HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

被リンクSEO業者を利用したホームページのデメリット

被リンクSEO業者を利用したホームページのデメリット

先日、当社がホームページを制作した会社が、被リンクSEO業者からリンクを購入してしまいました。

こちらは成果報酬ではなく、どうやら買い切りで、結構高い予算が必要だったそうです。

良い被リンクSEO業者も、もちろんあるとは思いますが、当社では、基本的には、購入をおすすめしておらず、それはデメリットが数点あるからです。

被リンクSEO業者とは

被リンクSEO業者とは

当社の感覚として、2022年になっているので、さすがに被リンクSEO業者は無くなっていると思っていました。

実際に、有名なSEO業者は、すべてSEOコンサルティングやホームページ内部を最適化して検索順位を向上させる施策に代わっていたからです。

なぜ変わったかと言うと、現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなど、主要な検索エンジンは、良質とするだけでも上位表示ができる仕様だからです。

また、さらには、被リンクは、効果が出る場合もありますが、基本的にはサーチエンジンにより無効化されると考えるのがベストでしょう。

そのため、実は100本を得ても、大半が無効化されているため、あまり上位表示対策として、コストパフォーマンスが良くないのです。

そう説明をすると、まれにホームページを制作した企業のウェブマスターから、「コスパは悪くても無効化であれば数を稼げば上位表示できるのでは?」と聞かれます。

残念ながら、そのようなことはありません。

検索エンジンは、被リンクの精査を行っていて、良質であればSEO効果であり、悪質であれば自動ペナルティとして無効化する処理を行っています。

確かに、自動ペナルティだけを考えるのであれば、基本的には無効化されるだけで良いですが、検索エンジンには手動ペナルティの部隊が存在しています。

自動を運よく通り抜けれたとしても、実は過剰な対策は手動ペナルティ部隊に発見されてしまい、スパム行為と認識されるリスクもあります。

このように、非常にリスクが高いものになっていて、あまり購入をおすすめできるものではありません。

さらには、当社では、ホームページ制作後に、SEOを管理しているのですが、その際に実は低品質な被リンクが大量についてしまうと、その管理に工数がかかるようになります。

そのため、もちろんしっかりとしたSEO業者であれば良いと思いますが、被リンクSEO業者からの購入は、買い切りや成果報酬に関係なく、辞めていただきたいと考えています。

被リンクSEO業者を使わなくても成果が出るホームページ制作

被リンクSEO業者を使わなくても成果が出るホームページ制作

当社ホームページ制作は、被リンクが必要であれば、増やし方はレクチャーしますが、SEOキーワード難易度がそれほど高くなければ、不要であると考えています。

特に現在のSEOで言えば、実はそれほど本数は重要な要素ではなく、良質なものを数本でも十分に効果を発揮するのです。

そのため、数を重視して低品質なものが増えてしまうと無効化、最悪、ペナルティのリスクを生むだけで、まったく役に立ちません。

実際に、ホームページ制作実績の企業はもちろん、当社サイトにおいても、そこそこのナチュラルリンク本数が獲得できても、まったく検索順位が動かない例は多くあります。

このように、現在の被リンクは、無効化の影響が強いため、非常に難しくなっています。

そして、変わりに検索エンジンが重視し始めたのが良質なコンテンツです。

良質なコンテンツについては、検索エンジンはあまり情報を教えてくれていませんが、「ユーザー目線でホームページを制作すること」と言っています。

そのため、基本的には、すべてのページでユーザー目線で原稿を作成することによって、期待以上の成果を出せるようになるのです。

また、その際に、ホームページ制作時のコーディングの最適化が重要になっています。

このコーディングの最適化を行うことによって、ホームぺージにあるすべてのウェブページを検索エンジン見てもらえ、さらには正しい情報で認識してもらえます。

検索エンジンは、インターネットに、制作したホームページを公開しただけでは、正しく認識してくれません。

まず公開した情報を検索エンジンが発見するために、適切な内部構造を構築しなくてはいけません。

さらには、検索エンジンがページ発見後に、すべてのページ情報をデーターベースに格納してくれるわけではなく、少しずつ情報収集プログラムになるクローラーが格納してくれます。

そのため、内部構造を最適化して、クローラーの訪問頻度を高めなくてはならないのです。

そして登録されたソースコードに記述ミスや、分かりづらいポイントがあれば、検索エンジンは正しく認識しようとしてくれますが、間違ってしまうケースもあります。

そのため、コーディングルールに基づいたホームページ制作、もっと言うとW3Cが定めたウェブ標準でコーディングを行うことで、より正確な検索順位になるのです。

これらをしっかりと行っていけば、実は当社ホームページ制作では、被リンク本数が0本でもSEO難易度が中くらいのキーワードであれば、上位表示ができています。

被リンクSEO業者利用のデメリット

被リンクSEO業者利用のデメリット

上記のようにホームページを制作するのがSEOにおいては重要です。

上記対策をしっかりと行ったとしても、被リンクSEO業者を利用するデメリットは存在しています。

では、そのデメリットが、どんなものになるかをご紹介します。

被リンク精査に時間がかかる

当社はホームページを制作後に、サーチコンソールのリンクをチェックしています。

ホームページに、どのような被リンクが付いているかをチェックしていくことで、最適化を図ろうと考えているからです。

そして、ここで業者が大量に張り付けたURLアドレスが表示されてしまうと、データを精査するのに余分に時間がかかるようになっています。

もちろん、当社が調査をすると有料になるため、利用法をお客さまにお伝えするケースもあります。

お客さま自身で行うときに、もし業者が設置したURLアドレスが多いと、精査が非常に面倒くさくなり、精査を辞めてしまう可能性まであります。

これは、当社としては、非常に大きなデメリットであると考えていて、業者の対策は、基本的には無効化されるケースがほとんどなので、単に精査がしづらくなるだけと言えます。

スパムリスク

業者が張り付けた被リンクは、低品質である可能性が高いため、スパムリスクを負う羽目になります。

スパムには2種類があり、スパム行為を行うと、自動ペナルティと手動ペナルティの対象になります。

手動であれば、グーグルサーチコンソールのセキュリティと手動による対策で告知されますが、自動は一切告知されません。

ここからは推測ではありますが、恐らく、多少の自動ペナルティは存在していると思われます。

もちろん、手動ペナルティのように、大幅はランキングが落ちませんが、それでも経験上は10位前後はランキングが落ちているように思います。

そのため、業者から購入する際には、スパムになるリスクがあると踏まえたうえで検討していく必要があります。

競合他社にバレる

本当に小さなデメリットではありますが、被リンクは、さまざまなツールで調査が可能です。

もし御社の競合他社が、御社サイトをチェックしたときに、明らかに業者が付けたような被リンクが多いと、業者を利用しているのがばれてしまいます。

もちろん、ばれても問題はないですが、しかしライバル企業からすると、御社がSEOに本気で取り組んでいると感じてしまい、自社も行おうと考えるでしょう。

その時に、実は御社の対策すべてが無効化されていて、ライバル企業のSEOサポートを行っている会社が適切なSEO提案をすると、結果に大きな差が生まれてしまいます。

それほど大きなデメリットにはならないと思いますが、御社の行動で競合他社が本気で取り組み、大きな差を付けられるリスクは回避すべきだと思います。

被リンクSEO業者を使うとホームページの管理が面倒に

被リンクSEO業者を使うとホームページの管理が面倒に

被リンクSEO業者を利用すると、上記のようなデメリットが発生してしまいます。

昨今のホームページ制作は、被リンクが不要であるケースがほとんどなので、メリットは基本的にはありません。

当社が思うに最大のデメリットは、ホームページの管理が面倒だという点です。

もちろん、ペナルティリスクは存在していますが、ただ、検索エンジン自体は無効化をしていると言っています。

さらに、被リンクSEO業者と言っても、ペナルティになるくらい多くの低品質な対策を行うというのも非常に稀だとは思います。

そのため、最大のデメリットは、管理が面倒になるという点であり、クライアントがSEOに本気であればあるほど、大きなマイナスになっています。

再三にはなりますが、昨今のSEOは、普通にホームページを制作し、ユーザー目線でサイト運営を行うだけで上位表示が可能です。

当社提案では、SEOに強いホームページを制作し、そしてサイト更新を行っていただくことで、上位表示を実現させています。

また、さらには、サイト更新時には、自分で行う対策ではなく、ナチュラルリンク獲得を狙います。

ナチュラルリンクでも、無効化されるケースは多いですが、しかし、どんなに増えてもスパム行為にはなりません。

さらには、本当に良質なホームページから獲得ができれば、リンクを辿って訪問者が増えますし、さらには検索順位向上が狙えます。

現在、業者から営業をされ、購入をご検討のウェブマスターは、ぜひもう一度どのようなメリットがありデメリットがあるかを整理するようにしましょう。

理想は、そのホームページを制作したWebサイト制作会社や、すでに取引があるSEO業者に相談がベストであると思います。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP