セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.12.11

ホームページのリライトで得られるSEO効果

SEO効果を高める方法で、品質を高めるリライトの重要性を紹介するホームページを多く見かけます。

当社も制作実績のホームページや当サイトで、品質を高めるリライトを行っていますが、期待していたSEO効果とは少し異なっているように感じます。

当ページでは、これまで多くのホームページに品質を高めるリライトを行い、SEO効果を見てきた結果、リライトがもたらすSEO効果を紹介します。

ホームページのリライトがもたらすSEO効果

ホームページのリライトがもたらすSEO効果を見るために、リライト後には、Googleサーチコンソールを使ってURL検査を行っています。

URL検査は、サーチエンジンに送信したURLを見に来て欲しいとお願いすることができるので、より早く効果測定が行えるようになります。

リライト対象のページの検索順位は上がる

制作実績のホームページや、当サイトで品質を高めるリライトを行った結果、リライト対象のページは、検索順位が向上することがありました。

これまでの経験で見ると、品質を意識しているリライトを行って検索順位が落ちたホームページは見られなかったので、良質を意識すれば、少なくともSEO効果が下がることはないと思います。

では、どのような場合にリライトによって検索順位が高まっているかですが、正直なところ、よく分かりませんでした。

共起語を利用する回数を増やしたり、全文をリライトしたり、コンテンツの読みやすさを向上させたり、コンテンツの過不足を修正したりと、さまざまなリライトを試していますが、どの対策も検索順位が上がる場合もあれば、上がらない場合もありました。

検索順位が上がらなかったページでは、リライトを繰り返し行い続けることで、どこかのタイミングで検索順位が上がっています。

そのため、現在のSEO効果が出るリライトでは、検索順位が上がるまで何度も、品質を意識したリライトを繰り返すことが重要であると感じます。

トップページなどの関連性が重要なページのSEO効果は低い

制作実績のホームページの多くが、SEO効果をトップページの検索順位や訪問者数で判断しています。

当社が狙っていたリライト効果とは、トップページのSEO効果を高めることになるのですが、リライトではトップページの検索順位が高まったことがありません。

もちろん、リライトページ数を多くしたり、さらに高い品質にすれば検索順位が高まる可能性はありますが、制作実績のホームページや当サイトでも検索順位が高まった事例は見られませんでした。

トップページのSEOにおいて大切なのは、新規ページ作成数であると予測され、トップページのSEO効果を狙うのであれば、リライトよりも新規ページ作成を継続した方が良いと思います。

しかし、昨今のホームページの成果で考えると、トップページだけが上位表示するのではなく、下層ページでも上位表示を実現していくことが重要です。

そのため、新規ページ作成とリライトをバランス良く継続していくことで、ホームページのSEOは成功します。

まとめ

制作実績のホームページや当サイトが行った品質を高めるリライトのSEO効果を紹介しました。

リライトは、該当ページのSEO効果を高めることは可能ですが、トップページやカテゴリーページなどの関連性が重視されるページのSEO効果は出づらいと思います。

ただ、ホームページのSEOで成果を出すためには、下層ページはもちろん、トップページの検索順位を高めることも重要になるので、新規ページ作成とリライトをバランス良く継続していくことが重要になります。