SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.01.05

仕組みでホームページの被リンクを獲得

ホームページ制作時から被リンク獲得の仕組みを構築

ホームページ制作後、SEOに真剣なウェブマスターであれば、被リンク獲得に悩まれた経験があると思います。

昨今では、実は被リンクがなくても上位表示ができる仕様ですが、なくても良いわけではなく、あったほうが上位表示がしやすくなります。

今回は、ホームページ制作時から考えたい獲得できる仕組みの構築法を紹介します。

被リンクの獲得とは

被リンクの獲得とは、他社が制作したホームページから自社サイトへURLアドレス付で紹介してくれることを言います。

昔は数が多ければ良かったのですが、現在は良質であるという点が意識され、ホームページ制作後のSEO難易度が上がりました。

従来は、アメブロやタンブラーなどの無料ブログを開設し、記事を書いてリンクを送るだけで良かったのです。

現在は、低品質なものはすべて無効化され、当社の経験で言えば、高品質なものも無効化されているように感じます。

そのため、ウェブマスターは、ホームページの訪問者が利用するものに限定する必要があります。

さらには、自分で苦労して、ホームページや無料ブログを更新しながら数を増やすよりも、自然発生するものをターゲットにするのがベストでしょう。

自然発生していれば、労力が一切かからず、仮に無効化されたとしても痛手はありません。

そのため、ベースは自然発生するナチュラルリンクを狙うことがホームページ制作では鉄板の対策になります。

ただ、それでは十分な量を獲得することができず、多少プラスアルファで対応するようにしています。

ちなみに、被リンク元を増やす方法についてはこちらのページに網羅しています。

ホームページ制作時に行う被リンク獲得の仕組み

ホームページ制作時にクライアントが行うべき獲得の仕組みを構築する方法を紹介します。

良質なコンテンツ作成

良質なコンテンツを作成すれば、ナチュラルリンクが獲得できます。

良質は、現在のホームページ制作では当たり前に行われる対策法で、高品質であればあるほど上位表示が可能になります。

ただ、何を持って良質かは、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなどの主要な検索エンジンは一切公表をしていません。

現在、SEOにおいてはかなり重要なポイントになり、品質を意識した新規ページ作成やリライトを行いましょう。

実際に、実績企業や当サイトにおいても、年間で10本くらいを目途に獲得に成功しています。

今自分にできる最高の原稿作成を継続しつつ、常に記述法をチューニングし続けていれば、必ず文章作成が上達し、被リンクが獲得できるようになります。

状況次第でサテライトサイトを作成

状況次第と言うのは、更新や運営業務ができるかどうかです。

検索エンジンは被リンクの質を見ていて、当然元もホームページ制作時から、運営を行う前提でなければ意味がありません。

更新業務が継続して行えるようであれば、サテライトサイトを作成して、数を増やしていきましょう。

ただし、数を増やすと言っても、全ページから行っては駄目で、自分がブログ運用を行ったときに、行うくらいのペースがベストになります。

具体的な数値がないと難しいという場合は、自社サイト以外も含めて、10記事に1本程度がベストだと提案しています。

サテライトサイトは、ホームページを制作する必要はなく、無料ブログでも問題ありません。

当たり前の活動

企業運営で必要なプレスリリース配信サービスや国が制作したホームページ、求人サイトへの登録など、企業を運営していたら利用するサービスやツールを活用しましょう。

検索エンジンは、SEO施策を行っているホームページを非常に嫌う傾向がありますが、普通の活動は効果が0かプラスになり、ペナルティは心配がありません。

もちろん、闇雲に大量の被リンクを集めてしまうと、SEO目的だと思われ、本当に活用する価値がある対策だけにしなくてはなりません。

当たり前の活動を短期ではなく、中長期計画で実施すれば、御社は高い検索順位へと成長します。

ホームページ制作後は短期ではなく中長期戦略で被リンクを

SEOにおける被リンク対策は、狙うと本当に膨大な作業量になり、あまりおすすめができません。

基本は、短期ではなく、中長期計画を立て、自然と増やしながら、検索順位が上がる計画やスケジュールがベストでしょう。

ただし、スケジュールを立てると言っても、SEOは最終判断は検索エンジンが行い、例えば来週には10位にランクインする予定を立てるのはおすすめではありません。

もっと漠然と、今月中に狙ったキーワードで10位上げるなどの目標を立て、必要な作業を継続し続けることが重要です。

SEOの被リンクは、なくても上位表示が可能ですが、あったほうが高い効果を発揮します。

そのため、ホームページ制作時からしっかりと計画を立てて、中長期戦略として、対応するようにしましょう。

最後に、短期計画で大量に獲得しても、大半が無効化され、努力をした時間の無駄使いになります。

TOP