HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

Webサイト制作会社が提案するレンタルサーバー

Webサイト制作会社提供のレンタルサーバー

ホームページ制作時にはレンタルサーバーは必須になっています。

このレンタルサーバーは、どこが良いというように明確に決まっていないとWebサイト制作会社が提案してくれれると思います。

今回は、その際にクライアントさまが知っておくべき内容をご紹介したいと思います。

Webサイト制作会社の又貸しが多い

弊社がよく耳にするのが、Webサイト制作会社の又貸しになっています。

Webサイト制作会社名義でレンタルサーバーを契約し、そこにお客さまのホームページを放り込んでいるケースです。

また、最近のサーバーは非常に高機能であるため、1社だけではなく1台で複数サイトを導入が可能です。

ではどのようなデメリットがあるかをご紹介します。

単純に高い

この又貸しを利用すると、単純に料金が高いように思われます。

現在当社がおすすめするエックスサーバーさまは、月額1,000円になっています。

弊社がよく耳にするのは、10,000円になっているので、月額で9,000円ほどの差があるのです。

もちろん、これくらいの費用であればと考えられる企業さまもいるとは思います。

しかし、月額9,000円であれば年間10,8000円になるので、この浮いた分でサイト運営をご依頼いただければと考えています。

サーバー費用は確かに必要経費ではありますが、しかし費用を高く出せば成果が出るものではありません。

そのため、死に金とは言いませんが、無駄な経費になっているのは間違いありません。

これらを理解して申し込まれている場合は問題がありませんが、やはり少しもったいない予算であると考えています。

サーバーで問い合わせるケースはほとんどない

又貸しの際のメリットとして、サーバーでトラブルが行ったら弊社が対応しますというのは一般的によく言われていると思います。

当社でも、お客さまが直接契約をされていても無料対応をいたしております。

その理由は、最近のレンタルサーバー会社は、かなり高機能になっていると考えています。

そのため、実はほとんどサーバー系のご質問やご相談はないのです。

もちろんホームページに関わるすべてを依頼したいのであれば良いとは思いますが、万が一に備えようという場合は、一切不要になっています。

リニューアル時に障害

ホームページリニューアルのご相談をいただいたときに、サーバーは元の会社に任せているので、少し待って欲しいと言われるケースがあります。

FTPやサーバーの契約情報など、すべてがもともとのWebサイト制作会社に抑えられているため、対応が非常に遅くなってしまいます。

さらにはリニューアルで契約を元の業者から御社に移管させたいと言われるケースもあり、これらは本当に無駄な予算になっています。

契約については当社ではなく、クライアントさまへの譲渡でお願いしています。

そうすれば、さらにその次にリニューアルをする際に、当社以外のWebサイト制作会社に依頼をしても、サーバーで無駄な時間を使わなくてもよくなります。

ウィルス感染のリスク

これは、レンタルサーバーを借りている以上は、多少のリスクがあるのですが、しかしWebサイト制作会社の又貸しよりは、安全性が高まります。

Webサイト制作会社が又貸ししているレンタルサーバーを借りると、実はウィルス感染リスクが高まるのです。

というのも、他社も同じサーバーに入っているケースが多くなるので、そのうちの1社が感染すると御社も感染します。

また、Webサイト制作会社がずさんな管理をしてしまい、FTP情報が盗まれてしまうと、すべてが感染してしまいます。

自社の責任で感染したのであれば多少は諦めがつくとは思います。

しかし、他の方の責任で自社サイトが感染するのは納得ができない方も多いのではないでしょうか。

もちろん、レンタルサーバーを利用している以上は、多少のリスクはありますが、直接契約をすればそのリスクを減らすことが可能です。

対応が遅いケースもある

レンタルサーバーへの対応は当社も遅くなります。

それは、クライアント企業さま→弊社→サーバー業者という流れで問い合わせをしているためです。

またさらに弊社から問い合わせをしても、即答してもらえる場合もありますが、技術的な話であれば、2,3営業日かかるケースもあります。

そのため、当社のサポートにおいても実は質問次第では、最大5営業日程度を見てもらっています。

しかし、弊社が聞く話では、1,2週間かかるというケースも耳にしました。

現実的に恐らくではありますが、Webサイト制作会社が止めている可能性があるのです。

もちろん、お急ぎでない場合は問題がありませんが、急いでいる場合はこのタイムロスは非常にもったいないものになっています。

当社は自社契約をおすすめ

このように又貸しはさまざまなデメリットをお客さまに提供してしまいます。

そのため、当社では基本的にはクライアントさま自身での契約を推奨しています。

契約フェーズであれば、実は申し込み方法をお伝えするだけで問題がありません。

さらには初期設定については通常Webサイト制作会社であれば、どこでも行えるものになり、クライアントさまに労力はかかりません。

そしてサイト運営上については、実はほとんど問い合わせるケースがないのです。

万が一、運用上で問題があれば、当社は無料対応しております。

実際に、まったくホームページに詳しくない方であっても、サーバー契約は簡単に行えているので、やるかどうかだけの話になっていると思われます。

ぜひ、現在又貸しを利用されている方は、自社契約への切り替えを行ってみてはいかがでしょうか。

個人的にはホームページにまったく影響が出ないと思われます。

Webサイト制作会社が事業としているケースも

Webサイト制作会社が提供しているサーバーは、基本は又貸しになるのですが、中には自社でサーバーを構築して、それを提供している会社もあります。

これであれば、管理者が社内にいるため、安全だと思います。

サーバーを構築できるだけの知識を持っているため、しっかりとした管理体制で運用されている可能性が非常に高くなります。

また、提供サービス次第ではありますが、もし費用がレンタルサーバーと変わらないあるいは安全性が高いようであれば、契約しても問題ないでしょう。

この境目としては、うちのサーバーを使ってくださいと言われたときに、自前のかレンタルサーバーの又貸しかを確認することがおすすめです。

また、自前であれば、セキュリティー対策や安定性なども併せて確認をすることで、より安心で安全なレンタルサーバーの利用が可能になります。

ただ、最近は本当にレンタルサーバー会社が安いので、よほど何かしらの理由がない限りは、当社ではレンタルサーバーをおすすめしています。

正しい認識を持っていれば問題ない

ホームページ制作において、レンタルサーバーは必須です。

そしてどの契約が良いあるいは悪いとは言えません。

正しい認識を持ってどこを利用するか選定していれば、全く問題がないものになっています。

一番大きな問題はよく分からないままWebサイト制作会社の言った通りに契約を進めることです。

ホームページ制作と同様に、ある程度のサーバー知識を付けて適切な選定を行うようにしましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP