サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

無料の外部リンクサイト

無料の外部リンクサイト

弊社は、大阪のWeb制作会社で、弊社のホームページ制作では、SEOに注力して、お客さまに成果をお届けしております。

そして、このSEOでは、弊社はWeb制作会社になるため、内部SEOだけで上位表示を実現したいと考えているのですが、しかし上位表示を狙うキーワード、すなわちライバルになるホームページ次第では、被リンクがないと上位表示ができないこともございます。

グーグル自体も、「理論上は、被リンクがなくても上位表示は可能だが、ライバルの被リンク数が多いと、内部対策だけでは上位表示ができない」と発言しているため、ホームページ制作を行えば、多少で良いとは思いますが、対策を行う必要があるのです。

そこで、今回は、弊社が把握している外部リンクサイトについてご紹介をいたします。

ただし、当ページに掲載された内容を行ったからと言って、上位表示を保証できるものではなく、おまじない程度の対策と理解をお願いいたします。

無料ブログ

無料ブログ

無料ブログの運営は、非常に多くの労力が必要になるのですが、当ページでご紹介の外部リンクサイトの中で、もっとも効果を発揮すると思われ、ホームページ制作後によく提案いたしております。

無料ブログの運営では、その無料ブログも御社のホームページの1つであるとの認識が大切であり、闇雲に更新された無料ブログでは効果を得ることはできませんし、最悪のケースでは、スパム認定されてしまい、逆に検索順位を落としてしまう可能性もあります。

そのため、しっかりと運営されている、そして闇雲ではなく、ページ同士の関連性で外部リンクの決定が重要で、これらの対策を行って初めて、その無料ブログは非常に高い成果を出せるようになるのです。

この無料ブログの更新内容としては、基本的にはホームページの内容、あるいはホームページの一部を切り出した内容での更新が重要で、ホームページとの関連性が高ければ高いほど、検索順位が上がりやすくなります。

実際に、ホームページ制作後に、この無料ブログを提案すると、多くの会社さまでは、「どれくらいの割合で被リンクを行えば良いの?」や「何ページくらい作成すれば良いの?」とご質問をいただきますが、「この割合については、グーグル次第になるので、検索順位を見ながら調整」、「必要ページ数は、存在しておらず、運営が継続されていれば良い」という回答になります。

では、多くの無料ブログの中で、おすすめの無料ブログをご紹介いたします。

アメブロ

2022年2月現在で、もっとも効果的な無料ブログは、アメブロであると思います。

もちろん、しっかりと運営されているという前提はあるのですが、実際にアメブロを開設して、そこにしっかりと記事を作成していると、グーグルサーチコンソールで、他の無料ブログよりも、アメブロの方が、多くのページが認識されております。

さらに、アメブロおすすめの理由としては、アメブロは、ポータルサイトのアメーバからの集客もできるため、記事の質が高いと、非常に多くの見込み顧客を集客でき、そこからリンクを辿って御社のホームページへと見込み顧客の誘導が可能になるのです。

ただし、やはり問題点としては、アメブロの運営を継続し続けることは、本当に大変で、毎日少しずつでも構いませんので、無理のないスケジュールで、更新を継続していくことが大切になっています。

実際に、このアメブロの効果としては、弊社のホームページで、3年ほど前にアメブロを使って被リンク対策を実施していたことがあったのですが、現在でもグーグルサーチコンソールに認識されており、さらにはリンク否認ツールを利用してみると、検索順位が大きく落ちてしまうため、アメブロは非常に効果的であると言わざるを得ません。

実際に、ホームページ制作後にアメブロをご利用いただくと、多くの会社さまで、それほど抵抗なく運営ができておりますので、一押しの無料ブログになります。

はてなブログ

アメブロの次に、おすすめしているのが、はてなブログになります。

はてなブログからの被リンクでは、記事ページに10以上のはてなブックマークが獲得できていることが重要になっていて、同じ株式会社はてな運営のはてなブログは、はてなブックマークが非常に付きやすい傾向があります。

はてなブログを運営して、そこから本体のホームページに被リンクを行ったことがある方であればご存知かと思いますが、はてなブックマークがまったくないはてなブログからは、その効果が非常に弱くなっております。

しかし、はてなブックマークが大量についているはてなブログからであれば、非常に高い効果を得ることができ、ホームページ制作実績のWith Coperrでは、はてなブログで少しだけ成功させることができており、検索順位を高めることに成功しているのです。

そのため、もし、はてなブックマークの獲得が難しい場合はアメブロが良いのですが、しかしはてなブックマークを獲得できる記事を作成できるようであれば、圧倒的に、はてなブログの方が効果を発揮することが可能です。

ライブドアブログ

ライブドアブログも、効果的な無料ブログです。

ただし、ライブドアブログでは、カスタマイズが必要で、ライブドアブログをSEOに強くしたうえで、被リンクを行うことで、高い効果を期待できます。

実際に、弊社のホームページでは、2013年頃に、ライブドアブログをカスタマイズし、被リンクを行ったのですが、2022年の現在でも、グーグルサーチコンソールに認識されております。

そして、ライブドアブログを否認してみたところ、検索順位が大幅に落ちてしまうため、恐らく2013年頃に作成したライブドアブログは現在でも有効になっております。

ただし、カスタマイズが必須であり、弊社ではカスタマイズをしていないライブドアブログもあるのですが、残念ながらそちらのライブドアブログは、すでにグーグルサーチコンソールから表示が消えてしまっております。

そのため、ライブドアブログを利用される場合は、Web制作会社にSEOのためのカスタマイズを行ってもらうことが重要であり、しっかりとカスタマイズさえしてしまえば、より長く効果を得ることが可能です。

その他

現在、上記以外にも、さまざまな無料ブログがあります。

しかし、実際に、多くの無料ブログを利用、またはホームページ制作後にお客さまに提案してみたところ、効果を出せる可能性が高いのは、アメブロとライブドアブログ、はてなブログの3つのどれかであると思われ、この3つの中であれば、どの無料ブログを運営しても問題がないと思います。

これまでの経験からは、上記3つ以外の無料ブログの効果は弱いと思われ、もし無料ブログを運営されるのであれば、上記3つのどれかを利用されることをおすすめいたします。

また、弊社が利用したことがある無料ブログは、おすすめの無料ブログのページでご紹介しておりますので、ご興味がございましたら、併せてご確認をお願いいたします。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアは、基本的にはno followになるのですが、2022年2月段階ではツイッターからはdo followになっていることや、これまで多くのお客さまにソーシャルメディア運用を提案していたところ、しっかりと運営しされているソーシャルメディアからであれば効果的に思います。

このソーシャルメディアの運用では、闇雲な投稿ではなく、それぞれのソーシャルメディアの検索機能を利用して、多くのユーザーが興味関心があるキーワードを探し、そのキーワードを含んだ原稿とURLをセットにして投稿がもっとも効果的な対策だと思います。

また、さらには、御社の見込み顧客になるソーシャルメディアユーザーとのコミュニケーションも行ったほうが効果を発揮できるため、しっかりとユーザーとコミュニケ―ケーションを行うことで、高い効果を得る可能性があるのです。

ただし、このソーシャルメディアにおいては、no followだからと言って、すべての投稿に自社のホームページへの外部リンクを掲載すると、スパム行為になってしまう可能性があり、実際に弊社のホームページは、ソーシャルメディアからの被リンクで、トップページダウンペナルティー(TDP)を受けた経験があるため、本当にユーザーにとって役立つかどうかが判断基準になります。

SEOを行っているとソーシャルメディアの運用は必須と、SEOで有名なWeb制作会社も発言していたくらい、現在のSEOやホームページ制作においては、ソーシャルメディアの重要性は高まっております。

では実際に、ホームページ制作後に、運用いただいているソーシャルメディアについてご紹介をいたします。

また、当ページで以外で、弊社がよく提案するソーシャルメディアは、ソーシャルメディアの一覧のページからご確認をお願いいたします。

ツイッター

ツイッターは、140文字という文字数制限の中で、投稿が可能なソーシャルメディアです。

文字数が少ないため、非常に運用がしやすいソーシャルメディアで、例えば1日に1投稿を行うと定めたとしても、毎日10分程度の作業で運用することが可能になります。

また、個人的な感想ですが、すべてのソーシャルメディアの中で、もっとも運用がしやすいのがツイッターであると思います。

グーグルビジネスプロフィール

グーグルビジネスプロフィールは、グーグルの検索結果に表示される地図に、御社の情報を公開できるソーシャルメディアです。

このグーグルビジネスプロフィールも、基本的にはno followになるのですが、実はdo followのページも生成されておりますので注意が必要です。

弊社のお客さまも、グーグルビジネスプロフィールだけを運用するという例がないため、はっきりとは言えませんが、恐らく多少の効果があると思います。

フェイスブック

フェイスブックは、すべてno followが付与されますが、弊社がホームページ制作時に調査を行うと、上位表示しているホームページの利用率が比較的高いのがフェイスブックになっています。

そして、フェイスブックの外部リンクは、すべてno nofollowが付与されておりますが、今後もずっとno followとは言い切れませんので、過剰な対策は辞めたほうが良いと言えるでしょう。

実際に、上位表示しているホームページのフェイスブックを見ても、本体のホームページへの外部リンクは非常に少なくなっており、本当にユーザーにとって役立つものに厳選していると思います。

はてなブックマーク

ソーシャルメディアではなく、ソーシャルブックマークになるのですが、はてなブックマークも効果を得ることが可能です。

はてなブックマークでは、アカウントを開設すると、誰でも簡単に好きなページをブックマークできるのですが、ブックマークを行うことで、そのページへの被リンクを一つ増やすことが可能になります。

ただし、このブックマークにはいくつかのルールがあり、複数アカウントを持たないことと、それぞれのページで10ブックマークを集めなければ被リンク効果はないと理解をしていくことが大切です。

複数アカウントを作成し、特定のページに10ブックマークをすると、株式会社はてなにスパム行為であると認定されてしまい、アカウントの剥奪と、さらにはそのIPではもうアカウントの開設ができなくなってしまうため、絶対に行ってはならない対策になります。

さらには、2017年頃だったと思いますが、はてなブックマークは、スパム行為の温床になってしまったため、10ブックマークがない場合はno followを付与させるようになっているので、原則10ブックマーク以上を集めることが重要です。

ただし、自分のホームページのすべてのページにはてなブックマークを行うこと自体は、株式会社はてなの代表取締役社長が問題ないと発言しているため、自分のホームページのすべてのページに1つずつであれば、ブックマークを行っても問題ありません。

これまでの経験から言えば、ブックマークを行うページを厳選している方がSEO効果を出しており、例えばサービス詳細ページなどの重要ページにだけブックマークを行い、プライバシーポリシーやサイトマップのページはブックマークしないという対策を行っている方がSEO効果を出しております。

その他

その他

上記は、少しSEOについて学んだ方であれば、ご存知な外部リンクサイトになると思います。

ここからは、これまでSEOをサポートしてきて、効果があるかは不明ですが、少なくともマイナス評価にならない外部リンクサイトで、弊社では、おまじない程度にホームページ制作後にお客さまに提案を行っております。

下記は、基本的には無料サービスになるのですが、ホームページ制作を行えるサービスの場合、無料だからと言って大量にアカウントを開設し、そこから被リンクを行うことは、運営会社にスパムと見なされアカウントの剥奪、またはグーグルからスパムとみなされ、被リンクの無効化または検索順位が落ちる可能性があるため、1サービスにつき、1アカウントの開設をおすすめいたします。

ペライチ

ペライチは、ホームページ制作ツールになります。

このペライチは、有料版と無料版があるのですが、何か目的がある場合は別ですが、これからペライチを開設される方であれば、無料版で良いと思います。

有料版と無料版の違いは、作成できるページ数になっていて、有料版は3ページまで、無料版は1ページしか作成できませんが、無料版でもそこそこ縦に長いページが作成できること、さらには他の無料のホームページ制作ツールと比べて、圧倒的にデザイン性が高いという特徴があります。

そして、グーグルサーチコンソールにも、しっかりと認識されているため、ペライチを利用すれば、1つの被リンクを獲得することが可能です。

ただし、注意点があり、薄っぺらいページを作成するのではなく、しっかりと原稿や画像の内容を考えてホームページ制作を行うことが重要です。

lit.link

lit.linkは、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルメディアユーザのために開発されたリンク集を簡単に作成できるサービスになります。

ソーシャルメディアでは、基本的にはURLの入力欄が1つしかないため、複数のホームページの掲載はできません。

このlit.linkを利用すれば、ソーシャルメディアでは1つの外部リンクのみの掲載ですが、そこにlit.linkのURLを張り付けることで、lit.link内で、御社の複数のホームページのURLを掲載することが可能になります。

それほど高い効果は見込めませんが、おまじない程度には登録してみるのも良いと思います。

Link Tree

lit.linkと同様のサービスです。

HTML名刺

HTML名刺とは、1ページの最低限の情報を掲載したページを作成できるサービスになります。

このHTML名刺がもっとも効果が弱いと言わざるを得ず、実際に多くのホームページでグーグルサーチコンソールに表示されておりません。

ただ、すべてのホームページで認識しないということはないと思いますので、しっかりと登録だけは行っていくようにしても良いと思います。

スマート・ライフ・プロジェクト

スマート・ライフ・プロジェクトは、社員さまの平均寿命を延ばそうと考えている企業が登録することが可能です。

スマート・ライフ・プロジェクトに登録することで、参加団体一覧ページに掲載することが可能です。

パワーランクチェックツール

パワーランクチェックツールでは、ドメインパワーの計測が可能なホームページです。

登録申請を行うことで、自社のドメインパワーの推移が閲覧できるページを作成してくれ、そこに御社の情報を掲載してくれます。

がん対策推進企業アクション

厚生労働省運営の企業で働く方のがん検診受診率向上を応援するホームページです。

推進パートナー申請を行うことで、パートナー企業・団体一覧ページに御社の情報を掲載してくれます。

基礎知識を高めてから

基礎知識

上記は、すべてではなく、弊社が把握している一部です。

せっかく当ページをご覧いただきましたが、すべての外部リンクサイトをご紹介することは行っておらず、ホームページ制作を行った会社さまにのみ、後30ほどのホームページをご紹介しております。

ただし、被リンクはあくまでおまじないのようなもので、ホームページ制作後にお客さまにお伝えはしておりますが、必ず掲載してくださいとお願いをしたり、本当に行っているかなどのチェックはいたしておりません。

それでも、最近納品した案件であれば、コーワスタイルさまプラシアさまは、まったく被リンクがない状態でも、狙ったすべてのキーワードで上位表示ができておりますので、現在のSEOにおいては、それほど重要度は高くなく、ライバルが対策をしっかりと行っていれば、御社も行う必要がある程度の認識で良いと思います。

そして、もしこれから自分で増やそうとお考えの方は、被リンクの基礎知識を学んだあとで行ったほうが良く、確かに検索順位を高める効果もありますが、誤った増やし方をしてしまうと、検索順位を下げる効果もあるのです。

被リンク対策は、非常に難しいので、必ずWeb制作会社やSEO会社に相談を行い、できる限り、リスクの少ない対策を行うようにしましょう。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP