HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEOは中ページが大事と言われるがやっぱりトップページが大事

トップページ?下層ページ?SEOを狙うならどっち?

現在のSEOはトップページを狙うのではなく中ページで上位表示を狙うことが大切だと言われています。

しかし、実際にホームページ制作実績の企業さまを見てみると、確かに中ページも大切ですがトップページも重要だと思われます。

そこで今回は、トップページや下層ページのSEO効果をご紹介し、適切な対策を行うための情報をご紹介します。

トップページSEOにこだわるのはリスク

トップページSEOについて調べると、こだわることは非常にリスクが高いと紹介されています。

トップページSEOの難易度は高く、トップページだけで上位表示を狙うと本当に多くの時間がかかるのです。

そのため、現在においては、下層ページで上位表示を狙うことが重要であると言われていて、下層ページであれば比較的早く検索からの訪問者を集めれるのです。

トップページで上位表示を行うことが駄目なのではなく、作業に本当に多くの時間がかかるのがリスクであると言われています。

これらの情報をしっかりと理解をした上で、トップページで上位表示を狙うこと自体は重要ですので、これらを理解してい対策を行っていくのが重要なのです。

また、実際にこだわられている企業さまでは、何とか上げようとがむしゃらにサイト更新を行われるケースがあります。

しかし、がむしゃらは絶対に行ってはならない対策で、しっかりと計画を立てたサイト運営でなければ、検索順位を上げることができません。

下層ページのSEO効果

まず初めに下層ページの効果をご紹介します。

この効果は、非常に高く、まずは下層ページは、確かにホームページ全体の評価も考えらますが、しかし多くが下層ページ自体の質の高さが影響をしています。

例えばある事柄について記述をすると、その内容が適切な情報量で、さらには読みやすく理解がしやすいと全体の検索順位に関係が無く上位表示が可能です。

これは、ホームページ制作直後は非常にありがたいものになっていて、ページ作成を真剣に行っているだけで、1つのキーワードは上位表示ができるのです。

もちろん、狙っているキーワードにもよっていますが、このように下層ページ自体が上がることで、公開当初から検索からの見込み顧客が獲得可能です。

そして、検索順位が高い下層ページが増えれば増えるほど、検索からの訪問者数が向上して行きます。

また、こちらは経験からにはなりますが、下層ページのSEOで成功しているホームページは多くのトップページで上位表示を実現しています。

そのため、まずはしっかりと下層ページに取り組むことが現在のホームページ制作における基本的な対策になると思います。

トップページの成約率の高さ

では下層ページだけが上位表示していれば良いかと言うと決してそうではありません。

実際に、SEOで成功しているホームページ制作実績の会社さまを見てみると、下層ページよりもトップページの方が成約率が高くなっています。

それは、上位表示ができるキーワードのニーズの違いがまず大きなポイントになっています。

トップページは比較的ニーズに直結したキーワードで上位表示を狙います。

しかし下層ページは、ニッチなキーワードで上位表示を狙うのですが、その時に比較的に情報収集を行っている訪問者の獲得も行ってしまうのです。

もちろん、この情報収集を行うユーザーの集客も大切で、これらを多く集めることで、被リンク獲得の確率を高めれるようになります。

しかし成約率で言うと、情報収集ユーザーが多いと言うのは%を下げてしまいます。

そのため自然とトップページの成約率が高まっていくため、しっかりとトップページの上位表示を狙っていく必要があるのです。

ただし、成約率は確かにこのようになりますが、下層ページの方がニーズが合致しているかで言えば、ニーズが合致していると思われます。

これらをホームページ制作前、あるいは中に理解をすることで、正しいSEOのためのサイト運営が行えるようになります。

合計で言うと下層ページの方が多い

では%ではなく数で言うと、実は下層ページの方が圧倒的に多いです。

それはもちろん、トップページは1つですが、下層は多くあるためです。

月間に1回しかお問い合わせを獲得できないようなページでも、そのページが100あれば、100回の問い合わせを獲得が可能です。

そのため、確かに割合で見れば、圧倒的にトップページにはなりますが、しかし数では下層が圧倒するケースがほとんどだと思います。

これらを理解することにより、自社がどのようなサイト運営を行えば良いかが結構明確に分かってくると思われます。

具体的にはもちろん制作したホームページにもよりますが、まずは下層ページの数を増やすことから始めましょう。

そうすることで、確かに率で見れば低いかもしれませんが、しかし数が多ければ多いだけ、成約数を獲得が可能になっています。

そして成約を獲得することで、ホームページにかける予算を高めることが可能になるので、本当に効果的対策を次々に行えるようになるのです。

ただし質が高いことが大切

もちろん闇雲に新規作成をしていてもまったく効果が出ることはありません。

基本的には、原稿を作成する際には、しっかりとユーザーのための質を意識するようにしましょう。

例えば、各ページで上位表示したいキーワードを定め、そしてそのキーワードで訪問したユーザーに何を見せれば良いかをしっかりと検討します。

その時に、情報が足りなかったり、さらにはあまりそのページと関係が無いような情報はあってはならないのです。

ユーザーが求めている情報を適切な量配信することにより、質が高いページとなるのです。

また、読みやすさや理解しやすさも重要です。

行間や画像の利用、箇条書き、表などを利用して、少しでもユーザーがスムーズに原稿を読めるように対策しましょう。

これらの評価はどれくらいグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングに影響があるかは不明です。

しかし、現在の検索エンジンは、ソースコードだけではなく、ブラウザを利用してホームページを確認しているようです。

そのため、適切な情報量を配信し、読みやすさと理解しやすさを追求することで、必ず検索順位が高まっていくのです。

ホームページ制作後のSEOの正しい考え方

上記が弊社が考えるSEOの在り方になっています。

基本的には、トップページも下層ページもどちらも上位表示を狙うべきです。

ただしトップページSEOにおいては、下層ページのボリュームが非常に大切になっていて、当然その分時間も労力も必要です。

そのため、まずは下層ページで上位表示を行い見込み顧客を集め続けましょう。

そうすれば、訪問者数としては十分に集まってくるため、ホームページから成果を出せるようになります。

そして上位表示ページ数が増えれば増えるだけトップページの検索順位が向上していったり、さらには流入キーワード数も着実に増えていきます。

もちろん闇雲な新規作成やリライトでは効果が出ませんが、今自分が行っている作業が何のためなのかの目的を明確にして実施すれば必ず成果が出るようになります。

これが、ホームページ制作後にお客さまに説明している正しいSEOの考え方になっています。

これらを理解してホームページを制作すれば、本当に期待通りの成果を得ることが可能になります。

目標設定の難しさ

上記が正しいSEOの考え方になるのですが、現在のSEOでは実は目標設定が本当に行いづらくなっています。

と言うのも、例えば1位から10位までのそれぞれのクリック率はアメリカのSEO業者が算出しています。

しかし実際に検索されている回数は、キーワードプランナーなどを利用して調べなくてはなりません。

このキーワードプランナーが提供する回数は、本当にアバウトなものになっていて、例えばあるキーワードでは10回から1,000回のように表示されます。

そして実例として当社のホームページ制作実績のお客さまが、1,000回から10,000回の検索キーワードで1位表示をしていました。

そしてSEO業者の調査データが、1位表示で多く見て50%程度の訪問者が集客できるので、500人から5,000人の間の訪問者数が獲得できたことになります。

しかし、実際には、そのキーワードでほとんど訪問者数が訪れておりませんでした。

このように、数値データを提供していても、実はその通りになるのは非常にまれなケースになっています。

そのため、目標設定に時間をかけることは本当に無駄になっていて、着実なSEO施策を継続して行うのに時間をかけるようにしましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP