どのようなウェブデザインを作成できますか?

基本的にはどのようなウェブデザインでも作成が可能です。

弊社では、ウェブデザインを作成する前に、ターゲットユーザに合致したウェブデザインのテイスト検討と、ワイヤーフレームの作成、お客さまの好みのウェブデザインの確認を行い、その結果を生かしてウェブデザインの作成を行っております。

ターゲットユーザのニーズに合致したウェブデザイン作成

ターゲットユーザのニーズに合致したウェブデザイン

ウェブデザインを作成する際には、どのようなウェブデザインが良いでしょうか。

ウェブデザイン作成において最も大切なのは、ターゲットユーザのニーズに応えることができるウェブデザインの作成になり、これらを行って初めて、ホームページは成功するのです。

例えば、20代女性がターゲットのホームページのウェブデザインであれば、テキストを見せることよりも、ウェブデザインによるコンテンツの表示を重視して、イメージで訴求することが大切になってきます。

そしてさらには、20代の女性がよく見るホームページのウェブデザインを参考にしてホームページを制作することで、よりターゲットユーザが見やすく分かりやすいホームページ制作となります。

このように基本的にはウェブデザイン作成においては、この情報を見る人がどのようなターゲットになるのかを検討していき、そしてそれらのユーザにとって本当に扱いやすく理解しやすいホームページとすることで期待以上の成果が出るホームページとなるのです。

そして20代の女性のホームページの場合においても、もちろん、現在のSEOはコンテンツ量が大事になるので、テキスト中心のスタッフブログなどを制作することも重要になってきます。

ページごとの要素を確定するワイヤーフレーム作成

ワイヤーフレーム作成

そしてターゲットユーザのニーズに合致するウェブデザインを検討したら、その情報を生かしてホームページの線画になるワイヤーフレームを作成して、それぞれのページに掲載する内容を確定します。

このワイヤーフレームの作成においては、基本的には全ページのワイヤーフレームを作成してお客さまに内容の確認を頂くのですが、この確認作業は結構難しいものになってきますが、しっかりと行っていただく必要があります。

というのが、基本的にはワイヤーフレーム作成の目的は、もちろんそれぞれのページのコンテンツ内容を定めることになるのですが、このワイヤーフレームを参考にウェブデザインを作成したり、さらにはウェブデザインの作成は行わず、直接ワイヤーフレームからコーディング作業を行うページもあります。

そして基本的にはホームページ制作後に確認をして、修正するでもいいのですが、しかし一回制作したうえでの修正作業を繰り返すと、ソースコードが煩雑になっていき、SEO的にはあまり強いホームページにならないことがあるのです。

このホームページを制作後の修正作業を減らすことで、本当にSEOに強いホームページ制作になってくるので、弊社ではウェブデザインについては特に念入りに確認をしており、そしてワイヤーフレームを作成して確認を頂く際に、もちろん無料対応は結局しておりますが、コーディング後の修正は場合によっては有料になるので、しっかりと確認してくださいとお願いしております。

そうすることで、確かにそのときは大変ですが、コーディング後に大幅な修正が無くなり、本当にクローラビリティーの高いホームページ制作となるので、SEO効果を最大限発揮できるようになります。

お客さまの好みのウェブデザイン

お客さまが好むウェブデザイン

そして最後に、ウェブデザイン作成を行う際には、お客さまの好みについても確認して、その好みのホームページを参考にデザイン作成を行っております。

基本的にはホームページを利用するのは、お客さまの見込み顧客になってくるのですが、しかしだからと言ってお客さまの趣味趣向を無視してはなりません。

その理由は実際に弊社がこれまで数多くのホームページ制作を行ってきたときに、ホームページのデザインの良し悪しではなく、お客さまにこのデザインは本当に綺麗なウェブデザインだと感じてもらえることで、その後のホームページの運営量が変わってくるのです。

実際のところ、ホームページのウェブデザインとホームページの更新は別になるのですが、ウェブデザインを気に入っていればいるほど更新頻度が高くなっている傾向があります。

そのため弊社では基本的にはお客さまの好みもしっかりと確認をさせていただき、そしてお客さまにウェブデザインを認めて頂くことで、ホームページ公開後の運営作業の最大化を図っているのです。

流行のウェブデザインだけでは意味がない

流行のウェブデザインだけでは意味がない

上記が弊社のウェブデザインの作成のポイントになっております。

基本的にはどのようなウェブデザインでも作成可能ですが、弊社が考えるウェブデザイン作成で重要なのは、まずは顧客のニーズに合致させることと、コーディング後の修正回数を減らしてSEO効果の最大化を図ること、そして最後にお客さまに良いウェブデザインだと感じてもらうことになっています。

これらを徹底して作成されたウェブデザインであれば、必ず成果を出せるものになっているので、弊社ではこのウェブデザイン作成を徹底しております。

稀にお打ち合わせをすると、こういう系統のウェブデザインが今の流行だからこんな感じでウェブデザインを作成して欲しいとご依頼をいただくことはありますが、もちろん現在の流行のウェブデザイン作成は重要にはなりますが、それだけでは成果を出せるものではないのです。

ウェブデザイン作成においては、しっかりとすべての要素で理由付けを行うことが重要で、これらを徹底して行うことで期待以上のウェブデザインとなるのです。