SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2021.11.12

予算が少ないホームページ制作で成果を出すために

低予算でできる成果が出るホームページ制作法

ホームページ制作の成果は、予算とは無関係ですが、少しでも安くと言われると、かなり難易度が高まります。

理由は、狙って無駄打ちするわけではないですが、成果に影響を与えないページを作成しない必要があるからです。

では、当社が提案する予算が少ないホームページ制作の企画内容を紹介します。

予算が少ないホームページ制作の難しさ

予算が少ないホームページ制作で成果を出すのは本当に難しいです。

と言うのも、成果を出すスタートラインが集客で効率化には限界があります。

相談をいただく機会が多いのが、SEOとソーシャルメディア運用の2点です。

SEOで言えば、新規作成とリライトが中心ですが、数ページでは成果を出せません。

同じ方が同様の原稿作成法で行っても、判断はグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビング次第になります。

なぜ次第と分かったかというと、作成したページを削除してみたときの検索順位の変動です。

あるページは削除するとランクを落としますが、別ページでは一切検索順位が変わらないケースがあります。

それぞれで、書いている人間が同じで、ユーザー目線では似た文章になります。

そのため、SEOで言えば、サーチエンジン次第になり、無駄打ちをしないというのは現実的に不可能です。

次に、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、リンクトイン、グーグルビジネスプロフィールなどのソーシャルメディアでは、無駄の中から正解を探す作業が必要です。

フォロワーや業界によって正解が異なり、無駄打ちをしながら、最適解をウェブマスターが発見するしかありません。

もちろん、指針はありますが、それだけでは十分な効果を得るのは難しくなります。

このように、成果のスタートラインである集客ですら、結構無駄と思われる作業が発生し、低予算のホームページ制作の難易度は高いと言わざるを得ないのです。

もちろん、どんなにウェブマスターや業者が良いホームページだと感じても、最終判断はユーザーです。

そのため、アクセス解析を確認し、訪問者の足跡を見ながら最適化する必要があり、少ないページ数を公開するだけで飛躍的に成果を出す難しさを理解いただけると思います。

ホームページ制作で予算が少ない場合の対応

低予算で成果を得たいと言われた場合に、実施する内容を紹介します。

集客ルートの最適化

どこから人を集めるかを明確にします。

例えば、SEOであれば、ブログコンテンツを作成し、クライアント自身で更新を行えば、予算を抑えられます。

ソーシャルメディアでは、どんな投稿をして、どんな内容がランディングページになるかを定め、ホームページ制作を行います。

低予算の場合、ページはすべて集客を考えて作成し、すべてのページから見込み顧客が集客できるようにします。

ただ、プライバリーポリシーやメールフォームなどは、集客は関係がなく、必要なコンテンツとして作成します。

適切なコンテンツ

作成ページが定まれば、コンテンツ内容をしっかりと検討します。

一般的にも行いますが、クライアントが掲載したい内容を作成する前に、ライバルサイトを調査します。

もちろん、文章や画像をパクることは絶対にいけませんが、良い表現を使っているものや優れたコンテンツだと思う箇所は参考にしましょう。

また、低品質だと思われる箇所、すなわち良い影響を与えていなさそうな場所は、自社サイトで似たコンテンツを作らないようにすれば、高い成果を発揮します。

もちろん、ページ数が少ないだけで、コンテンツ量が多いと料金が上がる可能性があり、適量を考えながら作成しながら費用対効果を高めます。

ホームページ制作で成果が出たら

低予算でホームページを制作して終わりではいけません。

クライアントはもちろん、Webサイト制作会社としても完璧な状態ではなく、成果が出始めれば、必ず運営を心がけましょう。

もちろん無限に使うという話ではなく、ホームページ制作時に不足した情報を少しずつ追加していけば、より高い集客力と成約力を得られます。

実際に、実績で、もっとも高い成果を出している企業は、年間で100万円ほどを見て、ニーズへの最適化のために、ページを削除したり追加したりしています。

ホームページ制作は、運営を行って初めて効果を発揮でき、適切な運用を継続すれば、期待を超える効果へと成長します。

効率を高めれば自然に予算が少なくても効果が出る

低予算でも成果は出せますが、重要なポイントは効率化を図ることです。

もちろん、御社の作業も重要ですが、すべてのページが効率的に機能すれば、高い予算をかける必要はありません。

ただ、作業は決して簡単ではありませんが、意識をするだけでも、見積書を安く抑えられます。

これから予算を抑えたホームページ制作を検討の方は、ぜひ効率化を考え、適切な対応を行えば、期待以上の効果を発揮します。

TOP