HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

飲食店が知っておきべきホームページ制作のポイント

飲食店が知っておきべきホームページ制作のポイント

居酒屋やレストランなどの飲食店にホームぺージ制作の営業をすると、結構な頻度で、「うちはグルメサイトへ掲載だけで十分」と言われます。

確かに、新規顧客を開拓するには、ホットペッパーや食べログ、一休などグルメサイトに掲載すれば、それなりに予約獲得が可能です。

しかし、だからと言って、ホームページが不要かと言うとそれは違い、しっかりと制作すれば、より高く期待以上の成果を出せるようになります。

飲食店がホームページを制作する理由

飲食店がホームページを制作する理由

別にWebサイト制作会社からだホームページを作ったほうが良いと考えているわけではなく、成果を出せるから、飲食店であってもホームページを作るべきであると考えています。

ホームページを制作する目的は、飲食店が思う通り、新規顧客開拓がメインになってきます。

見込み顧客が、行き当たりばったりで飲食店を探す場合は別としても、前もってネットを使って探す場合は、多くがグルメサイトを閲覧すると思います。

であれば不要であると考えられるかもしれませんが、実は明確なメリットがいくつかあります。

これらのメリットを明確に理解すれば、飲食店は、より多くの見込み顧客が集客可能になっています。

ただし、飲食店の場合、新規顧客の開拓は、あくまでグルメサイトがベースになっていると理解しなくてはなりません。

ただ、グルメサイトは決して安くなく、ランニングコストがかかったり、さらには成果報酬が必要になるケースもあります。

しかし、ホームページは制作してしまえば、作業を業者に丸投げしなければ、基本は予算がかからず、初期費用を払ってしまえば、後は、回収できるだけの成果を出せば黒字になります。

ただし、昨今は、ライバルサイト数が非常に多く、単に作るだけでは、成果を出せず、しっかりと運営が必要になってきます。

では、具体的に飲食店がホームページを制作するメリットをご紹介します。

飲食店のホームページ制作メリット

飲食店のホームページ制作メリット

闇雲なホームページや、ウェブデザイン性が高いだけではなく、しっかりと成果から逆算してから制作しなくてはなりません。

逆算をするには、具体的に飲食店がホームページを持つメリットを知らなくてはいけません。

グルメサイトより多く情報を掲載

グルメサイトは新規顧客獲得に非常に効果的です。

実際にホームページを制作していない飲食店であっても、グルメサイトに登録すれば、かなり多くの見込み顧客を集客可能になっています。

しかし、グルメサイトにおいては、実は、テンプレートが決まっている中で情報を公開していかなくてはなりません。

そのため、メインになる強みは入れれたとしても、無数にある細かな強みは掲載できないケースがあります。

そういった場合にグルメサイトでは、口コミに御社特徴が書いてもらえるのを待つしかありません。

これは御社にとって大きなデメリットです。

このようにグルメサイトでは打ち出せなかったコンテンツをホームページに含めれば、魅力を最大限にアピールできます。

また、もちろん人によりますが、グルメサイトを閲覧後、店舗名で検索するユーザーも多くいます。

これらのユーザーに御社サイトを閲覧してもらえれば、予約率アップに繋げれます。

ちなみに、当社のこれまでの経験から、登録するグルメサイトは、ホットペッパー食べログ一休が多くなっています。

このようにグルメサイトへ掲載し、そしてホームページへと誘導すれば、本当に高い成約率になります。

ソーシャルメディアから流入

昨今、飲食店においては、結構ソーシャルメディアを利用したいと言われる経営者さまが多いと思います。

当社がサポートできるソーシャルメディア運用は、ツイッターとフェイスブック、インスタグラム、グーグルビジネスプロフィールになってきます。

そして、その中でも人気があるソーシャルメディアが、インスタグラムとグーグルビジネスプロフィールです。

当社が耳にするもっとも多い理由としては、「文章を書かなくても効果を出せると聞いたから」と言われます。

実際に、これまでの経験で言えば、専属になるウェブマスターがいる飲食店は別ですが、多くが料理人が兼業でウェブマスターを行われています。

そのため、文章を作成する時間がなく、「そこそこ文字数が必要になるなら写真で対応をしたい」と言われます。

確かに、非常に見栄えが良い写真をアップして、しっかりとソーシャルメディアを運用し、投稿がバズってくれれば、ソーシャルメディアだけでも成果を出せます。

しかし、バズる確率は非常に低くなっていて、バズらせる対策を検討しなくてはなりません。

これは、ソーシャルメディア運用代行会社であっても100%できるとは言い切れません。

そのため、バズる必要はないけれども、ソーシャルメディアを見て、予約を悩まれている方をホームページへと誘導しましょう。

そして、飲食店が持つ魅力を最大限アピールすれば、ソーシャルメディアからの成果数を飛躍的に高めれます。

SEO効果

これまでの経験では、半分くらいの飲食店が、SEO作業を行っていただいています。

例えば、【和風居酒屋 大阪】や【高級レストラン 梅田】など、御社がもっとも上位表示したいキーワードは、ほぼグルメサイトに上位表示が取られています。

では、どんな対策を行えば良いかですが、まず狙うべきキーワードは、ニッチなキーワードです。

例えば【旬 野菜 居酒屋 大阪】や【デート レストラン コスパ 大阪市北区】など、単語数が多いフレーズで新規記事を作成していき、ニッチなキーワードで上位表示を狙います。

確かに、単語数が多いフレーズは、検索回数が少ないキーワードになっています。

しかし、グルメサイトがサポートしきれていないケースも多くあり、さらにはニッチであればあるほど、ライバル数が少なくなり上位表示が容易になります。

ニッチなキーワードを攻めていけば、少しずつ御社サイト全体でSEO評価が高まり、メインになる【和風居酒屋 大阪】や【高級レストラン 梅田】などのキーワードでもSEOで成功します。

この作業は、更新が必要になり、あまり多く更新業務が行えない飲食店は、1年ではなく、2,3年計画を立てて行うのが良いでしょう。

信頼性や安心感の向上

グルメサイトや検索結果から訪問した見込み顧客にアピールするのは、強みや特長だけではありません。

例えば、お店の雰囲気が分かる従業員日記ブログを公開して、雰囲気を訪問者に伝えれば、一気に信頼性や安心感が向上します。

実際に、個人的な話ですが、昔に予約した居酒屋が、ホームページに掲載されていた写真や雰囲気と異なり、がっかりした経験があります。

もちろん、それ以降その居酒屋を利用しておりません。

このようなミスマッチをなくす対策は非常に大切です。

予約を行う前に、見込み顧客にしっかりと雰囲気を伝え、ユーザーが来店後にガッカリするのを回避しましょう。

もちろん、それで予約が1つ減るのはもったいないとは思います。

しかし、1度予約をされて、悪い印象を持たれると、その方の知り合いにも口コミが広がるケースもあります。

このように飲食店においては、信頼性や安心感を向上させる対策を行ったホームページ制作が必須で、しっかりと該当するコンテンツを作成すれば口コミ対策になります。

目的を定めた飲食店のホームページ制作

目的を定めた飲食店のホームページ制作

飲食店がホームページを制作するメリットとしては、上記内容にあります。

もちろん、すべてに対して対策を行う必要がなく、御社がどんなメリットを受けたいかから対策法を検討しましょう。

目的を定めていない場合は、ただ存在するだけで、予算の無駄使いになってしまいます。

飲食店で大切になるのは、目的設定です。

適切に目的を定め、そして目的を達成できるホームページ制作と運営を行って初めて、期待通りあるいは期待以上に効果を出せます。

飲食店は運営を検討してホームページを制作

飲食店は運営を検討してホームページを制作

最後に、これまでの飲食店のホームページ制作の経験から、公開するまでを頑張るだけではなく、公開後も頑張る計画を立てましょう。

現在は、ただ公開しただけでは効果を出せず、しっかりと運営やソーシャルメディア運用などを継続する必要があります。

継続するには、ホームページ制作前、あるいは中に、しっかりと公開後の計画を明確に立てれば、後は実行だけです。

そして、注意点が1つあり、計画策定時には、理想論で立てるのではなく、本当に実行が可能かどうかを考えたスケジュールを立てましょう。

飲食業に限らず、このスケジュールは、さまざまな業種の企業さまで、結構理想論だけで立ててしまう恐れがあります。

ただ、せっかく立てたスケジュールも実行されなければ、成果が向上しませんので、理想は毎日、難しい場合は最低でも週1で何かしらの対策を行いましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP