SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.01.13

原稿作成は今できる最高の品質でもSEOは成功する

求められる原稿の品質は今できる最高で良い

一般的にホームページ制作でSEOは原稿の品質と言われています。

確かに、その通りですが、ただプロライターや大ベストセラー小説家みたいな文章作成を検索エンジンは別に望んでいません。

当社がホームページ制作時には、今できる最高の品質なら問題がないと提案しています。

ホームページ制作と原稿の品質

ホームページ制作時に、もっとも多い事例が、原稿作成で止まってしまうケースで、当社は、原稿を良質にして欲しく、今できる最高の文章をお願いしますと説明しています。

ただ、これからホームページを制作される方は、多くがグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングの検索エンジンを利用して、色々と調べています。

さらに、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、リンクトインなどのソーシャルメディアを利用される方もいるでしょう。

どちらで検索を行ったとしても、恐らく品質の重要性は必ず出てくる情報です。

そうなると、クライアントは、一部のメディアや上位表示を行っているホームページでプロライターが書いた文章を自分も書かなくてはならないと考えてしまいます。

しかし実は検索エンジンはそのような優れた文章は求めていません。

実際に、当社ホームページ制作実績を見ても、ウェブマスターが職人で、これまでパソコンはおろか文章もあまり作成した経験がない方でも上位表示を実現しています。

このように、検索エンジンは、文章が上手い下手を見ているわけではなく、丁寧に作成された原稿であるかを見ています。

もちろん、内容が薄っぺらいものは論外ですが、そのページを見たユーザーが魅力的に感じてくれ、問い合わせなどを行ってくれるかどうかが重要です。

そのためには、記事作成後の公開ボタンを押す前に、一度記述した内容を読み直し、さらには公開後にチェックすることが重要になります。

では、もう少し具体的に、どう行えば、検索エンジンから評価されるかについて紹介します。

SEOで求められるホームページの原稿の品質

原稿を作成する際に、品質を担保するために、意識すべき内容を紹介します。

今できる最高の文章力

今できる最高の文章を作成し、文法や表現、技法など、自分が納得できるページを作ります。

当社ホームページ制作では、原則毎日1ページ作成がノルマになっていて、このノルマを達成するには、それほど多くの時間を費やせません。

ただ、誰が見ても得をしない原稿を作成しても、当然検索エンジンは評価してくれません。

そのため、プロライターよりは全然上手く文章が書けていなかったとしても、それは問題ではなく、自分ができる最高の文章力を発揮してページを作り上げていくことが大切です。

根拠の明確化

書いた内容に根拠がある場合は根拠も明確にしましょう。

例えば、当ページで「ホームページ制作の単価が落ちてきていると感じる」と記述したときに、なぜそう感じたかを明確にしていく必要があります。

当社推奨の対策は、国や大手メディアなどが公開しているページへのリンクになり、国や大手は、アンケートを取ったり、正確なデータを保有し、根拠がしっかりと明確化されています。

そしてそれらを見た上で、自社もそう思うというページにすれば、本当にユーザーにとって根拠が明確で信頼できるホームページへと成長します。

体験した情報

SEOにおいて、一時情報が重要だと見た経験がある方も多いでしょう。

この一時情報は、一般的に中小企業だとかなり難しいものになっていますが、実はデータ収集をしていなくても、自社の体験を書いたとしても、一次情報になります。

簡単に言うと、インターネットに出回っていない情報になっていて、メディアサイトや競合他社が記載していないコンテンツはすべて一次情報に分類されます。

そのため、できる限り体験談を踏まえた記事作成を推奨していて、体験談から、各ページのタイトルタグを定めていただくのが当社の手法になります。

原稿チェック

公開前後でページを読み直し、誤字脱字や表現、言い回しを訪問者が見やすく分かりやすくすれば、高い検索ランクへと成長します。

どこまで効果があるのかは不明ですが、グーグル曰くユーザー目線なら、自然に上位表示ができると発言をしていて対応が重要です。

テキストだけでもレイアウト

最後に、作成したページがテキストだけでも、公開後にレイアウトを確認し、改行や段落を分ける、帯を付けるなど、さまざまな読みやすさを考慮した仕組みが必要になります。

これはあまり言われていない内容で、当社もどれくらい効果があるかは不明ですが、少しでも制作したホームページの品質を高めるには重要と考えます。

ホームページ制作でSEOに求める原稿の品質は高くない

当社のホームページ制作では、これまで一切パソコンはおろか原稿作成を行った経験がない方でも、検索ランキングで高い成果を得ています。

そのため、検索エンジンはそこまで高い品質を求めておらず、それよりも丁寧に作成されたページを評価したいだけで、日々の更新作業が一気にはかどり、期待以上の順位へと成長します。

SEO目的で品質を高めるというのは、企業として当たり前の内容を求められていて、ライターやベストセラー小説家のような文章は求められていません。

これらを理解すれば、御社のホームページ制作は飛躍的に効果を発揮できるようになるでしょう。

TOP