め込んだりしているのですが、このyoutubeの埋め込みは実はSEO効果があると思っております。

実際に弊社だけではなく、お客さまのホームページにおいても、youtubeの埋め込みではなく、youtubeページへのリンクを掲載している会社さまもいらっしゃるのですが、その会社さまでは、日々新規ページ作成を行い、そしてその新規ページでyoutubeの埋め込みやyoutubeページへのリンクを掲載することで、その会社さまのSEOは日に日に検索順位を高めており、youtubeの効果であるとは断言できませんが、しかし確実に検索順位を高められているのです。

さらには、かなり検索順位が高く、成約数もお客さまの予想を超えた成果を出している会社さまにおいても、ページのリライトを行いながらyoutubeを掲載しているのですが、さらに検索からの訪問者数を増やしているので、弊社ではyoutubeの埋め込みやリンクの掲載はSEO効果があると言わざるを得ないのです。

ただし、1ページにyoutubeを埋め込んだだけでは、そのページ自体のSEO評価は高まりますが、その他のページのSEO評価は高まらず、さまざまなページにページ内容に関連するyoutubeの埋め込みを行うことでホームページ全体のSEO効果を高めることが可能であると思います。

ただし、必ず検索順位が高まると保証できるものではないので、運営する際にyoutubeの埋め込みも効果があるかもしれないと理解をして埋め込まれることを推奨いたします。

HTMLの正しい記述のSEO効果は高い

正しいコーディングはSEOに効果あり

1つのホームページでSEOを意識したコーディングとSEOを意識していないコーディングで比較したことはありませんが、しかし弊社の実績で言えば、コーダーによってSEO効果が異なっております。

もちろんSEOを意識したコーディングでは何か特殊なことを行っていることはなく、W3Cが定めた標準のコーディングがHTML Living StandardとCSS4になっているので、HTML Living StandardとCSS4でコーディングを行うことでSEOに最適化されたソースコードになっております。

そしてさらには、コーディングを行う際に、少しでも検索エンジンがページを正しく認識できるように、可能な限りシンプルなコーディングを行うことが重要になっていて、これらをしっかりと行うことで、SEOに効果的なコーディングとすることが可能になります。

上記はあくまで弊社の意見

上記は弊社のSEOの考え方

上記が普段お客さまのホームページにSEOを行ったり、さらにはSEOサポートを行う際に注力しているポイントになっております。

現在のSEOはグーグルがすべての情報を公開しているものではないので、Web制作会社やSEO会社ごとに考え方が異なりますが、実際に弊社上記のような対策を行うことでSEOを成功へと導いております。

もちろん、上記がすべてであるかというとそいうことはなく、上記以外にも基本的なことになるALTタグの導入や、XMLサイトマップの設置などの基本的なSEO施策も重要になっております。

当ページをご覧の方で、より詳しいSEO施策にご興味がある方は、弊社ではSEOサービスを提供しておりますので、まずはお気軽にご相談をください。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

これまでの実績