サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページ制作実績の複数の会社がSEOの基本だけで成功

SEOの基礎だけで成功した会社さま

弊社のホームページ制作実績の会社さまが、SEOでこれと言った対策はせずに普通にサイト運営を行うだけで成功しております。

グーグル自体の発言も、普通にサイト運営を行うことを推奨していて、もちろんどの会社さまもSEOは狙っていましたが、特にこれと言った対策はしておりません。

今回はこの普通のサイト運営で成果を出した事例をご紹介したいと思います。

SEO特化のホームページ制作と普通のサイト運営

当社はSEOに強いホームページ制作を売りにしております。

そのため、弊社が普通にホームページを制作したわけではなく、かなりグーグルの巡回プログラムを意識してクローラビリティーの高いホームページを作っています。

もちろんサイト構成などもグーグルの認識を意識したのですが、特徴的なこととしては、各ページの原稿はお客さまのいったまま公開をしています。

その理由は、今回ご紹介するすべての会社さまは、ホームページに掲載する内容にこだわられていた点です。

もちろん調査方法をこの段階ではお伝えしていないので、原稿自体は、ウェブマスターさまが良いと感じた原稿を作成いただきました。

そのため、ホームページ自体はお客さまの理想通りになっていて、弊社が行ったのはコーディングだけになっています。

その後サイト運営

弊社では、ホームページ制作中あるいは後に、サイト運営スケジュールを立てさせていただきます。

その時にキーワード調査法なども一応お伝えしますが、これらを行ってくれる企業さまは少ないです。

そのため、タイトルを作成する際にそのページで上位表示を狙うキーワードを定め、それと類似するあるいは言葉は違うけど同じ意味のページは作らないことだけをお伝えしました。

そして、ライバルサイトのページ数を調査し、上位表示を狙うキーワードで1ページ目にランクインしているホームページの平均を目標値に定めたのです。

そこからは会社さまによって、ペースが異なりますが、その目標値を目標にしっかりとサイト運営を継続していただきました。

もちろん、原稿作成時には、テクニックではなくとにかくユーザーが見たときに満足できるかを意識して頂いています。

ここでは調査をしていないので、もちろん不足しているや、いらない情報なども豊富にあると思われます。

しかし、実は以下でご紹介するホームページは、目標値よりも少ないページ数でも上位表示を実現したのです。

では、実際にホームページ制作実績の会社さまがどのようなサイト運営を実施したのかをご紹介します。

パソコン自体を普段触らない

ホームページ制作前はほとんどパソコンすら触らない職人のウェブマスターさまの会社では、それほど文章は書けないと言われていました。

ただ、原稿作成は、そちらの会社さまが現在できる最高の文章を書いていただいていて、かなり努力をされていたと思います。

1ページあたりの原稿料としては、500文字と画像が1点程度です。

ただ、この500文字をしっかりとそのページタイトルに対して詳しい内容で記載いただきました。

その結果、確か上位表示ができたのが、50記事目を作成したときになっていて、弊社としてもかなり驚いた事例です。

キーワード難易度が低いからだろうと思われるかもしれません。

キーワード調査を行ったときの結果で言えば、決して簡単ではなく、中くらいのキーワードでした。

さらにはライバルサイトのページ数の平均は、300ページ前後になっていたのですが、それが70ページくらいでライバルに勝っています。

グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンがどのような判断を行ったかは不明です。

ただ、ユーザーのための原稿がここまで効果があるのかと正直驚かされた案件になっていました。

現在では狙ったキーワードで上がったので、さらに難易度の高いキーワードでSEOのためのサイト更新を実施されています。

1つのネタで2ページを作成

上記よりもさらに難易度が高いキーワードで上位表示をした事例です。

こちらのホームページは、施工事例紹介とスタッフブログがあり、1現場が完了したら、施工事例とスタッフブログの両方にアップをされていました。

ただ、同じ内容ではありません。

施工事例では写真をフンダンに利用して、原稿量は200文字くらいですが、画像枚数は10枚を超えていました。

施工事例を、ユーザーが直観的に分かるためのコンテンツとして考えられていたのです。

そして施工事例をアップし終わると、次にスタッフブログを更新されています。

こちらは大体1500文字程度ですが、施工事例へのリンクを貼り、とにかくテキストで詳細を書いていただいていました。

これが効果を出して、実際に施工事例は内部リンクがあるのにまったく上がっていませんが、トップページとスタッフブログが非常に高い検索順位になっています。

特にトップページは、ビジネスに関連するキーワードすべてが網羅されているので、非常に高い集客力があり、さらには成果も達成できています。

ライターの原稿作成力が異常に高い

最後にホームぺージ制作後にライターを雇用された事例です。

ホームページ制作後にSEOのためには新規ページ作成が必要だと提案したところ、ライターを雇用されて、サイト運営はライターの方と打ち合わせを行いました。

特にキーワード調査や文字数の話などは一切しておりません。

とにかくユーザーのために原稿作成をすることと、さらには類似コンテンツを作らないと言うルールだけは定めております。

そして念のために有料にはなりますが、マニュアルを用意してくれと言われ、マニュアルをご用意いたしました。

それから、半年したころには非常に高いSEO効果を発揮し、さらにはライターの文章になるので、個々のページから商品ページへの誘導もかなり高い確率で実現しています。

ライターの方は、代表者さまの昔の知り合いだそうです。

そのため、SEOライターではなく、通常の雑誌ライターになっていて、ホームページの原稿は初めて書いたとおっしゃっていました。

文章の優劣ではなくユーザーのためだけがもっとも強い

SEOの基本はユーザーのためにです。

そしてその効果が出た事例をご紹介いたしました。

会社名は伏せておりますが、他の記事で実際に社名も出していたりするのですが、一応当ページでは伏せさせていただきます。

コンテンツが重要と言われるとどうしてもプロのライターがキーワード調査を行って書いた文章でなければならないと考えてしまいます。

ただ、決してそのようなことはありません。

今ウェブマスターさまが行える最高の文章でも、検索エンジンは評価してくれるので、あれこれ考えるよりも、ユーザーを考えて原稿作成を行いましょう。

そうすれば、必ずSEOで成功することが可能です。

当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP