セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.03.24

ホームページのSEOはリライトよりも新規ページ作成の方が効果が高い

SEO効果を最大化するための方法は多岐にわたりますが、新規ページの作成と既存のコンテンツの改善がその中心です。実際の制作現場から見ると、新規ページの方がリライトよりも効果が大きいことが多いのです。本文で、なぜ新規ページがリライト以上の効果をもたらすのか、その背景をしっかりとお伝えします。

SEOの新規ページ作成とリライトは良質が基本

新規ページ作成とリライト、どちらを選ぶかは一つの大きな悩みですが、その前に絶対に忘れてはいけないのがコンテンツの「品質」です。実際に私たちがホームページ制作の現場で直面してきた問題の中で、品質が低いコンテンツはどれだけSEO対策を施しても効果を発揮できません。

なぜなら、最終的にページを訪れるのは人間であり、彼らが求める情報や満足度を満たすことが最も大切だからです。具体的な検証の一例として、以前私たちが手がけたあるプロジェクトで、高品質な新規ページを追加したところ、そのページのアクセス数や滞在時間が他のページよりも顕著に増加しました。これは、読者がそのページの内容に興味を持ち、役立つ情報を得られたと感じた結果だと分析しています。

そこで、新規ページ作成やリライトを検討する前のステップとして、まずはそのページの目的やターゲットを明確にし、それに合わせて最適な内容を考えることが重要です。そして、その内容をもとに最高の品質で文章を書き上げることで、真にSEO効果を発揮できるページを制作できるのです。

品質とは、ただ難しい言葉を使うことや専門的な知識だけを詰め込むことではありません。読者が求めている情報を、彼らにとって理解しやすく、かつ価値のある形で提供すること、それが真の「良質」と言えるでしょう。

なぜリライトよりも新規ページ作成の方がSEO効果を発揮するのか

ホームページ制作の現場での経験を通して、新規ページ作成がリライトよりもSEO効果をより強く発揮することを実感しています。その背景には、いくつかの要因が組み合わさっていると考えます。

まず、新規ページを作成するとき、私たち制作者は常に最新の情報やトレンドを取り入れ、ユーザーの求める情報を提供する努力をします。新しい情報は検索エンジンにとって魅力的で、新規性と関連性が高まり、それがSEO効果の向上に繋がるのです。

次に、新規ページを作成することで、ウェブサイト全体の情報量や深さが増加します。これにより、検索エンジンがウェブサイトをより詳しくクロールし、情報の幅が広がるため、様々なキーワードでの上位表示が期待できます。例えば、特定のテーマに関する新規ページを追加することで、そのテーマに関連する検索クエリでの露出が増えることが多いのです。

また、私たちが関わった多くのホームページ制作の現場では、新規ページの追加がウェブサイト全体のリンク構造を豊かにする効果もありました。このような内部リンクの強化は、検索エンジンの評価をさらに向上させる要因となります。

もちろん、リライトもその価値があり、特定のページの内容をより良くするためには必要な作業です。しかし、全体的なSEO効果を追求するという観点からすると、新規ページ作成がより強力な武器となるのです。新しい情報を提供し、ウェブサイトの情報量や深さを増やすことで、より多くのユーザーに情報を届けることが可能となります。

まとめ

ホームページ制作の過程で、新規ページ作成とリライトのどちらを選ぶかは、常に頭を悩ませる課題となります。しかし、SEO効果を最大限に引き出すためには、新規ページ作成が一歩リードします。新しい情報を提供することで、ユーザーの求める新鮮な内容に応えることができ、検索エンジンも新規性と関連性を重視しています。このことから、新規ページ作成はウェブサイト全体の情報量や深さを増やし、より多くのユーザーに情報を届ける有効な手段となるのです。もちろん、リライトもその価値がありますが、SEO効果を追求する上で、新規ページ作成を積極的に取り入れることをおすすめします。