セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.12.03

弁当販売会社が行ったホームページ制作はフェーズ分け

弁当販売会社の成功の裏には、一歩ずつ確実に前進するホームページ制作のフェーズ分けがあります。運用体制を整えながら、初めはシンプルに始めたサイトも、段階的に成熟してきました。こちらでは、その戦略的なフェーズ分けのプロセスと、どのようにして最終的な成功につなげたかを詳しくお伝えいたします。

弁当販売会社のホームページ制作法

弁当販売の競争が激しい中で、企業のオンライン存在感を高めることは非常に重要です。特に小規模な弁当販売会社さまでのサイト運営は、多岐にわたる業務とのバランスが求められます。こちらで制作を手掛けさせていただいた際、社員の手が足りない中でのサイト運営という課題が浮き彫りとなりました。

そこで考えたのは、段階的なホームページ制作法。これは、一度にすべての情報や機能を詰め込むのではなく、初めは必要最低限の情報だけでスタート。その後、スタッフの運用能力や顧客の反応を見ながら、徐々にコンテンツを増やしていく方法です。

最初のステージでは、店舗の基本情報や人気の弁当メニュー、注文方法などを中心に掲載。これにより、初めてサイトに訪れる顧客にもわかりやすく、また、運用面でも負担を最小限に抑えました。次のステージでは、顧客からのフィードバックや質問を基に、FAQページや新商品の紹介、キャンペーン情報などを追加。この時点で社員もサイトの運営に慣れ、更新業務がスムーズになりました。

最終的には、定期的なブログ更新やお客様の声、さらにはオンラインでの注文受付など、多機能なサイトへと成長させました。しかし、この全てを一度に行うのではなく、段階を踏んで進めたことで、社員の負担を減らしつつ、サイトの質も高めることができました。

この経験をもとに、弁当販売会社さまのホームページ制作法としてのフェーズ分けの重要性を改めて感じました。

フェーズで分けた弁当販売会社のホームページ制作

シングルページとブログを作成

弁当販売会社のホームページ制作の初期段階では、必要以上の情報過多を避け、シングルページとブログの構築に特化しました。初めてのオンライン出店ということで、担当者の方々にとっても、運営が新鮮であり、一方で大変だったことを理解しています。

グーグルアナリティクスを活用し、訪問者の動向を把握しながら、ブログ更新法を伝授。特に、弁当販売という業種ならではの日常や業務の裏側を綴った記事は、読者の関心を引きつける大きな要素となりました。これらの内容は、シンプルでありながら、読者にとって役立つ情報や業界の風景を感じることができるものでした。

初めの頃、担当者はブログ更新に手間取っていたようですが、3ヶ月後には慣れを感じるようになったとの声を頂戴しました。更新のコンスタンシーがSEO評価を高める要因となり、その結果、訪問者数の増加を実感することができました。現在の目標は、月間訪問者数5,000人。この目標達成のため、毎日の日記更新を心がけることが大切です。

予約フォームを開設

弁当予約フォームの導入は、ユーザーが直感的に操作できる「ベイス」を利用して構築しました。このフォームを導入する前の段階で、私たちは問い合わせ対応のフローを確立しました。当然、予約フォームを利用しての注文はあくまで予約の段階であり、実際の商品受け取りには来店が必要です。

弁当の取り置きは一つ、しかし、その後のメールでのやり取りも重要なポイントです。予約確認や変更の連絡は、迅速に行われることでユーザーの信頼を得ることができます。そして、注目すべきは集客データです。私たちのサイトを訪れる5,000人の中で、大阪だけでなく日本全国からのアクセスがあることから、地域に限定したサービス展開ではなく、全国展開を視野に入れるべきと感じました。

さらに、大阪のアクセス数が比較的少なかったことを受けて、実店舗でのリーフレット設置を始めました。このリーフレットは、当社のサポートのもと、ウェブマスターがエクセルを使用して設計しました。制作したホームページの効果がまだ出てきていない今、予算を抑えながらも効果的な取り組みを進めることを心掛けています。

ソーシャルメディア運用

SEOのみの集客は、確かに一定のリスクを孕んでいます。私たちがこれまで見てきた中でも、グーグルのコアアルゴリズムアップデートにより、検索順位が一気に下がる事例は珍しくありません。かつて、弊社の取引先でも、日々ユーザー目線で真摯にサイト運営を行いながらも、突然の順位下落を経験した企業がありました。

しかし、このようなリスクを軽減し、ビジネスの安定を図る方法として、ソーシャルメディアの活用が考えられます。特に、弁当販売会社としては、ツイッターやインスタグラムの活用が効果的です。これらのプラットフォームは、文字制限があるものの、その制限内で魅力を伝えることが求められるため、簡潔で強力なメッセージが効果を発揮します。

たとえば、ツイッターでは、限られた文字数と共に、美味しそうな弁当の写真を最大4枚まで添付することで、フォロワーの食欲を刺激することができます。一方、インスタグラムは、ビジュアル重視のプラットフォームであるため、高品質な写真が非常に重要です。

これらのソーシャルメディアとSEOを組み合わせることで、より多角的な集客戦略を構築することができます。ソーシャルメディアを運用することで、新たな顧客層の獲得や、ブランドの認知度向上にも繋がります。これが、今後の売上向上の一助となることを確信しています。

売上に応じて新規ページを作成

弁当販売会社のホームページ制作において、売上の実績を基にページを増やしていく方法は、成果を明確にしながらの拡張を意味します。我々は実際の売上を慎重に分析し、それに基づいて特徴や独自のカートシステムを展開することで、サイトのコンテンツを充実させました。

当初の見積もりが増える可能性はあるものの、これは売上の向上という明確な結果に基づいてのこと。企業様にとって、成果が見える状態での投資は、安心感が伴うものです。

そして、ホームページの定期的な更新は、新鮮な情報の提供だけでなく、SEOの観点からも非常に価値のある取り組みとなります。新しい情報を随時追加することで、サイトのフレッシュネスを保ち、検索順位を向上させる可能性が高まるのです。

まとめ

ホームページ制作の際、弁当販売会社の特徴やニーズを把握することは必須です。今回、弁当販売会社との取り組みを振り返ると、SEO対策だけでなく、ソーシャルメディア活用の重要性も浮かび上がりました。一方で、すべての集客方法には一長一短があり、それを理解した上で、バランスの良い取り組みを進めることが大切です。

また、ユーザー目線でのコンテンツ制作は、SEO対策としての効果だけでなく、訪問者にとっての価値も高めます。弁当の魅力を伝え、その魅力を最大限に引き出すホームページ制作を行うことで、訪問者からの予約や問い合わせの増加を目指します。

今後も、企業や業界の特性を深く理解し、最適な戦略を組むことで、持続的な成果を目指してまいります。弊社との取り組みを通じて、弁当販売会社のさらなる成長をサポートします。