SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.12.05

競合他社と違う内容が書けないホームページ制作法

差別化したホームページ制作法

ホームページ制作の打ち合わせで、差別化の話をすると、うちの業界はどこも似たサービス提供だからできないと言われるケースがあります。

ただ、差別化がされないホームページは、一般的に考えると、成果を出す難易度が一気に高まってきます。

そのため、競合他社と差別化が難しいと思った場合であっても、できるポイントをしっかりと検討してからホームページを制作しなくてはなりません。

競合他社と違う内容で制作すると楽になる

なぜ、そこまで競合他社の差別化についてこだわるかと言うと、差別化されたホームページ制作は、後々のサイト運営効率が高くなるからです。

では、具体的にどんなポイントで楽になるかをご紹介します。

集客し続けなくて良い

もっとも大きいのが集客し続けなくても良くなるという点です。

一般的にホームページを制作すると、SEOやソーシャルメディア運用など、集客対策を継続していただきます。

それは、どんなに優れたウェブデザインやコンテンツを作成したとしても、集客ができなければ、成果を出せないからです。

ただ、差別化されたホームページを制作すると、実は新規顧客を追い求め続ける必要がなくなります。

どういうことかと言うと、差別化されたポイントがユーザーにとって魅力的だったことを想定してください。

そうすると、当然競合他社サイトを利用するよりも、御社が制作したホームページを利用してくれ、御社のファンと言っても良いでしょう。

そしてファンになったユーザーは、再度御社業界について専門家の手助けが必要だと、直接御社サイトへ訪問してくれます。

この数が増えれば増えるほど、新規開拓に時間を取られなくなり、サイト運営効率が非常に高まっていきます。

実際にホームページ制作後にSEOに取り組まれた経験がある方であれば、分かると思いますが、SEOが順調なうちはそれほど大変ではありません。

ただ、検索順位の向上が止まると、今やっている作業を間違えていて、ここで検索順位が止まったと思ってしまい、さまざまな労力が発生してしまいます。

また、ソーシャルメディアも同様です。

自分で投稿したとしても、その投稿がリツイートやいいねされなかったり、またあるいは他の方が自社サイトのURLアドレスを拡散してくれない時期が長いと不安に覚えます。

このように、新規顧客開拓を行い続けるのは本当に大変ですので、その労力を減らすためにも、ぜひとも競合他社と差別化を行っておきたいと言えます。

成約率が低くならず余裕が出る

競合他社サイトと差別化を行うことで、そこに魅力を感じた方が成約をしてくれます。

実際に、弊社のホームページ制作ではそこまで成約率が低かった経験がありませんが、まれに改定のご相談で集客はできているけど成果が出ないケースも見られます。

その場合に、差別化をしていないと、グーグルアナリティクスなどのアクセス解析を使い、さまざまな改善を行う必要があります。

そして、集客対策のための新規ページ作成だけでも結構手一杯というケースがあるのに、さらに改善作業となるとウェブマスターはパンクしてしまいます。

このように競合他社と差別化されていないホームページ制作は、成約率が低くなる傾向があり、余裕がないサイト更新業務になってしまいます。

それであれば、しっかりと競合他社と差別化されたホームページを制作し、成約率が一般的くらいであれば、余裕があるサイト運営が可能になります。

口コミが広がる

差別化のポイントをしっかりと打ち出すことにより、口コミが広がりやすくなります。

もちろん、単に良い情報が多くのブログやソーシャルメディアに打ち出されるだけではなく、被リンク獲得にも繋がります。

そうすることで、SEO効果はもちろん、成約数と率も向上させられ、期待以上の成果が出ます。

サイト運営が楽しくなる

メリットとして打ち出すべき内容ではないかもしれませんが、差別化対策を行い成果が向上するとサイト運営が楽しくなってきます。

もちろん、これらを打ち出すには、御社では対応が難しいケースもあり、予算が必要になる可能性はあります。

ただ、実際に当社実績で差別化を理解された企業が、100%ではありませんが、2回に1回は更新を依頼すると成約率が向上しています。

そして、クライアントとしても、当社に依頼すれば、成約率が高くなり、依頼するポイントを探して、楽しみながらサイト運営を行っています。

もちろん、闇雲に依頼はしておらず、しっかりとユーザー目線だけは意識をしています。

サイト運営は実際にかなり大変です。

それを楽しみながら行えるというのは、非常に大きなメリットだと思います。

競合他社と違うホームページ制作

このように、競合他社と差別化することで、本当に多くのメリットを受けられるのですが、どう考えても難しいと言われるケースがあります。

その場合は、一般論にはなりますが、当社ではこういったホームページを制作しましょうと提案をしています。

競合他社よりも詳しい情報提供

競合他社よりも詳しい情報手強を行いましょう。

このホームページを見れば、かなり詳しく情報が提供されていて、今後新商品が出たときにも競合他社サイトよりも見る価値があると思わせれるくらいしっかりと原稿作成を行います。

これも立派な差別化であると考えています。

さらには、単にユーザー視点だけではなく、検索エンジンのグーグルも詳しいウェブページ作成は評価しています。

もちろん、これ以上は無理だけど、もっと詳しくするために、この情報も追加みたいに、闇雲なコンテンツ追加はいけません。

ウェブページを見ているユーザーに対して必要な情報だけに限定をして、そして網羅させることにより、SEOとしても検索順位が高まりやすくなります。

この情報については、一般的に言われていて当社が知っている情報もライバルサイトと似たものだという場合でも、検索しまくれば必ず出てきます。

もちろん、御社サイトに訪問したユーザーも調べれば分かる内容ですが、その内容を御社が調べ、そして御社の言葉で原稿作成を行えば、魅力に充分になり得ます。

サポートを充実させる

取り扱い商品やサービスを購入したユーザーにリアルとネットでのサポートをしっかりと行いましょう。

例えばネットショップ作成で、一般的にネットショップが行っているサポートはすべてしているという場合も、そのサポート内容を箇条書きでテキストファイルに記載します。

そしてその記載された内容でコンテンツを作成していくことで、御社の魅力に充分になる可能性があります。

実際に過去に当社が作成したネットショップでは、商品を仕入れて、ただ売るだけでまったく競合他社と差別化ができないケースがありました。

ただ、その場合にも、競合他社と違った対策をしているわけではないですが、それらを丁寧に見やすくまとめて打ち出すことで、現在年商2億円にまで成長をしています。

当たり前に行っている内容でも、しっかりと打ち出さなくては、ユーザーは分かりません。

もし、競合他社が打ち出していない場合は、御社が打ち出せば、それが十分に差別化になるのです。

ただし、一度打ち出して終わりではなく、ウェブマスターが感じる現サイトの不便な点や、ユーザーからの問い合わせで不便な点は、リアルタイムで対応する必要があります。

リアルは無理でもホームページで競合他社と差別化

このようにリアルでは差別化ができなかったとしても、ホームページ、すなわちインターネットで差別化をするだけでも効果を発揮できます。

基本的には、当たり前の内容でも、しっかりと打ち出せば御社の魅力に充分になり得ます。

もちろん、打ち出した内容がユーザーにとって魅力的であればあるほど、比例して高い効果を生み出せています。

実際に当社においても、SEOなどの集客に強い成果が出るホームページ制作を打ち出していますが、同じ強みを持つ会社は非常に多くあります。

ただ、そのために必要な施策内容やマーケティングにおける考え方、ウェブマスターが知っておくべき情報をどれくらい打ち出すかが大切になっています。

実際に、当社へ問い合わせした企業から、SEOができる業者を探していて、その中で御社が一番成果にこだわっていたとの問い合わせをいただいています。

このように、他社が言っているからもう差別化にならないと考えるのではなく、しっかりと網羅させることで差別化に繋がると考えましょう。

そしてその効果としては、SEOやソーシャルメディア、外部サイトからのリンクによる流入などの効果も出ます。

さらには、サイト運営で集客対策に時間に追われることも無くなりますし、成約率も一定以上は獲得できます。

御社にとってはメリットしかないと思われ、しっかりとホームページ制作時に競合他社との差別化を考えていく必要があります。

もちろん理想は、ホームページ制作時にしっかりと対策を行うことにはなりますが、サイト運営の中で少しずつ改善していくのも良いでしょう。

ただし、その場合は現サイトにもよりますが、改定箇所は非常に多く、年単位でスケジュールを立てましょう。

そうして少しずつ対応していくことにより、御社サイトは比例して少しずつ成果を高め、期待以上の効果を得られます。

競合他社の前に御社の言葉で制作されたホームページを

ホームページ制作やサイト運営時には、原稿作成が必須です。

この原稿作成は、必ず御社自身の言葉で作っていく必要があります。

例えば、書くべき内容は、すべて他社サイトに掲載されているとしても、絶対にコピー&ペーストは行ってはいけません。

コピー&ペーストの原稿は必ずグーグルに見破られ、大きく検索順位を落としてしまいます。

さらには、すべてとは言いませんが、一部ユーザーはコピー元と御社サイトを見比べるケースもあります。

そして、最悪のケースでは、あそこの会社がコピペでホームページを制作していると拡散されるリスクもあります。

そのため、差別化をする前にしっかりと御社の言葉で原稿を作り上げていきましょう。

また、コピペではありませんが、昨今はAIライティングが目を見張るレベルで品質が向上しています。

2022年で言えば、本当にナチュラルで自然な日本語で原稿を数秒で作ってくれます。

ただ、一点問題があり、それがアメリカでは、AIライティングを見破るツールが出始めているという点です。

もちろん、検索エンジンのグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングもそれらのツールを独自開発しているでしょう。

グーグル自体もAIライティングを否定してはいませんが、ただ、AIライティングを行った企業が一気に検索順位を落とした事例も見られます。

もちろん、これらのツールを利用することは否定しませんが、ただ、出来上がった文章を一読して、しっかりとリライトしましょう。

現在のAIライティングは確かに非常に自然な文章ですが、2点問題があります。

まず1点目は情報の信頼性です。

と言うのもAIは学習をしてどんどん優れた文章を書けます。

ただ、学習したタイミング次第では情報が古いケースがあります。

2022年12月5日段階で言えば、現在の首相は?と問いかけると安倍晋三と答えます。

このように学習した時点の知識がベースになっていて、多少情報が古いケースも見られます。

さらにもう一点が重複コンテンツです。

SEOを行われている方が上位表示を狙うキーワードは大体同じです。

そして同じSEOキーワードのタイトルタグで文章を書かせたときに、パターンが同じ原稿が出来上がってきます。

そうなった場合に、他社サイトと重複していると検索エンジンが認識してしまい、検索順位が上がるどころか下がってしまいます。

このように、問題点もあると理解をして、利用するのであれば、AIで原稿を作成して、出来上がった文章を御社の強みを生かしたリライトを行いましょう。

そうすれば、まったく問題がない文章になり、期待以上の成果を発揮できます。

競合他社と異なる内容のホームページ制作に関する質問

競合他社と差別化が難しいホームページ制作に関する質問と回答をご紹介します。

どんな効果がある?

具体的には集客と成約効果の2つがあります。

まず集客ですが、SEOとしては非常に効果的です。

それは、情報の詳しさやさらには内容によっては一次情報になり得、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなど、検索エンジンは高く評価してくれます。

さらには、良い口コミが広がれば、被リンク獲得のチャンスもあります。

次に、ソーシャルメディアで言うと、投稿内容が他社では見たことがない場合、リンクをクリックしてくれる可能性が高まります。

このように集客として非常に高い成果を出せます。

さらには、どこにでも書いている情報しかないホームページは、成果を出しづらい傾向があります。

それは、消費者の購買行動がアイドマからアイシーズに変わり、比較検討が含まれているからです。

どこにでも書いている情報しかなかった場合、ユーザーは一般的な企業であると見なしてきます。

しかし、他社にはない情報が掲載されていれば、それを魅力と感じ成約してくれる確率が一気に高まります。

このように集客と成約力の両方に効果を発揮できます。

昔は成果が出ていた

実際に当社に相談をいただく企業でも、昔は適当にホームページを制作しているだけで成果を出せていたと言われるケースがあります。

残念ながら、現在では無理になりつつあります。

先述もしている通り、SEOとしては独自性がないとランキング上位は難しくなっています。

さらには、消費者の購買行動にも変化が生まれていて、比較をされてしまい、ライバルサイトに負けてしまいます。

昨今ではホームページの数は年々増え続けていると言われています。

そのため、昔は確かにそれでも効果を出していたかもしれませんが、現在では不可能になりつつあります。

昔の成功事例を忘れろとは思いませんが、現在の状況に合わせた成功事例のカスタマイズが必須になっています。

検討したけど分からなかった

検討したけど差別化できるポイントが分からなかった場合は、業者にご相談ください。

当社でももちろん対応が可能ですが、そのホームページを制作した業者であれば、御社や業界について深い知識を持っていると思います。

そしてその知識から、競合他社はこういった点を打ち出していないと理解できれば、御社だけの強みとして打ち出すことが可能です。

ただし、それで成果が出ていそうであれば、ライバルからパクられる可能性は十分にあります。

先行者利益ではありませんが、SEOにおいては早く打ち出したほうが有利であり、完全に損をするというケースは滅多にありません。

絶対に成果が出る?

差別化をすれば絶対に成果が出るとは言い切れません。

と言うのも成果を出すには集客と成約の2つのポイントが大切です。

そして差別化は、そのどちらにも当てはまる施策の1つに過ぎません。

そのため、必ず成果を出せるとは言い切れませんが、これまでの経験上は成果が出る可能性は非常に高いと言えます。

予算は上がる?

差別化をした場合においては、Webサイト制作会社によっては、料金が上がる可能性があります。

当社は、デフォルトで行う内容として、企画費用内で対応が可能ですので、特に料金は上がりません。

ただし、状況次第では納期が大幅に伸びる可能性もあります。

それは当社も提案はしますが、クライアントが納得できない場合は、納得できるまで徹底した企画を検討しなくてはならないからです。

差別化が分かるツールはない?

差別化が分かるツール自体は存在していません。

ただ、当社もすでに周知されているツールで、何か良いものがないかを探しましたが、見当たりませんでした。

そのため、こればかりは、人間の頭で考えていく必要があります。

ただし、AIが発展して、今後は分からず、もしツールがリリースされれば、当ウェブページで紹介したいと思います。

TOP