セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.10.07

成果が出た士業のホームページ制作法とは

士業の方々が多くwebサイトを営業ツールとして取り入れる今、その効果の実感は容易ではありません。数多くの競合サイト、高額な制作費用、そして期待した成果が得られない悩み。そんな士業様に、安心してwebサイトを活用していただけるよう、低予算でも結果を実感できるホームページ制作法を明らかにいたします。成果を求めるあなたのパートナーとして、効果的な方法を共有いたします。

成果を出した士業サイトのホームページ

成果を出した士業サイトのホームページを見て、ひとつ感じるのはその質の高いコンテンツの存在です。コンテンツは、サイトの魅力を伝える中心となる要素。そのため、ホームページが目指す目標に合わせた、訪問者の心に残る情報を発信することが不可欠です。

ただ、良質なコンテンツを持つだけでは不十分。その内容を多くの人々に届けるためには、SEOの技術やソーシャルメディアの効果的な運用が欠かせません。こうした施策を組み合わせて、適切に行うことで、ホームページは多くの訪問者を迎えることができるのです。

私たちが過去に関わった士業のホームページ制作では、例えば、特定のキーワードでの上位表示を目指した場合、そのキーワードに関する深い情報や、クライアントの実績を活かした事例紹介をページ内で積極的に取り入れました。また、ソーシャルメディアとの連携を深めることで、新しい情報や更新をリアルタイムで共有し、訪問者とのつながりを強化する取り組みも行いました。

一つ一つの施策は細かい工夫や調整が求められるものの、その積み重ねが訪問者の獲得やサイトの評価向上に直結します。最終的に、ホームページ制作は単なる情報発信の場ではなく、士業の方々と訪問者との間の信頼関係を築く手段となるのです。

成果が出た士業サイトの制作法

予算を抑えるために

ホームページ制作における予算管理は、しっかりとした成果を得るための大切な要素と言えます。では、予算を適切に抑えつつ、期待される品質のホームページを制作するには、どのようなアプローチが効果的でしょうか。

初めに、初期費用の最適化を目指す場合、ページ数の最適化が鍵となります。例えば、ワードプレスを使用すれば、10のサービス情報も一つのテンプレートページを基にして、都度内容を変更することで、ページ数そのものを削減することができます。このようにして作成したページは、訪問者にとっても一貫性があり、情報をスムーズに探せる利点があります。

次に、継続的な運営費を考える場面では、更新作業やサーバ・ドメインの契約の取り組み方が中心となります。ワードプレスの利用を前提とした場合、簡単に記事更新や情報の変更ができるので、外部の制作会社に頼むことなく、自社だけでサイト更新を実現することが可能です。また、サーバ・ドメインに関しては、自社で直接契約することで、月額コストをより抑えられると言われています。ただし、専門的なサポートやトラブル時の対応が求められる場合は、制作会社との連携を考慮することも大切です。

実際、私たちも制作初期には多くの対策を取り入れることで予算が急増するという経験がありました。しかしこの方法で、適切に予算を見直し、高品質なホームページを実現することができました。

見込み客を効率よく集客

士業のWebサイト制作において、最も鍵となるのがSEOの取り組みです。だが、真っ先に思い浮かべる「行政書士 大阪」や「司法書士 大阪」のような一般的なキーワードでは、競合が激しくすぐに結果を期待するのは難しいです。そこで、目を向けたいのがロングテールSEO。特定のニッチな検索ユーザーをターゲットにすることで、より確実に集客を開始し、その後、大きなキーワードへのアプローチを進めるのが効果的です。

さらに、無料でのリソースも考慮してみる価値があります。例えば、グーグルビジネスプロフィールは、地域を特定した検索において上位表示される優れもの。無料ブログやソーシャルメディアを活用すれば、検索エンジンだけに依存しない集客の仕組みを作ることができます。ただし、無料ブログの利用には注意点も。宣伝的な記事は避け、関連性の高い内容を心がけることが大切です。

最後に、士業のサービスの特性を理解することが必要です。一般の方は、「不動産登記を行ってくれるのは行政書士なのか?」といった疑問を持つことが多く、このような具体的な悩みに答えるコンテンツを提供することで、訪問者の心をつかむことができるでしょう。

ユーザーを考えたコンテンツ作成

訪問者がホームページを訪れた際、第一印象はコンテンツの読みやすさにかかっています。法律関連のサイトであっても、難解な法律用語を過度に用いることは避けたいもの。それは訪問者が求めている情報を簡単に、そして迅速に得られることを望んでいるからです。過去に制作したサイトで感じたのは、法律用語を使わずに、その言葉の意味や背景を簡潔に説明することが、訪問者の心をつかむ近道となること。

また、現代のユーザは情報を手軽に手に入れたいと思っています。従って、お問い合わせ手段として電話番号の明示は絶対条件。特に高齢の訪問者や急を要する場面では、電話が最も直接的なコミュニケーションツールとして機能します。

士業サービスの流れに関しても、明確に示すことは重要です。初めての利用者は、サービスの手順や費用に不安を抱きがち。そのため、サービスの流れを分かりやすく説明することで、利用者の不安を取り除き、安心感を提供することが可能となります。

最後に、士業の信頼性を高めるためには事務所概要の提供が不可欠です。事務所の歴史や背景、スタッフの経歴など、訪問者が安心してお問い合わせできるような情報を盛り込むことで、より一層の信頼を築くことができるでしょう。

まとめ

士業のホームページ制作において、最も重要なのは訪問者の心を掴むことです。それは、専門的な内容をわかりやすく伝える技術と、ユーザの真のニーズを満たす情報提供にあります。過去の経験から学んだのは、法律用語を控えめにし、その代わりに具体的な事例や説明を加えることで、訪問者は内容をより深く理解しやすくなります。また、お問い合わせの手段として電話番号の掲載や、サービスの具体的な流れを明示することで、訪問者の不安を和らげ、アクションを促進することができます。事務所の信頼性や背景をしっかりと伝えることも、新たなお客様を引き寄せる大切な要素となります。成功の鍵は、訪問者の立場に立って、その目を通じてホームページを見ること。それが、当社が制作する士業のホームページの核心です。